ホーム > 信頼を失くす8つの怒り方

リーダーシップ

2017/07/17(月)

信頼を失くす8つの怒り方

 

FROM 安永周平

先日、雑誌のTarzanで「怒り」に堕ちないマネジメント術…みたいな特集をやっていたので、ちょっと気になって読んでみた。すると、「やってはいけない怒り方」として、こんな例が挙げられていた。あなたが部下を持つ立場だったり、あるいは部下の立場で言われたこととしても、あるあるなネタが多いのではないだろうか…^^; 1度チェックしてみると面白いかもしれない。

間違い1.大げさに騒ぎ立てる

「えー何それ?信じられない。ヒドい!」
怒りの感情とともに頭に血が上り、言いたいことを思いついた側からぶちまける。しかし、ヒステリックに騒ぎ立てるのは当然NGな行為。多少自分の気持ちの発散にはなるかもしれないが、やられた側はドン引き間違いなしである。

間違い2.頭から否定する

「ちゃんと考えろ!頭使ってんのか!」
相手の言い分を全く聞かずに、いきなり否定から入れば、相手だって反撃したくなるもの。重要なのは自分が怒っていることを伝えることで、相手を攻撃することが目的ではない。頭に持ってくるのは否定ではなく、相手を認めるひと言だ。

間違い3.気分で怒る

「気分悪いんだよ。手間とらせんなよ!」
今日は何だか虫の居所が悪い、気分が冴えない。そんなイライラが原因で周囲に八つ当たりしてしまったら、気分屋のレッテルを貼られるだけだ。そんな怒り方をしていたら、あなたが本当に困っている時に、周囲が聞く耳を持ってくれなくなるだろう。

間違い4.人格攻撃

「もう怒った!このチキン野郎!」
「チキン野郎」と相手を挑発する場面が映画やドラマでたまにあるが、相手の人格や身体的特徴を攻撃する言葉は禁句。自分が言われたことを想像してみるといい。ケンカになるのはマシなほうで、関係がそこで終わってしまうこともある。

間違い5.皮肉を言う

「もっと骨のある人だと思ってましたよ。」
慇懃無礼に皮肉を込めたひと言を放つこと。たとえあなたが冷静だったとしても(むしろ、冷静であればあるほど)、相手は激怒するに違いない。怒りの感情は危険なものだからこそ、率直に伝えるべきもの。嫌味を足してはいけない。

間違い6.別の問題を引っ張り出す

「3年前のあの時もそうだったじゃん!」
今起こった出来事を注意していたはずが、怒りとともに過去の記憶が蘇り、「そういえばあのときだって…」と別の問題を引っ張り出す。仮にあなたが正しかったとしても、言われた側は「それは違う話でしょ!」と反撃したくなるもの。

間違い7.決めつける

「お前はいつもやることが後手後手なんだよ!」
直接相手の言い分を聴く前に、他人の報告や伝聞、自分の思い込みから決めつけてかかってはいけない。仮に過去がそうだったとしても、今回は違うかもしれない。怒りを伝えつつ、相手の言い分を聞く余裕が必要となる。

間違い8.脅す

「次やったらクビな。もう決めたから。」
相手のミスをネタにして脅す。これは怒りを伝えることを通り越して、言葉の暴力である。仮にその場で何らかの得があったとしても、周囲からの信頼がなくなってしまうのは間違いない。どんなに相手が悪くても選択しないようにしよう。

さて、いかがだろうか。僕も、しゃべり口調こそ違うけど、身に覚えのある話があったので「イタタタた…」と古傷が痛むような思いで読んでしまっていた(^^ゞ あなたが部下を持つリーダーだったり、経営者であったりするなら、1つくらいは思い当たるフシがあったのではないかと思う。

怒りは人間に必要な感情。しかし…

ちなみに、怒りの感情が湧くこと自体は自然なことで、これは何も悪いことではない。自分の地位や立場、権利が不当に侵害されそうになった時、暴力で身体に危険が及びそうになった時、怒りは湧き上がるもの。これは動物としての自然な反応だ。事実、筑波大学人間群心理学類の湯川進太郎准教授は「怒りは肉体的、精神的な侵害に対する警告反応。迫ってくる危険に対して闘争、または逃走するために必要なもので、なくてはいけない感情です。」と言っている。

ただ、怒りの感情は取扱いが難しいもの。ちょっとした間違いによって、部下や取引先との信頼関係を一気に崩壊させてしまう危険性も秘めている。そして、先述の雑誌のTarzanが男女200人にアンケートを取った結果、「上手に怒れている自信がありますか?」という質問に対して、実に87%もの人が自信がないと回答していた。カッとなって怒ってしまい、後で申しわけなくなる…という男性も多いもの。それだけ怒ること、叱ることは難しいし、日本では怒り方・叱り方を学ぶ機会が少ないのかもしれない。

「あなたらしくない」というニュアンス

そこで、1つ参考になる教えがあるので、今日はそれを紹介しようと思う。僕が尊敬する経営者の1人で、元スターバックスCEOの岩田松雄さんの研修を受けた時、部下を叱る時に気をつけているのが「自尊心を傷付けない叱り方」だと話されていた。岩田さんがよくやっていたのは「あなたらしくない」というニュアンスで話をすることだったという。

たとえば、「大きな期待をしているあなただから、きっとできたはずなのに、どうしてなのか…」といったニュアンス。また、やっかいな問題の時には「あなたでさえ」というニュアンスで叱るそうだ。「あなたでさえできなかったんだね、よほど大変な問題だったんだろうね…」という気持ちが伝わるような言い方で話を聴いていくのだと。

これには当時、なるほどな…と思った記憶がある。なぜなら、この言い方なら、先の間違いで出てきた人格口撃ではなく、相手の自尊心を尊重しているのが伝わると思ったからだ。実際、僕も「◯◯さんらしくないですね…」と言って叱った時には、ちょっと対応が難しい年上の部下の方であっても、素直に自分の非を認めて、次から改善する旨を約束してくれた。そんな経験は何度もある。

相手の自尊心を傷付けない叱り方を

対人関係のエキスパートであるレス・ギブリン氏は、人間関係の最重要ポイントとして「人は大抵の場合、自分の自尊心を満たすために行動する」ということを挙げている。つまり、僕らは、部下や後輩の「自尊心」を満たすことができて初めて、望むように動いてもらうことができるのだ(もちろん、取引先にも同じことが言える)。

「怒り」の感情に振り回され、相手の自尊心を傷つけてしまったら、相手はますます態度を硬化させて、テコでも動かなくなるだろう。あなたの目的が怒ることであるなら、そんなこと気にせずに口撃すればいいかもしれない(もちろん相手からの信頼はなくなるが…)。しかし、僕らの目的は相手に気持ちよく動いてもらうことであるはずだ。人に動いてもらいたい、言うことを聞いてもらいたいのなら、そのために必要な技術を身に付けなければいけない。

PS
ちなみに、4年前にこの技術を学んでいれば、もっと上手くやれたのに…と時々思う(^_^;)

ボブ・バーグに学ぶ人間関係の技術

 

 

 

この記事の執筆者

安永 周平 Shuhei Yasunaga

1982年生まれ。福岡県出身。九州大学工学部卒(修士)。『THE GO-GIVER』日本公式サイトの運営責任者。

 

愛知県の自動車メーカーで4年間エンジニアとして勤めた後、ダイレクト出版へ入社してセールス&マーケティングの仕事に従事。3ヶ月後、グループ会社である経営科学出版の事業を任される。年商2億ほどで赤字だった事業部を1年で黒字化。1枚のセールスレターで2万人超の新規顧客を獲得した実績もあり、マネージャーとして事業部の年商7億円突破に貢献。

 

5年目に独立し、福岡で寿コミュニケーションズ株式会社を設立。現在、建設業を含む2社の経営に携わり営業チームの強化に当たる。ボブ・バーグの日本における独占ライセンシーとなり、当サイト『THE GO-GIVER』を通じて、紹介営業に関する教育事業を展開中。福岡在住。

 

 

 

※以下の内容に同意の上ご登録下さい

当社は、「良質な情報と教育を通して、人々の生活を向上させること」を企業理念とし、インターネットにおける書籍、デジタルコンテンツ教材等の販売、セミナー運営事業を行っております。当社はこのような事業活動を行う上で、個人情報を保護、管理することが重要であると認識するとともに、これが当社の社会的責任および責務であると考えております。そこで、当社は個人情報保護マネジメントシステムを構築すると共に、以下に掲げる個人情報保護方針(以下、本保護方針と呼ぶ)を制定し、個人情報保護に努めてまいります。

 

法令、規範の順守
当社は、個人情報に関する法令、国が定める指針その他規範を順守いたします。

 

個人情報の取得・利用・提供
当社は、個人情報を取得する際にはその利用目的を明確にし、利用目的の達成に必要な範囲内で取扱います。また、目的外利用を行わないための体制を構築し、当初の範囲を超えて取扱う場合には改めて本人の同意を得るなど規程に従った対応を行います。

 

個人情報の安全対策
当社は、個人情報の漏えい、滅失又はき損の防止及び是正に関して、必要かつ適切な安全対策を実施いたします。

 

苦情および相談について
当社は、個人情報の取扱いに関する苦情及び相談については、お客様相談窓口にて受け付け、また個人情報の開示等の求めにも、適切かつ迅速に対応いたします。

 

個人情報保護マネジメントシステムの継続的改善
当社は、適切な個人情報保護に関する規程、ルール、行動規範を定め、個人情報保護に関するマネジメントシステムを運用します。また、マネジメントシステムが適切に実施できているかを定期的に確認・監査・見直しを行うことにより、継続的に改善いたします。

 

寿コミュニケーションズ株式会社 代表電話番号
TEL:092-272-1187 FAX:092-292-6773

 

2.個人情報の取扱いについて

 

当社は、お客様から個人情報をご提供頂く場合、予め個人情報の利用目的を明示し、その利用目的の範囲内で利用します。予め明示した利用目的の範囲を超えて、お客様の個人情報を利用する必要が生じた場合は、お客様にその旨をご連絡し、お客様の同意を頂いた上で利用します。当社が保有する個人情報の利用目的は下記の通りです。

 

お客様に関する個人情報

 

ご注文された方の個人情報:サービス実施と商品納品およびメールマガジン配信のため

メールマガジン申込みされた方の個人情報:メールマガジン配信のため

無料ビデオ申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

無料ウェブセミナー申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

お問い合わせされた方の個人情報:お問い合わせに対する回答のため

アフィリエイターの個人情報:アフィリエイターへの連絡や報酬支払いのため

採用応募者・就労された方に関する個人情報

当社の採用に応募された方の個人情報:当社採用業務における応募者対応のため

当社に就労された方の個人情報:人事労務関連業務における従業者対応のため

 

3.個人情報の適正な取得

 

当社では、個人情報の取得は、適法かつ公正な手段で行います。

 

4.個人情報の提供

 

当社は、次の場合を除き、お客様の個人情報を第三者に開示または提供しません。

お客様の同意がある場合

法令に基づく場合

人の生命、身体又は財産の保護のために必要であって、お客様の同意を取ることが困難な場合

利用目的の達成に必要な範囲で、個人情報の取り扱いを委託する場合

合併、会社分割、営業譲渡その他の事由によって事業の承継が行われる場合

 

当社は、上記(1)に関わらず、お客様へのサービス提供、お問い合わせ等への対応に関して、当社の関係会社や代理店より対応させて頂くことが適切と判断される場合に、お客様の住所、氏名、電話番号等を当該関係会社等へ提供することがあります。この場合、お客様は当社に対し当該関係会社等への個人情報提供の停止を請求することができます。

 

5.個人情報に関するお問い合わせ

 

お客様の個人情報の開示・訂正・削除等に関するお問い合わせは、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

6、その他の事項

 

1. アクセス情報について

当サイトでは、より良いサービスをご提供させて頂くために、アクセスログ情報を取得する場合がございます。予めご了承下さい。アクセスログの取得はお客様の個人情報を特定することを目的としたものではありません。

 

2. クッキーについて

当サイトでは、より快適にご利用して頂くために、サイトの一部でクッキー (Cookie)を使用しております。クッキー及びIPアドレス情報については、それら単独では特定の個人を識別することができないため、個人情報とは考えておりません。なお、クッキー情報については、ブラウザの設定で拒否することが可能です。

※以下の内容に同意の上ご登録下さい

当社は、「良質な情報と教育を通して、人々の生活を向上させること」を企業理念とし、インターネットにおける書籍、デジタルコンテンツ教材等の販売、セミナー運営事業を行っております。当社はこのような事業活動を行う上で、個人情報を保護、管理することが重要であると認識するとともに、これが当社の社会的責任および責務であると考えております。そこで、当社は個人情報保護マネジメントシステムを構築すると共に、以下に掲げる個人情報保護方針(以下、本保護方針と呼ぶ)を制定し、個人情報保護に努めてまいります。

 

法令、規範の順守
当社は、個人情報に関する法令、国が定める指針その他規範を順守いたします。

 

個人情報の取得・利用・提供
当社は、個人情報を取得する際にはその利用目的を明確にし、利用目的の達成に必要な範囲内で取扱います。また、目的外利用を行わないための体制を構築し、当初の範囲を超えて取扱う場合には改めて本人の同意を得るなど規程に従った対応を行います。

 

個人情報の安全対策
当社は、個人情報の漏えい、滅失又はき損の防止及び是正に関して、必要かつ適切な安全対策を実施いたします。

 

苦情および相談について
当社は、個人情報の取扱いに関する苦情及び相談については、お客様相談窓口にて受け付け、また個人情報の開示等の求めにも、適切かつ迅速に対応いたします。

 

個人情報保護マネジメントシステムの継続的改善
当社は、適切な個人情報保護に関する規程、ルール、行動規範を定め、個人情報保護に関するマネジメントシステムを運用します。また、マネジメントシステムが適切に実施できているかを定期的に確認・監査・見直しを行うことにより、継続的に改善いたします。

 

寿コミュニケーションズ株式会社 代表電話番号
TEL:092-272-1187 FAX:092-292-6773

 

2.個人情報の取扱いについて

 

当社は、お客様から個人情報をご提供頂く場合、予め個人情報の利用目的を明示し、その利用目的の範囲内で利用します。予め明示した利用目的の範囲を超えて、お客様の個人情報を利用する必要が生じた場合は、お客様にその旨をご連絡し、お客様の同意を頂いた上で利用します。当社が保有する個人情報の利用目的は下記の通りです。

 

お客様に関する個人情報

 

ご注文された方の個人情報:サービス実施と商品納品およびメールマガジン配信のため

メールマガジン申込みされた方の個人情報:メールマガジン配信のため

無料ビデオ申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

無料ウェブセミナー申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

お問い合わせされた方の個人情報:お問い合わせに対する回答のため

アフィリエイターの個人情報:アフィリエイターへの連絡や報酬支払いのため

採用応募者・就労された方に関する個人情報

当社の採用に応募された方の個人情報:当社採用業務における応募者対応のため

当社に就労された方の個人情報:人事労務関連業務における従業者対応のため

 

3.個人情報の適正な取得

 

当社では、個人情報の取得は、適法かつ公正な手段で行います。

 

4.個人情報の提供

 

当社は、次の場合を除き、お客様の個人情報を第三者に開示または提供しません。

お客様の同意がある場合

法令に基づく場合

人の生命、身体又は財産の保護のために必要であって、お客様の同意を取ることが困難な場合

利用目的の達成に必要な範囲で、個人情報の取り扱いを委託する場合

合併、会社分割、営業譲渡その他の事由によって事業の承継が行われる場合

 

当社は、上記(1)に関わらず、お客様へのサービス提供、お問い合わせ等への対応に関して、当社の関係会社や代理店より対応させて頂くことが適切と判断される場合に、お客様の住所、氏名、電話番号等を当該関係会社等へ提供することがあります。この場合、お客様は当社に対し当該関係会社等への個人情報提供の停止を請求することができます。

 

5.個人情報に関するお問い合わせ

 

お客様の個人情報の開示・訂正・削除等に関するお問い合わせは、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

6、その他の事項

 

1. アクセス情報について

当サイトでは、より良いサービスをご提供させて頂くために、アクセスログ情報を取得する場合がございます。予めご了承下さい。アクセスログの取得はお客様の個人情報を特定することを目的としたものではありません。

 

2. クッキーについて

当サイトでは、より快適にご利用して頂くために、サイトの一部でクッキー (Cookie)を使用しております。クッキー及びIPアドレス情報については、それら単独では特定の個人を識別することができないため、個人情報とは考えておりません。なお、クッキー情報については、ブラウザの設定で拒否することが可能です。

 

ログカテゴリー一覧

 

筆者一覧

ボブ・バーグ

『THE GO-GIVER』著者
人材開発会社バーグ・コミュニケーションズ代表
経営コンサルタント

 

安永 周平

『THE GO-GIVER』公式サイト運営責任者
寿コミュニケーションズ㈱ 代表取締役

 

THE GO-GIVER SNS