ホーム > 明石市長の辞任とリーダーシップ

リーダーシップ

2019/02/04(月)

明石市長の辞任とリーダーシップ

 

FROM 安永周平

兵庫県明石市の泉房穂市長が、部下への暴言の責任を取って辞任したことがニュースになっていますね。「火つけてこい!」とか「ぶち壊してこい」とか…たしかにこうした暴言は、市長の立場にある人として許されることではないのでしょう。ネットで大炎上するリスクが非常に高いわけですし、今回のケースも同じですね。

一方で、新聞やテレビなどのマスコミが報じていない内容が、SNSやネットニュース等で話題になっています。その全文を読むと、確かに口は悪いのかもしれませんが、本気で市民のことを考えている市長のように思えます。「火つけてこい!」というのも、文脈の中で言った比喩のようですし、そこだけを切り取ったマスコミのあの報道はないんじゃないか…と。

とはいえ、暴言はダメです…

もし本当に善意の人であれば、このようなことで失脚してしまうのは、残念に思えます。ただ、だからといって暴言が許される理由にはならないのが現実。ですから、政治家はもちろんリーダーの立場にある人は、自分が発する言葉には気をつけなければいけませんね。「どういう言葉を使うか」「どんな言い方をするか」というのは、何を言うかよりもずっと大きく影響することが多いものです。

少し話は逸れますが、夫婦やカップルのケンカなんて、会話の内容が原因でケンカになることってあまりありません。それよりも「言い方」です。怒る時のセリフなんてだいたいだいたい「そんな言い方はないだろう!」みたいな感じじゃないですか(笑) 家族など、関係が近ければ近いほどコミュニケーションって難しいんですが…こと仕事やビジネスにおいては、言い方を気をつけるだけで防げる問題もあるものです。

部下が進んで成果を上げるためには?

では、部下や同僚と接する際には、具体的にどのようなことに気をつければいいのでしょうか? リーダーたるもの、自分がプレーヤーとして成果を上げるのではなく、チームのメンバーのパフォーマンスを上げて成果を上げることが求められます。だとしたら、メンバーと適切な形で対話し、モチベーションやパフォーマンスを上げるというのも重要な仕事の1つでしょう。

米国経営協会(AMA)が、世界で最も読まれているビジネス系のブログの1つとして挙げている『Leadership Freak』というサイトがあります。この創始者であるダン・ロックウェル氏は、リーダーシップやマネジメントの専門家として名高い人物ですが、実は今月号の『月刊GO-GIVERS』で、彼にゲストとして出演してもらっています。

その対談を収録した音声講座『部下のミスを減らす7つの方法』の中で、彼は部下と日常的に対話ができる”環境づくり”が大切だと言っています。まぁ口で言うのは簡単ですが、リーダーを経験したことがある人なら、この環境づくりというのが地味に難しいことを分かっているでしょう。だからこそ、ポイントを押さえておくことには価値があります。そこで今日は、実際に講座の中でダン氏が語っているポイントをいくつか紹介させていただきますね。

フィードバックで尋ねたい3つのポイント

まず1つは、「プロセスに注目する」ということです。そう、結果ではなくプロセスです。たとえば「今、特に上手くいっているのはどの部分か?」と聞いてみるのです。あるいは逆に、問題は何かを把握するために「何度も同じ問題が発生しているところはないか?」と聞くのもいいでしょう。結果だけを見ていても、パフォーマンスUPにはつながりません。プロセスにおける問題や、好調の理由に注目しましょう。

そのうえで、2つ目は「結果について尋ねる」ことです。ダン氏は、チームのメンバーや組織の自慢話を聴くのが好きだそうです。たとえば「最近どう?何かアツい話はある?」なんてフランクに話しかけるそうです。もちろん、いい話の時もありますが、悪い話の時もあるでしょう。しかし、「バッド・ニュース・ファースト」という言葉もあるように、悪い話も引き出せるのであれば一石二鳥です。その後は「どうすればいいと思うか?」と改善に向けた話をするのがポイントです。

さて、3つ目は「意思決定の分析をする」ということです。リーダーの多くは、結果を重視する傾向にあります(恥ずかしながら僕もそうです…)。そして、結果を重視するあまり、その結果をもたらした”意思決定”については分析したり反省したりしないことが多いもの。しかし、結果をもたらした原因について考える機会を持つのはとても大切なことです。

残念な結果に終わったのなら、「もしやり直せるとしたらどういった意思決定・判断をすればよいか?」について、部下と一緒に考えるのです。あるいは、「どんな意思決定をしたから、今回のような素晴らしい結果になったのか?」と尋ねてもいいですね。一連の仕事の中で、どれが部下のファインプレーだったのか…と。もっと言えば「どのタイミングでその判断をしたのがよかったか?」を尋ねるといいですね。

「何を言うか」+「どう言うか」

さて、ここまでの3つは、どちらかと言うと「何を言うか?(What)」についてでした。ポイントは全部で7つあって、残りの4つは「どう言うか?(How)」の要素が強いものです。つまりは、どのようにコミュニケーションを取っていくのか、どんな関係性を築いた上で話をするのか…といったことです。

それこそ4つ目は「関係性に注目すること」なのですが、これがまさに部下・メンバーのモチベーションに大きく影響します。チームのパフォーマンスを大きく上げる質問を交えながら、対話をしていく方法についてですが…長くなりますので、残りの4つについてはぜひ実際の講座を聴いてみてください。現在、2月号のリリースキャンペーンにつき全て無料で聴くことができますから。

『月刊GO-GIVERS』2月号:無料で聴くにはコチラ

PS
ダン・ロックウェル氏の講座は2月号の4本目です。他にも『顧客を動かす脳科学の秘密』などセールスに役立つ内容も見逃せません。残りの3本もぜひこの機会にチェックしてみてくださいね。

 

 

 

この記事の執筆者

安永 周平 Shuhei Yasunaga

1982年生まれ。福岡県出身。九州大学工学部卒(修士)。『THE GO-GIVER』日本公式サイトの運営責任者。

 

トヨタ自動車で4年間、生産技術のエンジニアとして勤めた後、ダイレクト出版へ入社してセールス&マーケティングの仕事に従事。3ヶ月後、グループ会社である経営科学出版の事業を任される。年商2億ほどで赤字だった事業部を1年で黒字化。1枚のセールスレターで2万人超の新規顧客を獲得した実績もあり、マネージャーとして事業部の年商7億円突破に貢献。

 

5年目に独立し、福岡で寿コミュニケーションズ株式会社を設立。現在、建設業を含む2社の経営に携わり営業チームの強化に当たる。ボブ・バーグの日本における独占ライセンシーとなり、当サイト『THE GO-GIVER』を通じて、営業、士業、中小零細企業の社長に役立つ教育事業を展開中。福岡在住。

 

 

 

※以下の内容に同意の上ご登録下さい

当社は、「良質な情報と教育を通して、人々の生活を向上させること」を企業理念とし、インターネットにおける書籍、デジタルコンテンツ教材等の販売、セミナー運営事業を行っております。当社はこのような事業活動を行う上で、個人情報を保護、管理することが重要であると認識するとともに、これが当社の社会的責任および責務であると考えております。そこで、当社は個人情報保護マネジメントシステムを構築すると共に、以下に掲げる個人情報保護方針(以下、本保護方針と呼ぶ)を制定し、個人情報保護に努めてまいります。

 

法令、規範の順守
当社は、個人情報に関する法令、国が定める指針その他規範を順守いたします。

 

個人情報の取得・利用・提供
当社は、個人情報を取得する際にはその利用目的を明確にし、利用目的の達成に必要な範囲内で取扱います。また、目的外利用を行わないための体制を構築し、当初の範囲を超えて取扱う場合には改めて本人の同意を得るなど規程に従った対応を行います。

 

個人情報の安全対策
当社は、個人情報の漏えい、滅失又はき損の防止及び是正に関して、必要かつ適切な安全対策を実施いたします。

 

苦情および相談について
当社は、個人情報の取扱いに関する苦情及び相談については、お客様相談窓口にて受け付け、また個人情報の開示等の求めにも、適切かつ迅速に対応いたします。

 

個人情報保護マネジメントシステムの継続的改善
当社は、適切な個人情報保護に関する規程、ルール、行動規範を定め、個人情報保護に関するマネジメントシステムを運用します。また、マネジメントシステムが適切に実施できているかを定期的に確認・監査・見直しを行うことにより、継続的に改善いたします。

 

寿コミュニケーションズ株式会社 代表電話番号
TEL:092-272-1187 FAX:092-292-6773

 

2.個人情報の取扱いについて

 

当社は、お客様から個人情報をご提供頂く場合、予め個人情報の利用目的を明示し、その利用目的の範囲内で利用します。予め明示した利用目的の範囲を超えて、お客様の個人情報を利用する必要が生じた場合は、お客様にその旨をご連絡し、お客様の同意を頂いた上で利用します。当社が保有する個人情報の利用目的は下記の通りです。

 

お客様に関する個人情報

 

ご注文された方の個人情報:サービス実施と商品納品およびメールマガジン配信のため

メールマガジン申込みされた方の個人情報:メールマガジン配信のため

無料ビデオ申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

無料ウェブセミナー申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

お問い合わせされた方の個人情報:お問い合わせに対する回答のため

アフィリエイターの個人情報:アフィリエイターへの連絡や報酬支払いのため

採用応募者・就労された方に関する個人情報

当社の採用に応募された方の個人情報:当社採用業務における応募者対応のため

当社に就労された方の個人情報:人事労務関連業務における従業者対応のため

 

3.個人情報の適正な取得

 

当社では、個人情報の取得は、適法かつ公正な手段で行います。

 

4.個人情報の提供

 

当社は、次の場合を除き、お客様の個人情報を第三者に開示または提供しません。

お客様の同意がある場合

法令に基づく場合

人の生命、身体又は財産の保護のために必要であって、お客様の同意を取ることが困難な場合

利用目的の達成に必要な範囲で、個人情報の取り扱いを委託する場合

合併、会社分割、営業譲渡その他の事由によって事業の承継が行われる場合

 

当社は、上記(1)に関わらず、お客様へのサービス提供、お問い合わせ等への対応に関して、当社の関係会社や代理店より対応させて頂くことが適切と判断される場合に、お客様の住所、氏名、電話番号等を当該関係会社等へ提供することがあります。この場合、お客様は当社に対し当該関係会社等への個人情報提供の停止を請求することができます。

 

5.個人情報に関するお問い合わせ

 

お客様の個人情報の開示・訂正・削除等に関するお問い合わせは、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

6、その他の事項

 

1. アクセス情報について

当サイトでは、より良いサービスをご提供させて頂くために、アクセスログ情報を取得する場合がございます。予めご了承下さい。アクセスログの取得はお客様の個人情報を特定することを目的としたものではありません。

 

2. クッキーについて

当サイトでは、より快適にご利用して頂くために、サイトの一部でクッキー (Cookie)を使用しております。クッキー及びIPアドレス情報については、それら単独では特定の個人を識別することができないため、個人情報とは考えておりません。なお、クッキー情報については、ブラウザの設定で拒否することが可能です。

※以下の内容に同意の上ご登録下さい

当社は、「良質な情報と教育を通して、人々の生活を向上させること」を企業理念とし、インターネットにおける書籍、デジタルコンテンツ教材等の販売、セミナー運営事業を行っております。当社はこのような事業活動を行う上で、個人情報を保護、管理することが重要であると認識するとともに、これが当社の社会的責任および責務であると考えております。そこで、当社は個人情報保護マネジメントシステムを構築すると共に、以下に掲げる個人情報保護方針(以下、本保護方針と呼ぶ)を制定し、個人情報保護に努めてまいります。

 

法令、規範の順守
当社は、個人情報に関する法令、国が定める指針その他規範を順守いたします。

 

個人情報の取得・利用・提供
当社は、個人情報を取得する際にはその利用目的を明確にし、利用目的の達成に必要な範囲内で取扱います。また、目的外利用を行わないための体制を構築し、当初の範囲を超えて取扱う場合には改めて本人の同意を得るなど規程に従った対応を行います。

 

個人情報の安全対策
当社は、個人情報の漏えい、滅失又はき損の防止及び是正に関して、必要かつ適切な安全対策を実施いたします。

 

苦情および相談について
当社は、個人情報の取扱いに関する苦情及び相談については、お客様相談窓口にて受け付け、また個人情報の開示等の求めにも、適切かつ迅速に対応いたします。

 

個人情報保護マネジメントシステムの継続的改善
当社は、適切な個人情報保護に関する規程、ルール、行動規範を定め、個人情報保護に関するマネジメントシステムを運用します。また、マネジメントシステムが適切に実施できているかを定期的に確認・監査・見直しを行うことにより、継続的に改善いたします。

 

寿コミュニケーションズ株式会社 代表電話番号
TEL:092-272-1187 FAX:092-292-6773

 

2.個人情報の取扱いについて

 

当社は、お客様から個人情報をご提供頂く場合、予め個人情報の利用目的を明示し、その利用目的の範囲内で利用します。予め明示した利用目的の範囲を超えて、お客様の個人情報を利用する必要が生じた場合は、お客様にその旨をご連絡し、お客様の同意を頂いた上で利用します。当社が保有する個人情報の利用目的は下記の通りです。

 

お客様に関する個人情報

 

ご注文された方の個人情報:サービス実施と商品納品およびメールマガジン配信のため

メールマガジン申込みされた方の個人情報:メールマガジン配信のため

無料ビデオ申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

無料ウェブセミナー申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

お問い合わせされた方の個人情報:お問い合わせに対する回答のため

アフィリエイターの個人情報:アフィリエイターへの連絡や報酬支払いのため

採用応募者・就労された方に関する個人情報

当社の採用に応募された方の個人情報:当社採用業務における応募者対応のため

当社に就労された方の個人情報:人事労務関連業務における従業者対応のため

 

3.個人情報の適正な取得

 

当社では、個人情報の取得は、適法かつ公正な手段で行います。

 

4.個人情報の提供

 

当社は、次の場合を除き、お客様の個人情報を第三者に開示または提供しません。

お客様の同意がある場合

法令に基づく場合

人の生命、身体又は財産の保護のために必要であって、お客様の同意を取ることが困難な場合

利用目的の達成に必要な範囲で、個人情報の取り扱いを委託する場合

合併、会社分割、営業譲渡その他の事由によって事業の承継が行われる場合

 

当社は、上記(1)に関わらず、お客様へのサービス提供、お問い合わせ等への対応に関して、当社の関係会社や代理店より対応させて頂くことが適切と判断される場合に、お客様の住所、氏名、電話番号等を当該関係会社等へ提供することがあります。この場合、お客様は当社に対し当該関係会社等への個人情報提供の停止を請求することができます。

 

5.個人情報に関するお問い合わせ

 

お客様の個人情報の開示・訂正・削除等に関するお問い合わせは、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

6、その他の事項

 

1. アクセス情報について

当サイトでは、より良いサービスをご提供させて頂くために、アクセスログ情報を取得する場合がございます。予めご了承下さい。アクセスログの取得はお客様の個人情報を特定することを目的としたものではありません。

 

2. クッキーについて

当サイトでは、より快適にご利用して頂くために、サイトの一部でクッキー (Cookie)を使用しております。クッキー及びIPアドレス情報については、それら単独では特定の個人を識別することができないため、個人情報とは考えておりません。なお、クッキー情報については、ブラウザの設定で拒否することが可能です。

 

ログカテゴリー一覧

 

筆者一覧

ボブ・バーグ

『THE GO-GIVER』著者
人材開発会社バーグ・コミュニケーションズ代表
経営コンサルタント

 

安永 周平

『THE GO-GIVER』公式サイト運営責任者
寿コミュニケーションズ㈱ 代表取締役

 

THE GO-GIVER SNS