ホーム > 人助けは善、稼ぐは悪?

GO-GIVER

2019/03/21(木)

人助けは善、稼ぐは悪?

 

FROM ボブ・バーグ

これはとあるフライト中の話である。

私は、スティーブン・K・スコットの「The Millionaire’s Notebook」という本を読んでいた。その本では裕福になるための成功法則について紹介されている素晴らしい書籍だ。

私の隣の席に座っていたのは大学生くらいの若い女性であった。私が熱心に本に線をを引いたり、メモを取ったりしていることに気づいて、その彼女が「どんな本を読まれているのですか?」と尋ねてきた。

「人を助ける=お金を稼ぐ」?

私は彼女に本のタイトルと簡単な内容を紹介し、「きっと良い本なので是非読んでください」と助言してみた。すると、彼女は「いえ、私はソーシャルワーカー(社会福祉士)になるための勉強をしていますので、お金を稼ぐ勉強は、必要ありません。」とのことだった。

さて、もしあなたが彼女の答えが矛盾しているように思えたならそれは大いに正解だ。というのも、ソーシャルワーカーのような…いわゆる人を助ける仕事と、セールスで成功し大金を稼ぐことと何も相反するものではないからである。

現実はむしろその逆ではないだろうか。というのも、自由主義市場において稼ぐお金とは、”奉仕する人の数に比例して大きくなる”からだ。

ただ、私たちは育った環境や受けた金融教育によってこうした真実に気づかない人も多い。では、こうした場合どうすれば理解してもらえるだろうか。私たちは奉仕した人の数だけ、収入が増える…といった普遍的な法則を受け入れるだけでも自分もその人の人生も幸せになれるにもかかわらず。

教えることは、押し付けることではない

さて、私がその時どうしたのかをお答えする前にこのような意見にもお答えしておこう。それは…

「どうしてわざわざ、彼女にそのことを教える必要があるのか?彼女の意見を寛容に受け止め、好きに考えさせておけば良いのではないか」

と。確かにこうした意見もしかるべきだ。だが、ユダヤ教の著名な指導者、ラビ・フリーマンの次の言葉もまた正しいのではないかと思う。

「共感的な寛容というものもある。相手側の権利を認め、相手には相手なりのやり方があることを理解したうえで、相手に自分自身の足で歩いてもらうことがこれに当たる。」

この場合であれば、彼女のことを尊重し、彼女のなりのものの見方があることを理解したうえで、収入も個人的な充足を満たしたうえでもより豊かになるヒントがあることを教えてあげることに当たるだろう。このことは何も間違っていはいないだろう。

セールスも同じこと言える。というのも、自分がセールスをしなかったことにより、本来商品・サービスによって助かる人たちを、助けることができなくなってしまう。さらには、本来ならば受け取ることができるはずの成果や収入を逃してしまっているケースもあることだろう。

つまるところ私たち人間はお互いのことを助け合い、相手の幸福のためにここにいるはずだ。

さて、話を戻そう。私が彼女とした会話は次のようなものだった。

“私”と大学生のやりとり…

「将来、本当にソーシャルワーカーとして人助けをしたいと思っていますか?

大学生「はい、もちろん。」

「それはとても素晴らしいですね。ただ、お聞きしたいのは、その人助けとは一時的に助けることですか?それとも、長期的なサポートでしょうか?もし間違っていなければ、その人々を助けるというのは、最終的には彼らに社会的および経済的に自立させ、充足感に満ちた暮らしを送るまでを支援することだと私は考えています。」

大学生「はい、そうするのが私の目標です。でも、それとお金を稼ぐことがどう関係するんですか?」

「ちょっと想像してみて欲しいのですが、慈善団体にたくさん寄付できる人というのは、どんな人でしょう。裕福な人でしょうか。それとも、貧乏な人でしょうか。」

大学生「もちろん、裕福な人です。」

「仰る通りです。では、寄付できる回数が多いのはどちらになるでしょうか?」

大学生「それは時と場合によると思いますが…まぁ普通は裕福な人ではないでしょうか。」

「その通りです。では、そうした助けが必要な人々に社会的かつ経済的に自立するための最善の方法を教えられるのはどちらでしょうか。」

大学生「なるほど、仰りたいことは分かってきました。」

「では、彼らが社会的・経済的な自立を獲得するのに、あなたができることは何だと思いますか?」

大学生「…まず自分がその方法を学ぶこと、でしょうか。」

「いいですね、もう分かってきたようですね。」

相手を動かすにはまずキッカケを与えよう

さて、彼女はその本を買うだろうか。それは誰にもわからない。彼女は私が説明しようとしたその原則に完全に納得したのであろうか。完全にとは思えないが、キッカケを作ることはできたかもしれない。ただ、このような重要な事柄について短時間で話をする場合はこの程度が限界に違いないだろう。だが、次に彼女が同じような人に出会った時は、この真実に対する彼女の心がもう少し開いているかもしれない。

-PR-
私たちはよく「お金を稼ぐことは悪」と考えがちではないでしょうか?あるいは、お金を受け取ることにすら罪悪感を感じる人も。実はこれには、米国の組織心理学の権威が明らかにした”ある理由”があったのです。気になる方はコチラを確認してくださいね。

 

 

 

この記事の執筆者

ボブ・バーグ Bob Burg

アメリカでは伝説的な元トップ営業マンであり、対人関係・影響力の行使に関する第一人者。「21世紀のデール・カーネギー」の異名を持つ。

 

現在は経営コンサルタント・講演家としても人気を博し、元大統領や著名な政治家からも助言を求められる。2014年には米国経営協会(AMA)からビジネス界のリーダー上位30人の1人に選出されている。

 

主なクライアントはゼネラル・エレクトリック(GE)、リッツ・カールトン、レクサス、アフラック、MDRT、全米不動産協会等。フォーチュン500社に名を連ねる大企業からも絶大な支持を受ける。

 

著書はこれまで世界21カ国語に翻訳され、累計発行部数は100万部を超えている。累計20万部の『Endless Refferals』や世界的ベストセラーとなった『THE GO GIVER』などは全米の企業で多く研修マニュアルとして使われている。フロリダ在住。

 

 

 

※以下の内容に同意の上ご登録下さい

当社は、「良質な情報と教育を通して、人々の生活を向上させること」を企業理念とし、インターネットにおける書籍、デジタルコンテンツ教材等の販売、セミナー運営事業を行っております。当社はこのような事業活動を行う上で、個人情報を保護、管理することが重要であると認識するとともに、これが当社の社会的責任および責務であると考えております。そこで、当社は個人情報保護マネジメントシステムを構築すると共に、以下に掲げる個人情報保護方針(以下、本保護方針と呼ぶ)を制定し、個人情報保護に努めてまいります。

 

法令、規範の順守
当社は、個人情報に関する法令、国が定める指針その他規範を順守いたします。

 

個人情報の取得・利用・提供
当社は、個人情報を取得する際にはその利用目的を明確にし、利用目的の達成に必要な範囲内で取扱います。また、目的外利用を行わないための体制を構築し、当初の範囲を超えて取扱う場合には改めて本人の同意を得るなど規程に従った対応を行います。

 

個人情報の安全対策
当社は、個人情報の漏えい、滅失又はき損の防止及び是正に関して、必要かつ適切な安全対策を実施いたします。

 

苦情および相談について
当社は、個人情報の取扱いに関する苦情及び相談については、お客様相談窓口にて受け付け、また個人情報の開示等の求めにも、適切かつ迅速に対応いたします。

 

個人情報保護マネジメントシステムの継続的改善
当社は、適切な個人情報保護に関する規程、ルール、行動規範を定め、個人情報保護に関するマネジメントシステムを運用します。また、マネジメントシステムが適切に実施できているかを定期的に確認・監査・見直しを行うことにより、継続的に改善いたします。

 

寿コミュニケーションズ株式会社 代表電話番号
TEL:092-272-1187 FAX:092-292-6773

 

2.個人情報の取扱いについて

 

当社は、お客様から個人情報をご提供頂く場合、予め個人情報の利用目的を明示し、その利用目的の範囲内で利用します。予め明示した利用目的の範囲を超えて、お客様の個人情報を利用する必要が生じた場合は、お客様にその旨をご連絡し、お客様の同意を頂いた上で利用します。当社が保有する個人情報の利用目的は下記の通りです。

 

お客様に関する個人情報

 

ご注文された方の個人情報:サービス実施と商品納品およびメールマガジン配信のため

メールマガジン申込みされた方の個人情報:メールマガジン配信のため

無料ビデオ申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

無料ウェブセミナー申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

お問い合わせされた方の個人情報:お問い合わせに対する回答のため

アフィリエイターの個人情報:アフィリエイターへの連絡や報酬支払いのため

採用応募者・就労された方に関する個人情報

当社の採用に応募された方の個人情報:当社採用業務における応募者対応のため

当社に就労された方の個人情報:人事労務関連業務における従業者対応のため

 

3.個人情報の適正な取得

 

当社では、個人情報の取得は、適法かつ公正な手段で行います。

 

4.個人情報の提供

 

当社は、次の場合を除き、お客様の個人情報を第三者に開示または提供しません。

お客様の同意がある場合

法令に基づく場合

人の生命、身体又は財産の保護のために必要であって、お客様の同意を取ることが困難な場合

利用目的の達成に必要な範囲で、個人情報の取り扱いを委託する場合

合併、会社分割、営業譲渡その他の事由によって事業の承継が行われる場合

 

当社は、上記(1)に関わらず、お客様へのサービス提供、お問い合わせ等への対応に関して、当社の関係会社や代理店より対応させて頂くことが適切と判断される場合に、お客様の住所、氏名、電話番号等を当該関係会社等へ提供することがあります。この場合、お客様は当社に対し当該関係会社等への個人情報提供の停止を請求することができます。

 

5.個人情報に関するお問い合わせ

 

お客様の個人情報の開示・訂正・削除等に関するお問い合わせは、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

6、その他の事項

 

1. アクセス情報について

当サイトでは、より良いサービスをご提供させて頂くために、アクセスログ情報を取得する場合がございます。予めご了承下さい。アクセスログの取得はお客様の個人情報を特定することを目的としたものではありません。

 

2. クッキーについて

当サイトでは、より快適にご利用して頂くために、サイトの一部でクッキー (Cookie)を使用しております。クッキー及びIPアドレス情報については、それら単独では特定の個人を識別することができないため、個人情報とは考えておりません。なお、クッキー情報については、ブラウザの設定で拒否することが可能です。

※以下の内容に同意の上ご登録下さい

当社は、「良質な情報と教育を通して、人々の生活を向上させること」を企業理念とし、インターネットにおける書籍、デジタルコンテンツ教材等の販売、セミナー運営事業を行っております。当社はこのような事業活動を行う上で、個人情報を保護、管理することが重要であると認識するとともに、これが当社の社会的責任および責務であると考えております。そこで、当社は個人情報保護マネジメントシステムを構築すると共に、以下に掲げる個人情報保護方針(以下、本保護方針と呼ぶ)を制定し、個人情報保護に努めてまいります。

 

法令、規範の順守
当社は、個人情報に関する法令、国が定める指針その他規範を順守いたします。

 

個人情報の取得・利用・提供
当社は、個人情報を取得する際にはその利用目的を明確にし、利用目的の達成に必要な範囲内で取扱います。また、目的外利用を行わないための体制を構築し、当初の範囲を超えて取扱う場合には改めて本人の同意を得るなど規程に従った対応を行います。

 

個人情報の安全対策
当社は、個人情報の漏えい、滅失又はき損の防止及び是正に関して、必要かつ適切な安全対策を実施いたします。

 

苦情および相談について
当社は、個人情報の取扱いに関する苦情及び相談については、お客様相談窓口にて受け付け、また個人情報の開示等の求めにも、適切かつ迅速に対応いたします。

 

個人情報保護マネジメントシステムの継続的改善
当社は、適切な個人情報保護に関する規程、ルール、行動規範を定め、個人情報保護に関するマネジメントシステムを運用します。また、マネジメントシステムが適切に実施できているかを定期的に確認・監査・見直しを行うことにより、継続的に改善いたします。

 

寿コミュニケーションズ株式会社 代表電話番号
TEL:092-272-1187 FAX:092-292-6773

 

2.個人情報の取扱いについて

 

当社は、お客様から個人情報をご提供頂く場合、予め個人情報の利用目的を明示し、その利用目的の範囲内で利用します。予め明示した利用目的の範囲を超えて、お客様の個人情報を利用する必要が生じた場合は、お客様にその旨をご連絡し、お客様の同意を頂いた上で利用します。当社が保有する個人情報の利用目的は下記の通りです。

 

お客様に関する個人情報

 

ご注文された方の個人情報:サービス実施と商品納品およびメールマガジン配信のため

メールマガジン申込みされた方の個人情報:メールマガジン配信のため

無料ビデオ申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

無料ウェブセミナー申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

お問い合わせされた方の個人情報:お問い合わせに対する回答のため

アフィリエイターの個人情報:アフィリエイターへの連絡や報酬支払いのため

採用応募者・就労された方に関する個人情報

当社の採用に応募された方の個人情報:当社採用業務における応募者対応のため

当社に就労された方の個人情報:人事労務関連業務における従業者対応のため

 

3.個人情報の適正な取得

 

当社では、個人情報の取得は、適法かつ公正な手段で行います。

 

4.個人情報の提供

 

当社は、次の場合を除き、お客様の個人情報を第三者に開示または提供しません。

お客様の同意がある場合

法令に基づく場合

人の生命、身体又は財産の保護のために必要であって、お客様の同意を取ることが困難な場合

利用目的の達成に必要な範囲で、個人情報の取り扱いを委託する場合

合併、会社分割、営業譲渡その他の事由によって事業の承継が行われる場合

 

当社は、上記(1)に関わらず、お客様へのサービス提供、お問い合わせ等への対応に関して、当社の関係会社や代理店より対応させて頂くことが適切と判断される場合に、お客様の住所、氏名、電話番号等を当該関係会社等へ提供することがあります。この場合、お客様は当社に対し当該関係会社等への個人情報提供の停止を請求することができます。

 

5.個人情報に関するお問い合わせ

 

お客様の個人情報の開示・訂正・削除等に関するお問い合わせは、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

6、その他の事項

 

1. アクセス情報について

当サイトでは、より良いサービスをご提供させて頂くために、アクセスログ情報を取得する場合がございます。予めご了承下さい。アクセスログの取得はお客様の個人情報を特定することを目的としたものではありません。

 

2. クッキーについて

当サイトでは、より快適にご利用して頂くために、サイトの一部でクッキー (Cookie)を使用しております。クッキー及びIPアドレス情報については、それら単独では特定の個人を識別することができないため、個人情報とは考えておりません。なお、クッキー情報については、ブラウザの設定で拒否することが可能です。

 

ログカテゴリー一覧

 

筆者一覧

ボブ・バーグ

『THE GO-GIVER』著者
人材開発会社バーグ・コミュニケーションズ代表
経営コンサルタント

 

安永 周平

『THE GO-GIVER』公式サイト運営責任者
寿コミュニケーションズ㈱ 代表取締役

 

THE GO-GIVER SNS