ホーム > 自己啓発や心理学のウソ

習慣

2018/06/21(木)

自己啓発や心理学のウソ

 

FROM 安永周平

先日、名著「アイデアのちから」を読み直していたら、面白いことが書いてありました。しかしまぁ、名著というのは読む度に自分に刺さる部分が変わるものですね。そして、前回読んだ時に大事だと思って線を引いたのに、改めて読むと全然できていなかったり。それに気付いて、ちょっと自己嫌悪に陥ったり…(汗)。まぁそんな僕の失敗談はさておき、その面白い話とやらを紹介します。

実験:成功した自分をイメージする効果は?

巷にあふれる自己啓発本や心理学の本の多くは「成功した自分をイメージしなさい」なんて勧めているものが多いと思います。「未来から逆算して考えろ」なんて話もありますよね。こうした話は、誰しも1度くらいは聞いたことがあるでしょう。ところがどっこい、多くの人は成功した自分をイメージしても、思うような成功を掴んだり自分を変えたりすることができていません。よくある話ですが、事実としてポジティブ思考だけでうまくいく人は極僅かです。

それで、この原因を裏付ける面白い実験があります。カリフォルニア大学ロサンゼル校の学生グループに生活上の悩みを尋ねました。ここでいう悩みとは、学校の勉強や人間関係など”ストレスのもと”になっているけど、解決可能な問題のことです。学生たちは「実験の目的は悩みの解決をサポートすることだ」と言われ、問題解決に関する簡単な指導を受けました。たとえばこんな指導です。

「その悩みについて考え、情報を集め、自分にできることを検討し、措置を講じることが大切です。悩みを解決すればストレスが減り、対処できた自分に満足し、その体験を通じて成長できます。」

さて、このように言われた学生は、このあと3つのグループに分けられました。

グループ①:対照グループ

まず1つ目のグループは「対照グループ」です。理系出身の方は”対照実験”という言葉に馴染み深いかと思いますが、要は別のグループで行ったプラスαの要素が効果的かどうかを検討するために、比較用として敢えて何も手を加えない実験データを取るためのものです。このグループの学生は、上記の指導を受けただけで帰宅し、1週間後に再び来るように言われました。

グループ②:事象シミュレーショングループ

次に「事象シミュレーショングループ」です。この学生たちは実験室に残されて、悩みが生まれた経緯を頭の中で再現するように言われました。たとえばこんな具合です。

「問題がどのようにして生じたかを思い起こしてください。最初に起きたことを詳細に回想し、問題の発端を思い起こすのです……起きたことを順を追って思い出してください。自分のとった行動を思い起こしてください。自分の言ったこと、したことを思い出すのです。そのときの状況、周りにいた人々、自分のいた場所も思い起こしてください。」

事象シミュレーショングループの学生は、自分の悩みにつながった出来事を順番にたどらなくてはいけませんでした。これは、プログラマーがプログラムのミスを1から系統立てて修正していくように、因果関係の連鎖を見直すことが解決法の発見に役立つという前提に基づいています。

グループ③:結果シミュレーショングループ

最後は「結果シミュレーショングループ」で、悩みが理想的な結果に終わる様子を頭の中で想像するように言われました。こんな具合です。

「問題が解決に向かい、ストレスから解放されるところを想像してください……その時の開放感を想像しましょう。問題に対処したことで得られる満足感を思い描きましょう。悩みをうまく解決できた自分に自信を抱くところを思い描いてください。」

結果のシミュレーションでは、将来の理想的な結果だけを取り上げました。悩みを乗り越えたら、どうなるかということです。

Q: 最も悩みを解消できたグループは?

②と③のグループは、シミュレーションを終えてから帰宅しました。どちらのグループも、毎日5分ずつシミュレーションを繰り返し、1週間後にまた来るように言われました。ここで、あなたに問題です。問題解決において、どのグループが1番上手くいったと思いますか?

正解は②の「事象シミュレーショングループ」、つまり問題の経緯を再現したグループだったのです。彼らはほぼ全ての面で、①と③のグループをリードしていました。要は、将来の「成功した自分」をイメージするより、過去の出来事を再現する方が遥かに役立ったのです。しかも、実験直後から大きな差が出ました。②のグループの学生は、帰宅した夜の段階で既に他のグループよりも前向きな気分になっていたのです。

1週間後、その効果は続いていたか?

そして1週間後、実験室を再訪した事象シミュレーショングループの学生は、ますます優位に立っていました。そう、三日坊主で終わることもなく、問題解決のために具体的な行動を取ったり、他人にアドバイスやサポートを求めた学生の割合が他のグループより高く、何かを学び成長したとする割合も多かったのです。実際、こうしたシミュレーションをすると感情を処理しやすくなり、恐怖症を克服するための療法としても用いられています。

頭の中でのシミュレーションは、問題解決に役立ちます。日常的なプランニングにおいても、頭の中でシミュレーションを行えば、つい見落としがちな点に気づきやすくなります。営業先を訪問する自分を想像すれば、その道中にある銀行にも立ち寄れると気づくのです。過去の失敗を頭の中で繰り返すのは、一見ネガティブなように思えますが…実は問題解決においてはとても有効なプロセスです。

だとしたら、「今日から自分は変わる!」と言って理想の未来を想像するよりも、自分の過去の行動を今一度振り返ってみることで、頭の中でモヤモヤとしている問題を片付けることができるかもしれませんよ。

PS
それに、人は「変わろう」と思うと、それだけで満足してしまうことが分かっています。
これは、現代のビジネスパーソンによくある「病気」です。

トロント大学の2人の教授らが発見した「決意」することの弊害

 

 

 

この記事の執筆者

安永 周平 Shuhei Yasunaga

1982年生まれ。福岡県出身。九州大学工学部卒(修士)。『THE GO-GIVER』日本公式サイトの運営責任者。

 

トヨタ自動車で4年間、生産技術のエンジニアとして勤めた後、ダイレクト出版へ入社してセールス&マーケティングの仕事に従事。3ヶ月後、グループ会社である経営科学出版の事業を任される。年商2億ほどで赤字だった事業部を1年で黒字化。1枚のセールスレターで2万人超の新規顧客を獲得した実績もあり、マネージャーとして事業部の年商7億円突破に貢献。

 

5年目に独立し、福岡で寿コミュニケーションズ株式会社を設立。現在、建設業を含む2社の経営に携わり営業チームの強化に当たる。ボブ・バーグの日本における独占ライセンシーとなり、当サイト『THE GO-GIVER』を通じて、営業、士業、中小零細企業の社長に役立つ教育事業を展開中。福岡在住。

 

 

 

※以下の内容に同意の上ご登録下さい

当社は、「良質な情報と教育を通して、人々の生活を向上させること」を企業理念とし、インターネットにおける書籍、デジタルコンテンツ教材等の販売、セミナー運営事業を行っております。当社はこのような事業活動を行う上で、個人情報を保護、管理することが重要であると認識するとともに、これが当社の社会的責任および責務であると考えております。そこで、当社は個人情報保護マネジメントシステムを構築すると共に、以下に掲げる個人情報保護方針(以下、本保護方針と呼ぶ)を制定し、個人情報保護に努めてまいります。

 

法令、規範の順守
当社は、個人情報に関する法令、国が定める指針その他規範を順守いたします。

 

個人情報の取得・利用・提供
当社は、個人情報を取得する際にはその利用目的を明確にし、利用目的の達成に必要な範囲内で取扱います。また、目的外利用を行わないための体制を構築し、当初の範囲を超えて取扱う場合には改めて本人の同意を得るなど規程に従った対応を行います。

 

個人情報の安全対策
当社は、個人情報の漏えい、滅失又はき損の防止及び是正に関して、必要かつ適切な安全対策を実施いたします。

 

苦情および相談について
当社は、個人情報の取扱いに関する苦情及び相談については、お客様相談窓口にて受け付け、また個人情報の開示等の求めにも、適切かつ迅速に対応いたします。

 

個人情報保護マネジメントシステムの継続的改善
当社は、適切な個人情報保護に関する規程、ルール、行動規範を定め、個人情報保護に関するマネジメントシステムを運用します。また、マネジメントシステムが適切に実施できているかを定期的に確認・監査・見直しを行うことにより、継続的に改善いたします。

 

寿コミュニケーションズ株式会社 代表電話番号
TEL:092-272-1187 FAX:092-292-6773

 

2.個人情報の取扱いについて

 

当社は、お客様から個人情報をご提供頂く場合、予め個人情報の利用目的を明示し、その利用目的の範囲内で利用します。予め明示した利用目的の範囲を超えて、お客様の個人情報を利用する必要が生じた場合は、お客様にその旨をご連絡し、お客様の同意を頂いた上で利用します。当社が保有する個人情報の利用目的は下記の通りです。

 

お客様に関する個人情報

 

ご注文された方の個人情報:サービス実施と商品納品およびメールマガジン配信のため

メールマガジン申込みされた方の個人情報:メールマガジン配信のため

無料ビデオ申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

無料ウェブセミナー申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

お問い合わせされた方の個人情報:お問い合わせに対する回答のため

アフィリエイターの個人情報:アフィリエイターへの連絡や報酬支払いのため

採用応募者・就労された方に関する個人情報

当社の採用に応募された方の個人情報:当社採用業務における応募者対応のため

当社に就労された方の個人情報:人事労務関連業務における従業者対応のため

 

3.個人情報の適正な取得

 

当社では、個人情報の取得は、適法かつ公正な手段で行います。

 

4.個人情報の提供

 

当社は、次の場合を除き、お客様の個人情報を第三者に開示または提供しません。

お客様の同意がある場合

法令に基づく場合

人の生命、身体又は財産の保護のために必要であって、お客様の同意を取ることが困難な場合

利用目的の達成に必要な範囲で、個人情報の取り扱いを委託する場合

合併、会社分割、営業譲渡その他の事由によって事業の承継が行われる場合

 

当社は、上記(1)に関わらず、お客様へのサービス提供、お問い合わせ等への対応に関して、当社の関係会社や代理店より対応させて頂くことが適切と判断される場合に、お客様の住所、氏名、電話番号等を当該関係会社等へ提供することがあります。この場合、お客様は当社に対し当該関係会社等への個人情報提供の停止を請求することができます。

 

5.個人情報に関するお問い合わせ

 

お客様の個人情報の開示・訂正・削除等に関するお問い合わせは、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

6、その他の事項

 

1. アクセス情報について

当サイトでは、より良いサービスをご提供させて頂くために、アクセスログ情報を取得する場合がございます。予めご了承下さい。アクセスログの取得はお客様の個人情報を特定することを目的としたものではありません。

 

2. クッキーについて

当サイトでは、より快適にご利用して頂くために、サイトの一部でクッキー (Cookie)を使用しております。クッキー及びIPアドレス情報については、それら単独では特定の個人を識別することができないため、個人情報とは考えておりません。なお、クッキー情報については、ブラウザの設定で拒否することが可能です。

※以下の内容に同意の上ご登録下さい

当社は、「良質な情報と教育を通して、人々の生活を向上させること」を企業理念とし、インターネットにおける書籍、デジタルコンテンツ教材等の販売、セミナー運営事業を行っております。当社はこのような事業活動を行う上で、個人情報を保護、管理することが重要であると認識するとともに、これが当社の社会的責任および責務であると考えております。そこで、当社は個人情報保護マネジメントシステムを構築すると共に、以下に掲げる個人情報保護方針(以下、本保護方針と呼ぶ)を制定し、個人情報保護に努めてまいります。

 

法令、規範の順守
当社は、個人情報に関する法令、国が定める指針その他規範を順守いたします。

 

個人情報の取得・利用・提供
当社は、個人情報を取得する際にはその利用目的を明確にし、利用目的の達成に必要な範囲内で取扱います。また、目的外利用を行わないための体制を構築し、当初の範囲を超えて取扱う場合には改めて本人の同意を得るなど規程に従った対応を行います。

 

個人情報の安全対策
当社は、個人情報の漏えい、滅失又はき損の防止及び是正に関して、必要かつ適切な安全対策を実施いたします。

 

苦情および相談について
当社は、個人情報の取扱いに関する苦情及び相談については、お客様相談窓口にて受け付け、また個人情報の開示等の求めにも、適切かつ迅速に対応いたします。

 

個人情報保護マネジメントシステムの継続的改善
当社は、適切な個人情報保護に関する規程、ルール、行動規範を定め、個人情報保護に関するマネジメントシステムを運用します。また、マネジメントシステムが適切に実施できているかを定期的に確認・監査・見直しを行うことにより、継続的に改善いたします。

 

寿コミュニケーションズ株式会社 代表電話番号
TEL:092-272-1187 FAX:092-292-6773

 

2.個人情報の取扱いについて

 

当社は、お客様から個人情報をご提供頂く場合、予め個人情報の利用目的を明示し、その利用目的の範囲内で利用します。予め明示した利用目的の範囲を超えて、お客様の個人情報を利用する必要が生じた場合は、お客様にその旨をご連絡し、お客様の同意を頂いた上で利用します。当社が保有する個人情報の利用目的は下記の通りです。

 

お客様に関する個人情報

 

ご注文された方の個人情報:サービス実施と商品納品およびメールマガジン配信のため

メールマガジン申込みされた方の個人情報:メールマガジン配信のため

無料ビデオ申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

無料ウェブセミナー申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

お問い合わせされた方の個人情報:お問い合わせに対する回答のため

アフィリエイターの個人情報:アフィリエイターへの連絡や報酬支払いのため

採用応募者・就労された方に関する個人情報

当社の採用に応募された方の個人情報:当社採用業務における応募者対応のため

当社に就労された方の個人情報:人事労務関連業務における従業者対応のため

 

3.個人情報の適正な取得

 

当社では、個人情報の取得は、適法かつ公正な手段で行います。

 

4.個人情報の提供

 

当社は、次の場合を除き、お客様の個人情報を第三者に開示または提供しません。

お客様の同意がある場合

法令に基づく場合

人の生命、身体又は財産の保護のために必要であって、お客様の同意を取ることが困難な場合

利用目的の達成に必要な範囲で、個人情報の取り扱いを委託する場合

合併、会社分割、営業譲渡その他の事由によって事業の承継が行われる場合

 

当社は、上記(1)に関わらず、お客様へのサービス提供、お問い合わせ等への対応に関して、当社の関係会社や代理店より対応させて頂くことが適切と判断される場合に、お客様の住所、氏名、電話番号等を当該関係会社等へ提供することがあります。この場合、お客様は当社に対し当該関係会社等への個人情報提供の停止を請求することができます。

 

5.個人情報に関するお問い合わせ

 

お客様の個人情報の開示・訂正・削除等に関するお問い合わせは、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

6、その他の事項

 

1. アクセス情報について

当サイトでは、より良いサービスをご提供させて頂くために、アクセスログ情報を取得する場合がございます。予めご了承下さい。アクセスログの取得はお客様の個人情報を特定することを目的としたものではありません。

 

2. クッキーについて

当サイトでは、より快適にご利用して頂くために、サイトの一部でクッキー (Cookie)を使用しております。クッキー及びIPアドレス情報については、それら単独では特定の個人を識別することができないため、個人情報とは考えておりません。なお、クッキー情報については、ブラウザの設定で拒否することが可能です。

 

ログカテゴリー一覧

 

筆者一覧

ボブ・バーグ

『THE GO-GIVER』著者
人材開発会社バーグ・コミュニケーションズ代表
経営コンサルタント

 

安永 周平

『THE GO-GIVER』公式サイト運営責任者
寿コミュニケーションズ㈱ 代表取締役

 

THE GO-GIVER SNS