ホーム > 幸せを妨げる3つの間違い

GO-GIVER

2018/09/14(金)

幸せを妨げる3つの間違い

 

FROM ボブ・バーグ

突然だが、だれかに”なぜそのような選択したのか”といったことを尋ねてみて欲しい。大抵の人はそのように質問するとこう切り出すのではないだろうか。それは…

「私はその選択こそが最も正しいものだと思った。ただそれだけだ」

といった類いだろう。あたかもその人は自分は合理的であったり論理的な思考に基づいて決断を下したかのように答えるはずだ。しかしながら、それらは真ではない。そもそも、私たちはの1つの主観に基づいて選択を行う。それは”この選択こそが最終的に自らを幸せにするはず”という信念に基づいて意思決定を行っている。これこそが、私たちの選択を決める正体でもある。

もちろん、その人々によって”幸せ”の定義は異なることだろう。しかし、究極的に人を動かすのはこの「幸せ」あるいは「幸せになりたい」という感情になる。だとすれば、私たちの行動はこれらによって動機づけられるという前提に異論はないはずだ。だが、時としてなぜ私たちは幸せになるために選択をしているのにも関わらず、幸せとは程の遠い選択をしてしまうのだろうか。

その答えは、潜在意識の機能によるものだ。この潜在意識こそが私たちの意思決定に深く関わっている。そのうえで注意しなければならないのが、潜在意識は私たちにとっての幸せ、不幸せに関係なく、特定の指令を促しがちだということだ。もしあなたがより大きな幸せを求め、自分自身の選択を軌道修正したいと思うならば、これら3つの認識を変え、積極的に潜在意識に働きかけていかなくてはならない。

あなたの幸せを妨げる3つの間違い

1、与え方を間違わないこと

誰かのために何かをすること…すなわち、与えることは私たちの人生にあらゆる深みや意味をもたらしてくれる。同時にあらゆる人々から与えられていることにも気づくことだろう。与えることそれ自体は、私たちが幸せになるための自明の真理である。だが、一方でその与え方を間違えてしまう人々もいる。それは、無理をしながら、与えてしまう場合に多い。

こうしたタイプは、いつも人のために何かをしているが、本質的には幸せになれない。なぜなら本当は与えたくないものすらも身を削りながら与えてしまうからだ。結果的にこのような与え方を続ける人は悲劇的なケースが多い。もしあなたにこのような自覚があるならば、注意することが必要になる。

2、幸せをお金や地位に結びつけるのをやめること

もし”幸せ”が売り買いできる世の中であれば、かの著名な※チャールズ・ディケンズの作品であるクリスマス・キャロルはヒットすることはなかっただろう。なぜなら、”お金よりも大切なものが人生を豊かにするのだ”というこの小説のメインテーマに誰も共感しないからだ。このことは、社会的な地位、高級車、美しい顔、6パックの腹筋…などに対しても同じことが言える。

注意しなければならないことは、お金や地位といったものは私たちが幸せになるための手段の1つであって、目的とすべきものではないということだ。仮にこれらを達成したり、所有したりしても、こうした幸せは一過性であって継続しない。そう、何億を稼いだり、何10キロ痩せたり、ランボルギーニを手に入れる…これらはまさしく麻薬のようなものであって、また別の対象を手に入れなければ、心が満たされなくなってしまう。繰り返しになるが、私たちはお金や地位だけでは幸せにはなれないことを自覚することが大切になる。

3、自分は幸せに値しないと思い込むこと

おそらく、幸せについての最も悲しい間違いは”自分は幸せに値する人間ではないのでひどい苦労や苦難を受けるべき”だという思い込みだ。この手のジレンマは、人間関係、お金、キャリア、学歴、着ている服やその容姿自体などあらゆることにも影響しその人自身を苦しめている。加えて、固く冷たいワイヤーに縛りつけられているかのようにこの認識から抜け出すことが難しい。

だからこそ、あなたには次のようなことを理解して欲しい。それは全ての人は生まれながらに幸せになる権利を与えられ、各人がその権利を行使できるということ。つまり、私たちは生まれながらに価値ある人物であり、幸せになれる存在でもある。もしこうした認識に陥っていると自覚があれば、すぐにでも自分の価値を認め、抜け出して欲しい。

さて、いかがだっただろうか。これら3つを意識すれば、少しずつかもしれないがあなたの選択は変化していくはずだ。ぜひ、すぐにでも試してみて欲しい。

-PR-
もしあなたが「本当にやりたいこと」がいつまで経っても見つからない…と悩んでいるのなら、こちらのビデオは参考になると思います…

タイプ別:仕事を楽しむための2つの方法論

※チャールズ・ディケンズは、ヴィクトリア朝時代を代表するイギリスの小説家。

 

 

 

この記事の執筆者

ボブ・バーグ Bob Burg

アメリカでは伝説的な元トップ営業マンであり、対人関係・影響力の行使に関する第一人者。「21世紀のデール・カーネギー」の異名を持つ。

 

現在は経営コンサルタント・講演家としても人気を博し、元大統領や著名な政治家からも助言を求められる。2014年には米国経営協会(AMA)からビジネス界のリーダー上位30人の1人に選出されている。

 

主なクライアントはゼネラル・エレクトリック(GE)、リッツ・カールトン、レクサス、アフラック、MDRT、全米不動産協会等。フォーチュン500社に名を連ねる大企業からも絶大な支持を受ける。

 

著書はこれまで世界21カ国語に翻訳され、累計発行部数は100万部を超えている。累計20万部の『Endless Refferals』や世界的ベストセラーとなった『THE GO GIVER』などは全米の企業で多く研修マニュアルとして使われている。フロリダ在住。

 

 

 

※以下の内容に同意の上ご登録下さい

当社は、「良質な情報と教育を通して、人々の生活を向上させること」を企業理念とし、インターネットにおける書籍、デジタルコンテンツ教材等の販売、セミナー運営事業を行っております。当社はこのような事業活動を行う上で、個人情報を保護、管理することが重要であると認識するとともに、これが当社の社会的責任および責務であると考えております。そこで、当社は個人情報保護マネジメントシステムを構築すると共に、以下に掲げる個人情報保護方針(以下、本保護方針と呼ぶ)を制定し、個人情報保護に努めてまいります。

 

法令、規範の順守
当社は、個人情報に関する法令、国が定める指針その他規範を順守いたします。

 

個人情報の取得・利用・提供
当社は、個人情報を取得する際にはその利用目的を明確にし、利用目的の達成に必要な範囲内で取扱います。また、目的外利用を行わないための体制を構築し、当初の範囲を超えて取扱う場合には改めて本人の同意を得るなど規程に従った対応を行います。

 

個人情報の安全対策
当社は、個人情報の漏えい、滅失又はき損の防止及び是正に関して、必要かつ適切な安全対策を実施いたします。

 

苦情および相談について
当社は、個人情報の取扱いに関する苦情及び相談については、お客様相談窓口にて受け付け、また個人情報の開示等の求めにも、適切かつ迅速に対応いたします。

 

個人情報保護マネジメントシステムの継続的改善
当社は、適切な個人情報保護に関する規程、ルール、行動規範を定め、個人情報保護に関するマネジメントシステムを運用します。また、マネジメントシステムが適切に実施できているかを定期的に確認・監査・見直しを行うことにより、継続的に改善いたします。

 

寿コミュニケーションズ株式会社 代表電話番号
TEL:092-272-1187 FAX:092-292-6773

 

2.個人情報の取扱いについて

 

当社は、お客様から個人情報をご提供頂く場合、予め個人情報の利用目的を明示し、その利用目的の範囲内で利用します。予め明示した利用目的の範囲を超えて、お客様の個人情報を利用する必要が生じた場合は、お客様にその旨をご連絡し、お客様の同意を頂いた上で利用します。当社が保有する個人情報の利用目的は下記の通りです。

 

お客様に関する個人情報

 

ご注文された方の個人情報:サービス実施と商品納品およびメールマガジン配信のため

メールマガジン申込みされた方の個人情報:メールマガジン配信のため

無料ビデオ申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

無料ウェブセミナー申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

お問い合わせされた方の個人情報:お問い合わせに対する回答のため

アフィリエイターの個人情報:アフィリエイターへの連絡や報酬支払いのため

採用応募者・就労された方に関する個人情報

当社の採用に応募された方の個人情報:当社採用業務における応募者対応のため

当社に就労された方の個人情報:人事労務関連業務における従業者対応のため

 

3.個人情報の適正な取得

 

当社では、個人情報の取得は、適法かつ公正な手段で行います。

 

4.個人情報の提供

 

当社は、次の場合を除き、お客様の個人情報を第三者に開示または提供しません。

お客様の同意がある場合

法令に基づく場合

人の生命、身体又は財産の保護のために必要であって、お客様の同意を取ることが困難な場合

利用目的の達成に必要な範囲で、個人情報の取り扱いを委託する場合

合併、会社分割、営業譲渡その他の事由によって事業の承継が行われる場合

 

当社は、上記(1)に関わらず、お客様へのサービス提供、お問い合わせ等への対応に関して、当社の関係会社や代理店より対応させて頂くことが適切と判断される場合に、お客様の住所、氏名、電話番号等を当該関係会社等へ提供することがあります。この場合、お客様は当社に対し当該関係会社等への個人情報提供の停止を請求することができます。

 

5.個人情報に関するお問い合わせ

 

お客様の個人情報の開示・訂正・削除等に関するお問い合わせは、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

6、その他の事項

 

1. アクセス情報について

当サイトでは、より良いサービスをご提供させて頂くために、アクセスログ情報を取得する場合がございます。予めご了承下さい。アクセスログの取得はお客様の個人情報を特定することを目的としたものではありません。

 

2. クッキーについて

当サイトでは、より快適にご利用して頂くために、サイトの一部でクッキー (Cookie)を使用しております。クッキー及びIPアドレス情報については、それら単独では特定の個人を識別することができないため、個人情報とは考えておりません。なお、クッキー情報については、ブラウザの設定で拒否することが可能です。

※以下の内容に同意の上ご登録下さい

当社は、「良質な情報と教育を通して、人々の生活を向上させること」を企業理念とし、インターネットにおける書籍、デジタルコンテンツ教材等の販売、セミナー運営事業を行っております。当社はこのような事業活動を行う上で、個人情報を保護、管理することが重要であると認識するとともに、これが当社の社会的責任および責務であると考えております。そこで、当社は個人情報保護マネジメントシステムを構築すると共に、以下に掲げる個人情報保護方針(以下、本保護方針と呼ぶ)を制定し、個人情報保護に努めてまいります。

 

法令、規範の順守
当社は、個人情報に関する法令、国が定める指針その他規範を順守いたします。

 

個人情報の取得・利用・提供
当社は、個人情報を取得する際にはその利用目的を明確にし、利用目的の達成に必要な範囲内で取扱います。また、目的外利用を行わないための体制を構築し、当初の範囲を超えて取扱う場合には改めて本人の同意を得るなど規程に従った対応を行います。

 

個人情報の安全対策
当社は、個人情報の漏えい、滅失又はき損の防止及び是正に関して、必要かつ適切な安全対策を実施いたします。

 

苦情および相談について
当社は、個人情報の取扱いに関する苦情及び相談については、お客様相談窓口にて受け付け、また個人情報の開示等の求めにも、適切かつ迅速に対応いたします。

 

個人情報保護マネジメントシステムの継続的改善
当社は、適切な個人情報保護に関する規程、ルール、行動規範を定め、個人情報保護に関するマネジメントシステムを運用します。また、マネジメントシステムが適切に実施できているかを定期的に確認・監査・見直しを行うことにより、継続的に改善いたします。

 

寿コミュニケーションズ株式会社 代表電話番号
TEL:092-272-1187 FAX:092-292-6773

 

2.個人情報の取扱いについて

 

当社は、お客様から個人情報をご提供頂く場合、予め個人情報の利用目的を明示し、その利用目的の範囲内で利用します。予め明示した利用目的の範囲を超えて、お客様の個人情報を利用する必要が生じた場合は、お客様にその旨をご連絡し、お客様の同意を頂いた上で利用します。当社が保有する個人情報の利用目的は下記の通りです。

 

お客様に関する個人情報

 

ご注文された方の個人情報:サービス実施と商品納品およびメールマガジン配信のため

メールマガジン申込みされた方の個人情報:メールマガジン配信のため

無料ビデオ申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

無料ウェブセミナー申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

お問い合わせされた方の個人情報:お問い合わせに対する回答のため

アフィリエイターの個人情報:アフィリエイターへの連絡や報酬支払いのため

採用応募者・就労された方に関する個人情報

当社の採用に応募された方の個人情報:当社採用業務における応募者対応のため

当社に就労された方の個人情報:人事労務関連業務における従業者対応のため

 

3.個人情報の適正な取得

 

当社では、個人情報の取得は、適法かつ公正な手段で行います。

 

4.個人情報の提供

 

当社は、次の場合を除き、お客様の個人情報を第三者に開示または提供しません。

お客様の同意がある場合

法令に基づく場合

人の生命、身体又は財産の保護のために必要であって、お客様の同意を取ることが困難な場合

利用目的の達成に必要な範囲で、個人情報の取り扱いを委託する場合

合併、会社分割、営業譲渡その他の事由によって事業の承継が行われる場合

 

当社は、上記(1)に関わらず、お客様へのサービス提供、お問い合わせ等への対応に関して、当社の関係会社や代理店より対応させて頂くことが適切と判断される場合に、お客様の住所、氏名、電話番号等を当該関係会社等へ提供することがあります。この場合、お客様は当社に対し当該関係会社等への個人情報提供の停止を請求することができます。

 

5.個人情報に関するお問い合わせ

 

お客様の個人情報の開示・訂正・削除等に関するお問い合わせは、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

6、その他の事項

 

1. アクセス情報について

当サイトでは、より良いサービスをご提供させて頂くために、アクセスログ情報を取得する場合がございます。予めご了承下さい。アクセスログの取得はお客様の個人情報を特定することを目的としたものではありません。

 

2. クッキーについて

当サイトでは、より快適にご利用して頂くために、サイトの一部でクッキー (Cookie)を使用しております。クッキー及びIPアドレス情報については、それら単独では特定の個人を識別することができないため、個人情報とは考えておりません。なお、クッキー情報については、ブラウザの設定で拒否することが可能です。

 

ログカテゴリー一覧

 

筆者一覧

ボブ・バーグ

『THE GO-GIVER』著者
人材開発会社バーグ・コミュニケーションズ代表
経営コンサルタント

 

安永 周平

『THE GO-GIVER』公式サイト運営責任者
寿コミュニケーションズ㈱ 代表取締役

 

THE GO-GIVER SNS