ホーム > クイズ:TAKERの見分け方

人間心理

2017/11/23(木)

クイズ:TAKERの見分け方

 

FROM 安永周平

先日、アダム・グラント氏の著書『GIVE & TAKE』を読んでいたのですが、その中に「TAKERの見分け方」というのが載っていて…ちょっと笑ってしまいました。というのも、TAKERの特徴を読んでいくと「あぁ、こういう人いるなぁ〜」と思うことばかりだったからです。よくもまぁ、こんな共通点を見つけて言語化したものだなと(笑)

改めて確認しておくと、私たちは自分自身がGIVER(与える人)であることを大切にしていますよね。ただ、それと同時に「いかにしてTAKER(もらう人)と付き合わないか」もまた大切なことだと思うのです。なぜなら、誰にとっても時間は有限であり、その時間を「GIVERのために使うのか」or「TAKERのために使うのか」で、あなたが与えられるものの大きさは全く違うものになりますから。

クイズ:TAKERの見分け方

ということで今日は、あなたがバリバリのTAKERに、無駄な時間とお金とエネルギーを奪われないように、書籍で学んだ「TAKERの見分け方」をクイズ形式でお届けしたいと思います。早速ですが、以下の3つのクイズの「◯◯」に入るのが何かを考えてみてください。色んな会社のCEOを分析した結果、TAKERにはいくつかの共通点があったそうです。それは…

Q1:TAKERのCEOは話をする時、やたらと「◯◯」という単語を使う

Q2:TAKERが経営する会社の年次報告書は、写真が◯◯である

Q3:TAKERはFacebookで使っているプロフィール写真が◯◯である

さて、せっかくなので、実際にちょっと考えてみてください。

(考え中)

(考え中)

(考え中)

さぁ、では解答いってみましょう。念のために断っておくと、以下の解答は、アダム・グラント氏の書籍の内容に基づくものです。彼はビジネススクール「ウォートン校」で教鞭をとり、学校史上最年少で終身教授になったという優秀な組織心理学の研究者。膨大な実証研究の蓄積に裏打ちされた骨太な論理展開ですが、それでいて読みやすく信憑性も高いので、興味があればぜひ読んでみてくださいね。

解答1:話をする時、やたらと「私は」という言葉を使う

まず、この特徴はインタビューの中に表れていました。TAKERは自分のことで頭がいっぱいなので、代名詞として「私たち」よりも「私は」を使うことが多いそうです。

コンピュータ業界では、CEOが会社について話す時、平均的には言葉の21%が「私は」という代名詞を使います。これが、バリバリのTAKERの場合だと、実に39%が「私は」という代名詞で始まるそうです。つまり、TAKERであるCEOが発する10個の言葉のうち、4個は「自分自身についてのこと」だということですね。

解答2:会社の年次報告書は、写真が「特大サイズの自分の顔」である

2つ目ですが、会社のCEOが「TAKERかどうか」を見分ける方法として最も興味深い手がかりは、会社が株主のために毎年作成する年次報告書の中にありました。というのも、戦略学のアリジット・チャタジー教授とドナルド・ハンブリック教授は、様々なコンピュータ会社の年次報告書を見ていて、CEOの写真の使われ方に大きな違いがあることに気づきました。

それは何かというと、CEOがの写真が全く載っていない年次報告書がある一方で、1ページ全てがCEOの写真に使われている年次報告書もあったということ。TAKERのCEOにとって、年次報告書はまさに「自分」のために作成されたものなのです。そこに大判の自分の写真を載せるのは自己賛美の表れで、ハッキリと「私はこの会社の中心人物だ」というメッセージを伝えているのでしょう。

とはいえ、これが本当にTAKERである証拠かどうかは分かりません。そこで、それを突き止めるため、チャタジー教授らは、情報テクノロジー分野を専門とする証券アナリストにCEOを評価してもらいました。アナリストは各CEOについて、「思い上がり」「優越感や特権意識を持っている」「常に人の関心と称賛を求めている」「注目の的になりたがる」「尊敬を強要する」「自己顕示欲が強い」「尊大である」といった項目を評価しました。すると、アナリストの評価は、CEOの写真のサイズとほぼ完全に相関関係を示していたのです(驚)。

解答3:Facebookのプロフィール写真が「ナルシスティック」である

言葉や写真など、ちょっとしたことがキッカケとなって、重大なてがかりが明らかになることもあります。そこで最後の特徴ですが、調査によれば、大抵の場合、その人の「Facebookのプロフィール写真」を見ただけでTAKERかどうかを見分けることができるというのです。

ある実験で、心理学者が複数の被験者にアンケートを記入してもらってTAKERかどうかを判定しました。その後、面識のない人達に、彼らのFacebookのページを訪れてもらい、彼らがTAKERかどうかを当ててもらいました。すると、その人たちは、彼らと全く面識がないにもかかわらず、驚くほどの正確さでTAKERかどうかを見抜いたのです。なぜ、そんなことができるのでしょうか?

実は、理由は簡単です。たとえば、TAKERはナルシスティックな、実物以上によく見える自分の写真を投稿していました。実際、彼らのFacebookのプロフィール写真は「ややきわどい」と評価されました。というのも、露出度が高く、慎み深さにも欠けていたからです。

また、投稿している情報は、押しつけがましく、自己中心的で、もったいぶっているとみなされました。使っている引用も、傲慢な印象を受けるという評価でした。そしてTAKER、Facbook友達の数がやたらと多かったのです。自分をよく見せるために、上辺だけのコネクションをせっせと作り、何か頼みごとができるように連絡を保っているのです。

SNSの写真や投稿でバレる「TAKER」

さて、いかがでしょうか?これを書いている僕自身が超焦っていますが(^_^;)、改めてTAKERにならないように気をつけたいものですね。名著『7つの習慣』によれば、人格とは行動の総計であるわけですから、TAKERに共通する行動を止めるだけでも、GIVERに一歩近づくことができるのではないでしょうか。あ…こうした引用は傲慢な印象を与えるらしいので、ほどほどにしておいたほうがいいみたいですよw

PS
会社のCEOに限らず、最近は個人事業をやっている方にもこうした傾向があるように思います。もしあなたが「SNSを使ったブランディング…」なんて言葉に踊らされているのなら、注意が必要かもしれませんよ。

あなたは「ブランディング」でこんな間違いをしていませんか?

 

 

 

この記事の執筆者

安永 周平 Shuhei Yasunaga

1982年生まれ。福岡県出身。九州大学工学部卒(修士)。『THE GO-GIVER』日本公式サイトの運営責任者。

 

トヨタ自動車で4年間、生産技術のエンジニアとして勤めた後、ダイレクト出版へ入社してセールス&マーケティングの仕事に従事。3ヶ月後、グループ会社である経営科学出版の事業を任される。年商2億ほどで赤字だった事業部を1年で黒字化。1枚のセールスレターで2万人超の新規顧客を獲得した実績もあり、マネージャーとして事業部の年商7億円突破に貢献。

 

5年目に独立し、福岡で寿コミュニケーションズ株式会社を設立。現在、建設業を含む2社の経営に携わり営業チームの強化に当たる。ボブ・バーグの日本における独占ライセンシーとなり、当サイト『THE GO-GIVER』を通じて、営業、士業、中小零細企業の社長に役立つ教育事業を展開中。福岡在住。

 

 

 

※以下の内容に同意の上ご登録下さい

当社は、「良質な情報と教育を通して、人々の生活を向上させること」を企業理念とし、インターネットにおける書籍、デジタルコンテンツ教材等の販売、セミナー運営事業を行っております。当社はこのような事業活動を行う上で、個人情報を保護、管理することが重要であると認識するとともに、これが当社の社会的責任および責務であると考えております。そこで、当社は個人情報保護マネジメントシステムを構築すると共に、以下に掲げる個人情報保護方針(以下、本保護方針と呼ぶ)を制定し、個人情報保護に努めてまいります。

 

法令、規範の順守
当社は、個人情報に関する法令、国が定める指針その他規範を順守いたします。

 

個人情報の取得・利用・提供
当社は、個人情報を取得する際にはその利用目的を明確にし、利用目的の達成に必要な範囲内で取扱います。また、目的外利用を行わないための体制を構築し、当初の範囲を超えて取扱う場合には改めて本人の同意を得るなど規程に従った対応を行います。

 

個人情報の安全対策
当社は、個人情報の漏えい、滅失又はき損の防止及び是正に関して、必要かつ適切な安全対策を実施いたします。

 

苦情および相談について
当社は、個人情報の取扱いに関する苦情及び相談については、お客様相談窓口にて受け付け、また個人情報の開示等の求めにも、適切かつ迅速に対応いたします。

 

個人情報保護マネジメントシステムの継続的改善
当社は、適切な個人情報保護に関する規程、ルール、行動規範を定め、個人情報保護に関するマネジメントシステムを運用します。また、マネジメントシステムが適切に実施できているかを定期的に確認・監査・見直しを行うことにより、継続的に改善いたします。

 

寿コミュニケーションズ株式会社 代表電話番号
TEL:092-272-1187 FAX:092-292-6773

 

2.個人情報の取扱いについて

 

当社は、お客様から個人情報をご提供頂く場合、予め個人情報の利用目的を明示し、その利用目的の範囲内で利用します。予め明示した利用目的の範囲を超えて、お客様の個人情報を利用する必要が生じた場合は、お客様にその旨をご連絡し、お客様の同意を頂いた上で利用します。当社が保有する個人情報の利用目的は下記の通りです。

 

お客様に関する個人情報

 

ご注文された方の個人情報:サービス実施と商品納品およびメールマガジン配信のため

メールマガジン申込みされた方の個人情報:メールマガジン配信のため

無料ビデオ申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

無料ウェブセミナー申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

お問い合わせされた方の個人情報:お問い合わせに対する回答のため

アフィリエイターの個人情報:アフィリエイターへの連絡や報酬支払いのため

採用応募者・就労された方に関する個人情報

当社の採用に応募された方の個人情報:当社採用業務における応募者対応のため

当社に就労された方の個人情報:人事労務関連業務における従業者対応のため

 

3.個人情報の適正な取得

 

当社では、個人情報の取得は、適法かつ公正な手段で行います。

 

4.個人情報の提供

 

当社は、次の場合を除き、お客様の個人情報を第三者に開示または提供しません。

お客様の同意がある場合

法令に基づく場合

人の生命、身体又は財産の保護のために必要であって、お客様の同意を取ることが困難な場合

利用目的の達成に必要な範囲で、個人情報の取り扱いを委託する場合

合併、会社分割、営業譲渡その他の事由によって事業の承継が行われる場合

 

当社は、上記(1)に関わらず、お客様へのサービス提供、お問い合わせ等への対応に関して、当社の関係会社や代理店より対応させて頂くことが適切と判断される場合に、お客様の住所、氏名、電話番号等を当該関係会社等へ提供することがあります。この場合、お客様は当社に対し当該関係会社等への個人情報提供の停止を請求することができます。

 

5.個人情報に関するお問い合わせ

 

お客様の個人情報の開示・訂正・削除等に関するお問い合わせは、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

6、その他の事項

 

1. アクセス情報について

当サイトでは、より良いサービスをご提供させて頂くために、アクセスログ情報を取得する場合がございます。予めご了承下さい。アクセスログの取得はお客様の個人情報を特定することを目的としたものではありません。

 

2. クッキーについて

当サイトでは、より快適にご利用して頂くために、サイトの一部でクッキー (Cookie)を使用しております。クッキー及びIPアドレス情報については、それら単独では特定の個人を識別することができないため、個人情報とは考えておりません。なお、クッキー情報については、ブラウザの設定で拒否することが可能です。

※以下の内容に同意の上ご登録下さい

当社は、「良質な情報と教育を通して、人々の生活を向上させること」を企業理念とし、インターネットにおける書籍、デジタルコンテンツ教材等の販売、セミナー運営事業を行っております。当社はこのような事業活動を行う上で、個人情報を保護、管理することが重要であると認識するとともに、これが当社の社会的責任および責務であると考えております。そこで、当社は個人情報保護マネジメントシステムを構築すると共に、以下に掲げる個人情報保護方針(以下、本保護方針と呼ぶ)を制定し、個人情報保護に努めてまいります。

 

法令、規範の順守
当社は、個人情報に関する法令、国が定める指針その他規範を順守いたします。

 

個人情報の取得・利用・提供
当社は、個人情報を取得する際にはその利用目的を明確にし、利用目的の達成に必要な範囲内で取扱います。また、目的外利用を行わないための体制を構築し、当初の範囲を超えて取扱う場合には改めて本人の同意を得るなど規程に従った対応を行います。

 

個人情報の安全対策
当社は、個人情報の漏えい、滅失又はき損の防止及び是正に関して、必要かつ適切な安全対策を実施いたします。

 

苦情および相談について
当社は、個人情報の取扱いに関する苦情及び相談については、お客様相談窓口にて受け付け、また個人情報の開示等の求めにも、適切かつ迅速に対応いたします。

 

個人情報保護マネジメントシステムの継続的改善
当社は、適切な個人情報保護に関する規程、ルール、行動規範を定め、個人情報保護に関するマネジメントシステムを運用します。また、マネジメントシステムが適切に実施できているかを定期的に確認・監査・見直しを行うことにより、継続的に改善いたします。

 

寿コミュニケーションズ株式会社 代表電話番号
TEL:092-272-1187 FAX:092-292-6773

 

2.個人情報の取扱いについて

 

当社は、お客様から個人情報をご提供頂く場合、予め個人情報の利用目的を明示し、その利用目的の範囲内で利用します。予め明示した利用目的の範囲を超えて、お客様の個人情報を利用する必要が生じた場合は、お客様にその旨をご連絡し、お客様の同意を頂いた上で利用します。当社が保有する個人情報の利用目的は下記の通りです。

 

お客様に関する個人情報

 

ご注文された方の個人情報:サービス実施と商品納品およびメールマガジン配信のため

メールマガジン申込みされた方の個人情報:メールマガジン配信のため

無料ビデオ申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

無料ウェブセミナー申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

お問い合わせされた方の個人情報:お問い合わせに対する回答のため

アフィリエイターの個人情報:アフィリエイターへの連絡や報酬支払いのため

採用応募者・就労された方に関する個人情報

当社の採用に応募された方の個人情報:当社採用業務における応募者対応のため

当社に就労された方の個人情報:人事労務関連業務における従業者対応のため

 

3.個人情報の適正な取得

 

当社では、個人情報の取得は、適法かつ公正な手段で行います。

 

4.個人情報の提供

 

当社は、次の場合を除き、お客様の個人情報を第三者に開示または提供しません。

お客様の同意がある場合

法令に基づく場合

人の生命、身体又は財産の保護のために必要であって、お客様の同意を取ることが困難な場合

利用目的の達成に必要な範囲で、個人情報の取り扱いを委託する場合

合併、会社分割、営業譲渡その他の事由によって事業の承継が行われる場合

 

当社は、上記(1)に関わらず、お客様へのサービス提供、お問い合わせ等への対応に関して、当社の関係会社や代理店より対応させて頂くことが適切と判断される場合に、お客様の住所、氏名、電話番号等を当該関係会社等へ提供することがあります。この場合、お客様は当社に対し当該関係会社等への個人情報提供の停止を請求することができます。

 

5.個人情報に関するお問い合わせ

 

お客様の個人情報の開示・訂正・削除等に関するお問い合わせは、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

6、その他の事項

 

1. アクセス情報について

当サイトでは、より良いサービスをご提供させて頂くために、アクセスログ情報を取得する場合がございます。予めご了承下さい。アクセスログの取得はお客様の個人情報を特定することを目的としたものではありません。

 

2. クッキーについて

当サイトでは、より快適にご利用して頂くために、サイトの一部でクッキー (Cookie)を使用しております。クッキー及びIPアドレス情報については、それら単独では特定の個人を識別することができないため、個人情報とは考えておりません。なお、クッキー情報については、ブラウザの設定で拒否することが可能です。

 

ログカテゴリー一覧

 

筆者一覧

ボブ・バーグ

『THE GO-GIVER』著者
人材開発会社バーグ・コミュニケーションズ代表
経営コンサルタント

 

安永 周平

『THE GO-GIVER』公式サイト運営責任者
寿コミュニケーションズ㈱ 代表取締役

 

THE GO-GIVER SNS