ホーム > 相手がTAKERだったら?

GO-GIVER

2018/10/03(水)

相手がTAKERだったら?

 

FROM ボブ・バーグ

私が講演した際、よく聞かれる質問の1つに次のようなものがある。それは…

「ボブ、すべての人があなたのような人であれば、取引や関係を継続していくことはとても素晴らしいものとなることでしょう。しかしながら、相手がGIVERではなくただ自分の利益しか考えない人々である場合どうすれば良いのでしょうか?」

相手がTAKERだったらどう対応すべき?

というものだ。言い換えれば、相手を利用し、奪うことしか考えていなかったり、まるで敬意や配慮がないような人々にどう対応すべきなのかといったものだ。厳しく言うなれば、信用できない相手とはどのように付き合うべきかとも言えるだろう。

この質問の前提として注意して欲しいのは、”GIVER”と呼ばれる人々はで誰に対しても優しく、寛容であるべきでTAKERから利用されるのも仕方がないといった前提だ。残念ながら誤った前提であり、本来あるべきGIVERはこれとは違うものだ。

本来あるべきGIVERとは?

私とジョン・デイビッド・マンが考えるGO-GIVERとは、「Get」から「Give」に意識を変えた人々を指している。ここで言う「Give」とは、常に他人に価値を与え続けるという意味である。付け加えるならば、GIVERとして成功するための5つの法則に従い、”与えること”が人生における「生き方」の側面でも、ビジネスの側面といった両方で有益なものであることを理解している人々でもある。

そう、誰に対しても価値を与えようと生きることと、誰かに利用されるの許可することは同じではないのだ。では、冒頭の質問のように相手がそういった考えの持ち主でないならばどうすればよいだろうか。

率直な助言としては、そのような人々や会社とは取引をするべきではないということになるだろう。それは理屈のうえでは問題はない。実際、取引する相手を選べる状態であればそうすればいい。しかし、ほとんどの人にとってさまざまな状況や事情から、そういう状況でも取引をしなければならないのが実情だ。(相手が違法行為をしていたり、明らかにあなたを利用したりいるなら取引をしてはいけないが、ここではそういう場合を除く)

相手がTAKERだった場合にするべき3つの対応

こうした困難は見方を変えればあなたの人間的な成長を助ける優れた機会であると捉えることができる。この世界には多くのGIVERがいるものの、そうでない人々もまた多い。私たちは私たちであり、彼らは彼らなのだ。逆に、彼らの自己中心的なあり方から反面教師として学ぶことも多いだろう。

さて、好ましくない相手と接する時には、次の3つの提案を参考にして欲しい。

1、あなたの品位を保つこと。

常に丁寧さと正直さを心がけ、良識を持って行動しよう。スティーブン・コヴィーが名著「7つの習慣」の中で「お互いがWIN-WINであることを目指すべきでありそれが難しいと判断されれば取引をすべきでない」と言っている。まさしくその通りだ。相手が一人が勝つのではなく、あなたも勝てるように…言い換えれば、自分にも相応の利益がなければ、そもそも取引すべきでない。

2、自分に害がおよぶおそれがあることを拒否する。

相手の提案があなたにとって最善の利益でないならば、気配りをしながら、丁寧に断ろう。怒りを爆発させずに親切な心で気配りをして敬意を払うといった…対人関係の技術を発揮し冷静に対処すべきだ。

3、用心を怠らない。

いかなる理由であれ、相手が信用できないと感じたら、信用してはいけない。大抵の場合、その理由を伝える必要はないが、気配りをしながらそれを伝えなければならない状況もある。それはあなたが判断すべきことだ。そう、気配りしながら不信感を伝えることもできる。

人生は不条理に満ちているからこそ…

また、理不尽な要求されたら、対立関係に陥らないように「それはちょっと困るのですが」と正直に言うことも重要だ。たとえば、「いっしょに仕事をするのはとても楽しいのですが、双方にとって利益になる関係になっていないような気がします」と率直に言うのも重要だ。あなたが穏やかな言い方に努めれば、相手は怒らずに状況を理解してくれることを手伝ってくれる。

人生は不条理に満ちている。だからこそ、私たちはあらゆるタイプの人に対処する方法を知る必要がある。あなたがGIVERの意味することを本当に理解し、その価値観おいてビジネスもプラベートも生きようとするならば、こうした対人関係もまたあなたを成功の高みに押し上げてくれることだろう。

-PR-
GO-GIVER として生きるゲストを迎えて毎月お届けする『月刊GO-GIVERS』をお試しできるキャンペーンは今日まで

『月刊GO-GIVERS』10月号リリースキャンペーン

 

 

 

この記事の執筆者

ボブ・バーグ Bob Burg

アメリカでは伝説的な元トップ営業マンであり、対人関係・影響力の行使に関する第一人者。「21世紀のデール・カーネギー」の異名を持つ。

 

現在は経営コンサルタント・講演家としても人気を博し、元大統領や著名な政治家からも助言を求められる。2014年には米国経営協会(AMA)からビジネス界のリーダー上位30人の1人に選出されている。

 

主なクライアントはゼネラル・エレクトリック(GE)、リッツ・カールトン、レクサス、アフラック、MDRT、全米不動産協会等。フォーチュン500社に名を連ねる大企業からも絶大な支持を受ける。

 

著書はこれまで世界21カ国語に翻訳され、累計発行部数は100万部を超えている。累計20万部の『Endless Refferals』や世界的ベストセラーとなった『THE GO GIVER』などは全米の企業で多く研修マニュアルとして使われている。フロリダ在住。

 

 

 

※以下の内容に同意の上ご登録下さい

当社は、「良質な情報と教育を通して、人々の生活を向上させること」を企業理念とし、インターネットにおける書籍、デジタルコンテンツ教材等の販売、セミナー運営事業を行っております。当社はこのような事業活動を行う上で、個人情報を保護、管理することが重要であると認識するとともに、これが当社の社会的責任および責務であると考えております。そこで、当社は個人情報保護マネジメントシステムを構築すると共に、以下に掲げる個人情報保護方針(以下、本保護方針と呼ぶ)を制定し、個人情報保護に努めてまいります。

 

法令、規範の順守
当社は、個人情報に関する法令、国が定める指針その他規範を順守いたします。

 

個人情報の取得・利用・提供
当社は、個人情報を取得する際にはその利用目的を明確にし、利用目的の達成に必要な範囲内で取扱います。また、目的外利用を行わないための体制を構築し、当初の範囲を超えて取扱う場合には改めて本人の同意を得るなど規程に従った対応を行います。

 

個人情報の安全対策
当社は、個人情報の漏えい、滅失又はき損の防止及び是正に関して、必要かつ適切な安全対策を実施いたします。

 

苦情および相談について
当社は、個人情報の取扱いに関する苦情及び相談については、お客様相談窓口にて受け付け、また個人情報の開示等の求めにも、適切かつ迅速に対応いたします。

 

個人情報保護マネジメントシステムの継続的改善
当社は、適切な個人情報保護に関する規程、ルール、行動規範を定め、個人情報保護に関するマネジメントシステムを運用します。また、マネジメントシステムが適切に実施できているかを定期的に確認・監査・見直しを行うことにより、継続的に改善いたします。

 

寿コミュニケーションズ株式会社 代表電話番号
TEL:092-272-1187 FAX:092-292-6773

 

2.個人情報の取扱いについて

 

当社は、お客様から個人情報をご提供頂く場合、予め個人情報の利用目的を明示し、その利用目的の範囲内で利用します。予め明示した利用目的の範囲を超えて、お客様の個人情報を利用する必要が生じた場合は、お客様にその旨をご連絡し、お客様の同意を頂いた上で利用します。当社が保有する個人情報の利用目的は下記の通りです。

 

お客様に関する個人情報

 

ご注文された方の個人情報:サービス実施と商品納品およびメールマガジン配信のため

メールマガジン申込みされた方の個人情報:メールマガジン配信のため

無料ビデオ申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

無料ウェブセミナー申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

お問い合わせされた方の個人情報:お問い合わせに対する回答のため

アフィリエイターの個人情報:アフィリエイターへの連絡や報酬支払いのため

採用応募者・就労された方に関する個人情報

当社の採用に応募された方の個人情報:当社採用業務における応募者対応のため

当社に就労された方の個人情報:人事労務関連業務における従業者対応のため

 

3.個人情報の適正な取得

 

当社では、個人情報の取得は、適法かつ公正な手段で行います。

 

4.個人情報の提供

 

当社は、次の場合を除き、お客様の個人情報を第三者に開示または提供しません。

お客様の同意がある場合

法令に基づく場合

人の生命、身体又は財産の保護のために必要であって、お客様の同意を取ることが困難な場合

利用目的の達成に必要な範囲で、個人情報の取り扱いを委託する場合

合併、会社分割、営業譲渡その他の事由によって事業の承継が行われる場合

 

当社は、上記(1)に関わらず、お客様へのサービス提供、お問い合わせ等への対応に関して、当社の関係会社や代理店より対応させて頂くことが適切と判断される場合に、お客様の住所、氏名、電話番号等を当該関係会社等へ提供することがあります。この場合、お客様は当社に対し当該関係会社等への個人情報提供の停止を請求することができます。

 

5.個人情報に関するお問い合わせ

 

お客様の個人情報の開示・訂正・削除等に関するお問い合わせは、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

6、その他の事項

 

1. アクセス情報について

当サイトでは、より良いサービスをご提供させて頂くために、アクセスログ情報を取得する場合がございます。予めご了承下さい。アクセスログの取得はお客様の個人情報を特定することを目的としたものではありません。

 

2. クッキーについて

当サイトでは、より快適にご利用して頂くために、サイトの一部でクッキー (Cookie)を使用しております。クッキー及びIPアドレス情報については、それら単独では特定の個人を識別することができないため、個人情報とは考えておりません。なお、クッキー情報については、ブラウザの設定で拒否することが可能です。

※以下の内容に同意の上ご登録下さい

当社は、「良質な情報と教育を通して、人々の生活を向上させること」を企業理念とし、インターネットにおける書籍、デジタルコンテンツ教材等の販売、セミナー運営事業を行っております。当社はこのような事業活動を行う上で、個人情報を保護、管理することが重要であると認識するとともに、これが当社の社会的責任および責務であると考えております。そこで、当社は個人情報保護マネジメントシステムを構築すると共に、以下に掲げる個人情報保護方針(以下、本保護方針と呼ぶ)を制定し、個人情報保護に努めてまいります。

 

法令、規範の順守
当社は、個人情報に関する法令、国が定める指針その他規範を順守いたします。

 

個人情報の取得・利用・提供
当社は、個人情報を取得する際にはその利用目的を明確にし、利用目的の達成に必要な範囲内で取扱います。また、目的外利用を行わないための体制を構築し、当初の範囲を超えて取扱う場合には改めて本人の同意を得るなど規程に従った対応を行います。

 

個人情報の安全対策
当社は、個人情報の漏えい、滅失又はき損の防止及び是正に関して、必要かつ適切な安全対策を実施いたします。

 

苦情および相談について
当社は、個人情報の取扱いに関する苦情及び相談については、お客様相談窓口にて受け付け、また個人情報の開示等の求めにも、適切かつ迅速に対応いたします。

 

個人情報保護マネジメントシステムの継続的改善
当社は、適切な個人情報保護に関する規程、ルール、行動規範を定め、個人情報保護に関するマネジメントシステムを運用します。また、マネジメントシステムが適切に実施できているかを定期的に確認・監査・見直しを行うことにより、継続的に改善いたします。

 

寿コミュニケーションズ株式会社 代表電話番号
TEL:092-272-1187 FAX:092-292-6773

 

2.個人情報の取扱いについて

 

当社は、お客様から個人情報をご提供頂く場合、予め個人情報の利用目的を明示し、その利用目的の範囲内で利用します。予め明示した利用目的の範囲を超えて、お客様の個人情報を利用する必要が生じた場合は、お客様にその旨をご連絡し、お客様の同意を頂いた上で利用します。当社が保有する個人情報の利用目的は下記の通りです。

 

お客様に関する個人情報

 

ご注文された方の個人情報:サービス実施と商品納品およびメールマガジン配信のため

メールマガジン申込みされた方の個人情報:メールマガジン配信のため

無料ビデオ申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

無料ウェブセミナー申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

お問い合わせされた方の個人情報:お問い合わせに対する回答のため

アフィリエイターの個人情報:アフィリエイターへの連絡や報酬支払いのため

採用応募者・就労された方に関する個人情報

当社の採用に応募された方の個人情報:当社採用業務における応募者対応のため

当社に就労された方の個人情報:人事労務関連業務における従業者対応のため

 

3.個人情報の適正な取得

 

当社では、個人情報の取得は、適法かつ公正な手段で行います。

 

4.個人情報の提供

 

当社は、次の場合を除き、お客様の個人情報を第三者に開示または提供しません。

お客様の同意がある場合

法令に基づく場合

人の生命、身体又は財産の保護のために必要であって、お客様の同意を取ることが困難な場合

利用目的の達成に必要な範囲で、個人情報の取り扱いを委託する場合

合併、会社分割、営業譲渡その他の事由によって事業の承継が行われる場合

 

当社は、上記(1)に関わらず、お客様へのサービス提供、お問い合わせ等への対応に関して、当社の関係会社や代理店より対応させて頂くことが適切と判断される場合に、お客様の住所、氏名、電話番号等を当該関係会社等へ提供することがあります。この場合、お客様は当社に対し当該関係会社等への個人情報提供の停止を請求することができます。

 

5.個人情報に関するお問い合わせ

 

お客様の個人情報の開示・訂正・削除等に関するお問い合わせは、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

6、その他の事項

 

1. アクセス情報について

当サイトでは、より良いサービスをご提供させて頂くために、アクセスログ情報を取得する場合がございます。予めご了承下さい。アクセスログの取得はお客様の個人情報を特定することを目的としたものではありません。

 

2. クッキーについて

当サイトでは、より快適にご利用して頂くために、サイトの一部でクッキー (Cookie)を使用しております。クッキー及びIPアドレス情報については、それら単独では特定の個人を識別することができないため、個人情報とは考えておりません。なお、クッキー情報については、ブラウザの設定で拒否することが可能です。

 

ログカテゴリー一覧

 

筆者一覧

ボブ・バーグ

『THE GO-GIVER』著者
人材開発会社バーグ・コミュニケーションズ代表
経営コンサルタント

 

安永 周平

『THE GO-GIVER』公式サイト運営責任者
寿コミュニケーションズ㈱ 代表取締役

 

THE GO-GIVER SNS