ホーム > ビールを10倍美味くする方法

人間心理

2018/07/30(月)

ビールを10倍美味くする方法

 

FROM 安永周平

以前、テレビ番組でやっていた企画で、面白いな〜と思ったことがあります。あなたも1度くらいは見たことがある内容かと思うんですが、「目隠しをした状態で料理を食べて、何の料理かを当てる」というもの。結構なグルメ通と言われる人たちが、マグロを食べているのに「サーモンだ」とか「トロだ」と言ったり、エリンギを食べているのに「アワビだ!」なんて言ったり…とまぁほとんど正解者がいなかったんですよね。

魚介類大好きな僕からすれば「エリンギ食ってアワビ食ってる感覚になるなら、メチャクチャお得で幸せじゃん!」という感じなんですが(笑)、要は「味覚」って全然あてにならないという話です。事実、実験と統計によれば、僕らが五感で「美味しさ」を感じる原因として、味覚はたったの1%に過ぎないそうです(※書籍『美しい洋食器の世界』より引用)。一方で、先程のように目隠しによって奪われた「視覚」は、実は87%も占めているのだとか。

人は「見た目」で美味しさを感じる

そう、僕らは「舌で味わっている」と思っているかもしれませんが、実は9割は目で味わっているんですね。最近、目覚ましい進化を遂げている「VR」の技術なんかも、この人間の視覚優位の感覚があるから成り立つのでしょう。VRのゴーグルでサーモンを見せられていたら、もはや食べているものがマグロだろうがエリンギだろうが、本人はサーモンを食べているとしか思えないはず。

こうした現象は「クロスモダリティ効果」と呼ばれており、飲み物でも同じことが起こります。たとえば、フランスでお酒の専門家を養成する大学の学生を対象に行われた実験です。被験者はソムリエの卵ですから、ワインのテイスティング能力は訓練されています。彼らに赤ワインを飲ませれば「ブラックベリーのような香り」といった、赤ワインのテイスティングで使われる表現が多く出現します。また白ワインを飲ませれば、当然、白ワインのテイスティングで使用される表現が多く出現します。

プロでも間違う「視覚」の効果

ところが、ちょっと仕掛けをして「白ワインに赤い着色料を混ぜたもの(見た目は赤ワイン)」を彼らに飲んでもらうと…ソムリエの卵であるはずの彼らが、次々に”赤ワイン”のテイスティングで使用する表現を口にしたのです。そう、味は白ワインなのに赤ワインだと思い込むんです。トレーニングを積んだ人間でも視覚の効果には叶いません。なんといっても、視覚は味覚の87倍も強いわけですから。これを覆すのは至難の業でしょう。

こう考えると、ソムリエでもない僕らが、たとえばビールを飲んで美味いと思うのは、結局のところ「視覚」が決め手になるのではないでしょうか。例年にない猛暑だからこそ、仕事終わりに家で飲むビール、風呂上がりの一杯は格別なものにしたいところ。その際、ちょっと贅沢して”プレモル”や”エビス”を買うのもいいですが、味覚を美味くするよりも「視覚を美味くする」方が何十倍も効果が高いというわけです。

グラスや景色がビールを美味くする

それから、食卓の環境についても面白いデータがあります。食の感覚的環境を100%とした場合、料理が感覚に占める割合はわずか5%だそうです。一方で、食器やグラス等のカトラリーは25%、料理の5倍もあります。そして、残りは周りの環境…つまり一緒に飲む人や景色だと言われています。そう、食事やビールを美味しくするには、こうした「環境づくり」がとても大切なのです。

それで、もしあなたが、このように「視覚」や「環境」によって圧倒的に美味いビールを味わいたいと思うのなら…ぜひおすすめしたいグラスがあります。僕が現在、一緒に学ばせてもらっている、㈱丸モ高木陶器の社長、高木正治さんがプロデュースする『夕日の黄昏ビールグラス』です。これ、写真見てもらえば分かりますが…ビールを注ぐと、琥珀色のビールの色が背景となって、まるでドバイで夕日を眺めながら飲んでいるかのような気分になります。

まさにアラブの大富豪のような気分でビールを飲めるでしょう。食卓で「パパ、それ何?」と言ってくる子供に、「これ?王様のコップやねん」とドヤ顔で言う快感を味わうことができます(笑) 実際に飲んでいるのが発泡酒であっても問題ありません。美味しさの9割は視覚で決まり、グラスを眺めながら飲む環境があなたに幸せを運んでくれるからです。

自社で職人さんを抱える強み

実際のグラスは、高級感のあるビールグラスに、30年のキャリアを誇るベテラン絵付け師の安藤嘉宏氏が1つ1つ手描きで丁寧に絵付をして、幻想的な世界を創り出しています(※動画あります)。筆のムラや濃淡など、手描き作品ゆえの風合いを残しており、1つ1つがまさに唯一無二のグラスです。通常、卸業の場合は自分たちでガラスに絵を入れたりできません。しかし、丸モ高木陶器さんでは、自社で熟練の職人さんを抱えているからこそ、こうした魅力的なグラスをつくるチャレンジができるとのこと。

そして、プロジェクトリーダーの高木社長が、今回この魅力的なグラスを「クラウドファンディング」のリターンとして提供しています。既に「結婚式の引出物にしたい」「両親に送りたい」「発泡酒これで飲みたい」「バーにマイグラスとして持っていきたい」なんて声が上がっています。これ、1度手に入れてしまえば、毎晩のビールがこの先ずーーーっと美味くなるという、超嬉しい話です。あなたがビールが好きなら、ぜひこの機会にGETしてみてください。

数量限定「砂漠編」と「アフリカ大陸編」

デザインは「砂漠編」と「アフリカ大陸編」の2種類。そして、この2つをセットにしたペアセットが1番人気です。これも数量限定のようですが、もし「結婚式の引き出物に使いたい」という場合はコメント(or 問い合わせフォーム)から教えてください。高木社長に言えば、たぶん何とかしてくれると思いますので(笑) 参列者から「引き出物史上、最高にオシャレ!」なんて評判になること間違いなしです♪

このプロジェクト、僕も応援しています。ただ繰り返しますが、クラウドファンディングでの新たな挑戦ですし、次の生産はまだ決まっていないと思います。ですから、ビール好きの方、あるいは大切な人にオシャレなプレゼントをしたい方は、ぜひこの機会に申込んで(応援して)みてくださいね。

丸モ高木陶器さんの『夕日の黄昏ビールグラス』を応援する

PS
あ、ビール好きの友達がいれば、ぜひこのページをシェアしてもらえると嬉しいです(^^)

 

 

 

この記事の執筆者

安永 周平 Shuhei Yasunaga

1982年生まれ。福岡県出身。九州大学工学部卒(修士)。『THE GO-GIVER』日本公式サイトの運営責任者。

 

トヨタ自動車で4年間、生産技術のエンジニアとして勤めた後、ダイレクト出版へ入社してセールス&マーケティングの仕事に従事。3ヶ月後、グループ会社である経営科学出版の事業を任される。年商2億ほどで赤字だった事業部を1年で黒字化。1枚のセールスレターで2万人超の新規顧客を獲得した実績もあり、マネージャーとして事業部の年商7億円突破に貢献。

 

5年目に独立し、福岡で寿コミュニケーションズ株式会社を設立。現在、建設業を含む2社の経営に携わり営業チームの強化に当たる。ボブ・バーグの日本における独占ライセンシーとなり、当サイト『THE GO-GIVER』を通じて、営業、士業、中小零細企業の社長に役立つ教育事業を展開中。福岡在住。

 

 

 

※以下の内容に同意の上ご登録下さい

当社は、「良質な情報と教育を通して、人々の生活を向上させること」を企業理念とし、インターネットにおける書籍、デジタルコンテンツ教材等の販売、セミナー運営事業を行っております。当社はこのような事業活動を行う上で、個人情報を保護、管理することが重要であると認識するとともに、これが当社の社会的責任および責務であると考えております。そこで、当社は個人情報保護マネジメントシステムを構築すると共に、以下に掲げる個人情報保護方針(以下、本保護方針と呼ぶ)を制定し、個人情報保護に努めてまいります。

 

法令、規範の順守
当社は、個人情報に関する法令、国が定める指針その他規範を順守いたします。

 

個人情報の取得・利用・提供
当社は、個人情報を取得する際にはその利用目的を明確にし、利用目的の達成に必要な範囲内で取扱います。また、目的外利用を行わないための体制を構築し、当初の範囲を超えて取扱う場合には改めて本人の同意を得るなど規程に従った対応を行います。

 

個人情報の安全対策
当社は、個人情報の漏えい、滅失又はき損の防止及び是正に関して、必要かつ適切な安全対策を実施いたします。

 

苦情および相談について
当社は、個人情報の取扱いに関する苦情及び相談については、お客様相談窓口にて受け付け、また個人情報の開示等の求めにも、適切かつ迅速に対応いたします。

 

個人情報保護マネジメントシステムの継続的改善
当社は、適切な個人情報保護に関する規程、ルール、行動規範を定め、個人情報保護に関するマネジメントシステムを運用します。また、マネジメントシステムが適切に実施できているかを定期的に確認・監査・見直しを行うことにより、継続的に改善いたします。

 

寿コミュニケーションズ株式会社 代表電話番号
TEL:092-272-1187 FAX:092-292-6773

 

2.個人情報の取扱いについて

 

当社は、お客様から個人情報をご提供頂く場合、予め個人情報の利用目的を明示し、その利用目的の範囲内で利用します。予め明示した利用目的の範囲を超えて、お客様の個人情報を利用する必要が生じた場合は、お客様にその旨をご連絡し、お客様の同意を頂いた上で利用します。当社が保有する個人情報の利用目的は下記の通りです。

 

お客様に関する個人情報

 

ご注文された方の個人情報:サービス実施と商品納品およびメールマガジン配信のため

メールマガジン申込みされた方の個人情報:メールマガジン配信のため

無料ビデオ申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

無料ウェブセミナー申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

お問い合わせされた方の個人情報:お問い合わせに対する回答のため

アフィリエイターの個人情報:アフィリエイターへの連絡や報酬支払いのため

採用応募者・就労された方に関する個人情報

当社の採用に応募された方の個人情報:当社採用業務における応募者対応のため

当社に就労された方の個人情報:人事労務関連業務における従業者対応のため

 

3.個人情報の適正な取得

 

当社では、個人情報の取得は、適法かつ公正な手段で行います。

 

4.個人情報の提供

 

当社は、次の場合を除き、お客様の個人情報を第三者に開示または提供しません。

お客様の同意がある場合

法令に基づく場合

人の生命、身体又は財産の保護のために必要であって、お客様の同意を取ることが困難な場合

利用目的の達成に必要な範囲で、個人情報の取り扱いを委託する場合

合併、会社分割、営業譲渡その他の事由によって事業の承継が行われる場合

 

当社は、上記(1)に関わらず、お客様へのサービス提供、お問い合わせ等への対応に関して、当社の関係会社や代理店より対応させて頂くことが適切と判断される場合に、お客様の住所、氏名、電話番号等を当該関係会社等へ提供することがあります。この場合、お客様は当社に対し当該関係会社等への個人情報提供の停止を請求することができます。

 

5.個人情報に関するお問い合わせ

 

お客様の個人情報の開示・訂正・削除等に関するお問い合わせは、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

6、その他の事項

 

1. アクセス情報について

当サイトでは、より良いサービスをご提供させて頂くために、アクセスログ情報を取得する場合がございます。予めご了承下さい。アクセスログの取得はお客様の個人情報を特定することを目的としたものではありません。

 

2. クッキーについて

当サイトでは、より快適にご利用して頂くために、サイトの一部でクッキー (Cookie)を使用しております。クッキー及びIPアドレス情報については、それら単独では特定の個人を識別することができないため、個人情報とは考えておりません。なお、クッキー情報については、ブラウザの設定で拒否することが可能です。

※以下の内容に同意の上ご登録下さい

当社は、「良質な情報と教育を通して、人々の生活を向上させること」を企業理念とし、インターネットにおける書籍、デジタルコンテンツ教材等の販売、セミナー運営事業を行っております。当社はこのような事業活動を行う上で、個人情報を保護、管理することが重要であると認識するとともに、これが当社の社会的責任および責務であると考えております。そこで、当社は個人情報保護マネジメントシステムを構築すると共に、以下に掲げる個人情報保護方針(以下、本保護方針と呼ぶ)を制定し、個人情報保護に努めてまいります。

 

法令、規範の順守
当社は、個人情報に関する法令、国が定める指針その他規範を順守いたします。

 

個人情報の取得・利用・提供
当社は、個人情報を取得する際にはその利用目的を明確にし、利用目的の達成に必要な範囲内で取扱います。また、目的外利用を行わないための体制を構築し、当初の範囲を超えて取扱う場合には改めて本人の同意を得るなど規程に従った対応を行います。

 

個人情報の安全対策
当社は、個人情報の漏えい、滅失又はき損の防止及び是正に関して、必要かつ適切な安全対策を実施いたします。

 

苦情および相談について
当社は、個人情報の取扱いに関する苦情及び相談については、お客様相談窓口にて受け付け、また個人情報の開示等の求めにも、適切かつ迅速に対応いたします。

 

個人情報保護マネジメントシステムの継続的改善
当社は、適切な個人情報保護に関する規程、ルール、行動規範を定め、個人情報保護に関するマネジメントシステムを運用します。また、マネジメントシステムが適切に実施できているかを定期的に確認・監査・見直しを行うことにより、継続的に改善いたします。

 

寿コミュニケーションズ株式会社 代表電話番号
TEL:092-272-1187 FAX:092-292-6773

 

2.個人情報の取扱いについて

 

当社は、お客様から個人情報をご提供頂く場合、予め個人情報の利用目的を明示し、その利用目的の範囲内で利用します。予め明示した利用目的の範囲を超えて、お客様の個人情報を利用する必要が生じた場合は、お客様にその旨をご連絡し、お客様の同意を頂いた上で利用します。当社が保有する個人情報の利用目的は下記の通りです。

 

お客様に関する個人情報

 

ご注文された方の個人情報:サービス実施と商品納品およびメールマガジン配信のため

メールマガジン申込みされた方の個人情報:メールマガジン配信のため

無料ビデオ申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

無料ウェブセミナー申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

お問い合わせされた方の個人情報:お問い合わせに対する回答のため

アフィリエイターの個人情報:アフィリエイターへの連絡や報酬支払いのため

採用応募者・就労された方に関する個人情報

当社の採用に応募された方の個人情報:当社採用業務における応募者対応のため

当社に就労された方の個人情報:人事労務関連業務における従業者対応のため

 

3.個人情報の適正な取得

 

当社では、個人情報の取得は、適法かつ公正な手段で行います。

 

4.個人情報の提供

 

当社は、次の場合を除き、お客様の個人情報を第三者に開示または提供しません。

お客様の同意がある場合

法令に基づく場合

人の生命、身体又は財産の保護のために必要であって、お客様の同意を取ることが困難な場合

利用目的の達成に必要な範囲で、個人情報の取り扱いを委託する場合

合併、会社分割、営業譲渡その他の事由によって事業の承継が行われる場合

 

当社は、上記(1)に関わらず、お客様へのサービス提供、お問い合わせ等への対応に関して、当社の関係会社や代理店より対応させて頂くことが適切と判断される場合に、お客様の住所、氏名、電話番号等を当該関係会社等へ提供することがあります。この場合、お客様は当社に対し当該関係会社等への個人情報提供の停止を請求することができます。

 

5.個人情報に関するお問い合わせ

 

お客様の個人情報の開示・訂正・削除等に関するお問い合わせは、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

6、その他の事項

 

1. アクセス情報について

当サイトでは、より良いサービスをご提供させて頂くために、アクセスログ情報を取得する場合がございます。予めご了承下さい。アクセスログの取得はお客様の個人情報を特定することを目的としたものではありません。

 

2. クッキーについて

当サイトでは、より快適にご利用して頂くために、サイトの一部でクッキー (Cookie)を使用しております。クッキー及びIPアドレス情報については、それら単独では特定の個人を識別することができないため、個人情報とは考えておりません。なお、クッキー情報については、ブラウザの設定で拒否することが可能です。

 

ログカテゴリー一覧

 

筆者一覧

ボブ・バーグ

『THE GO-GIVER』著者
人材開発会社バーグ・コミュニケーションズ代表
経営コンサルタント

 

安永 周平

『THE GO-GIVER』公式サイト運営責任者
寿コミュニケーションズ㈱ 代表取締役

 

THE GO-GIVER SNS