ホーム > コロンブスの知られざる能力

リーダーシップ

2019/05/08(水)

コロンブスの知られざる能力

 

FROM 安永周平

「コロンブスの卵」の話は有名なので、既にあなたもご存知でしょう。クリストファー・コロンブスは新大陸を発見し、帰還した後、スポンサーであったスペイン女王イザベル一世の晩餐会に招かれました。ところが、その席でコロンブスは、彼の功績を妬んだ招待客から難癖をつけられました。

「あなたがやったことは大した事ではない。ただ西へ西へと船を走らせ、新しい土地を見つけただけではないか」

するとコロンブスは、食卓の上にあった卵を差し出し「立てて見せてくれないか」といいました。意地悪な客は「よし」と応じましたが、楕円球形の卵をテーブルの上に立てることなどできませんでした。他の人たちも次々に挑戦してみたものの、卵はやはり立ちません。ところが、コロンブスはこの卵を立てることができたのです。

どうやって卵を立てたのか?

コロンブスは黙って卵の底を割り、立てて見せました。そして、あっけにとられて「それなら、誰だってできるではないか」と憤慨する招待客たちに向かって、こう言いました。

「私が新大陸発見でやったことはこれと同じだ。誰かが成功してしまえば、それはあまりに簡単に見える。しかし、それが誰かによって成し遂げられるまでは、他のだれもそれができるとは思わない」

そう、誰かが達成した後には当たり前のように見えますが、その前には到底不可能と思えることが世の中にはあります。「創造」とか「イノベーション」と呼ばれているものの中には、意外とこうしたものが多いのです。新たなビジネスモデルの構築とか…完成したものを理解するだけなら簡単です。でも、最初にそれを成し遂げるのは大変なんですね。

スタバが日本で成功するなんて…

スタバが初めて日本に上陸した時、成功すると思った人がどれだけいたでしょうか? 喫茶店文化が根づいている日本では、スタバのような店はウケないと思った人も多かったでしょう。しかし、1996年の8月2日に1号店が東京・銀座にオープンしてから20年以上…今やスタバの国内の店舗は1300店を超えています。

最近は「クラウドファンディング」が当たり前のようになってきましたが、あれも少し前までは世の中に無かった仕組みでしょう。今では多くの人が使っている(当たっている)から「なんだ、そうか」と思うのです。でも、誰かがやるまでは、他の誰も思いつかなかった…そう考えると、最初に始めた人の勇気とリーダーシップはやはり称えられてしかるべきではないでしょうか。

物事の「認識力」と「解像度」

少し話は変わりますが、最近、僕は本当に自分の未熟さを感じる出来事がありました。尊敬する経営者の方々と話をしていた時のことなんですが、話の中で「同じ情報」を得ているはずなのに、その情報を「どう認識しているか」が全く違うのです。明らかに僕の理解は浅い、表面的、その情報の背景を知らない。だから、物事を「点」でしか見ることしかできない。

同じ世界を見ているはずなのに、世の中に対する”認識力”が全く違うんです。その経営者の方の言葉を借りれば、世の中を見ている「解像度」が違うのだと。たとえば、分かりやすい例で言えば、政治家の汚職事件をマスコミが報道したのを見て、単に「許せない」「辞めろ!」「金返せ」と思う。これは、世の中に対する解像度が低い状態です。

そうではなく、歴史や政治的な背景を学び「こうした業界の構造や人間力学が働いているからこんな事件が起こる」と認識するのが「解像度」が高い状態です。時代背景を勉強し、物事を”点”ではなく”立体的に”理解することで、世の中を見る解像度を上げることができます。それは、物事の「認識力」の向上につながります。

認識力によって判断が変わる

重要なのは、この認識力によって「意思決定」が変わるということです。そして、リーダーの立場にいる人が意思決定を間違えば、それはそのチームは間違った方向に進んでしまうことを意味します。たとえば、あなたがある会社の株を買ったとします。しかし、「1ヶ月後にその会社が倒産する」という情報を得ていたら、株を買ったりはしなかったでしょう。

まぁ普通はそんな倒産情報は入ってきません。しかし、仮にその会社の経営者の記事や書籍を読んで、時代の流れと照らし合わせて「どうも危険な方向に進んでいるな…」と感じたら、株を買わない判断をするのではないでしょうか。こうした判断ができるかどうかは、その人の「認識力」によって変わるはずです。リーダーの立場にいる人ほどこの能力が問われます。きっとコロンブスも、この能力が高かったのではないでしょうか。

一流の人から学ぶことの大切さ

ですから、僕らも重要な意思決定において判断を間違わないようにすることが大切です。適切な情報に触れ、その情報に対する認識度を上げたうえで意思決定を行い、チームを率いていかなければいけません。そのためには具体的にどうすればいいのでしょうか。もちろん、これに対する答えは1つではないでしょう。

僕が考える1つの答えは「一流の人と出逢い、彼ら彼女らから学び、影響を受けること」です。独学だけでは気付かないこと、言われて初めて気付くことが世の中にはたくさんあります。世の中を見る「解像度」や物事への「認識力」なんて、まさにその最たる例だと思います。一流の人たちから学び、影響を受けることで自分が成長する…実はこれが1番カンタンな方法だと個人的には思っています。

PS
ちなみに…こんなふうにラクして自分を成長させていくのはルール違反でしょうか?

 

 

 

この記事の執筆者

安永 周平 Shuhei Yasunaga

1982年生まれ。福岡県出身。九州大学工学部卒(修士)。『THE GO-GIVER』日本公式サイトの運営責任者。

 

トヨタ自動車で4年間、生産技術のエンジニアとして勤めた後、ダイレクト出版へ入社してセールス&マーケティングの仕事に従事。3ヶ月後、グループ会社である経営科学出版の事業を任される。年商2億ほどで赤字だった事業部を1年で黒字化。1枚のセールスレターで2万人超の新規顧客を獲得した実績もあり、マネージャーとして事業部の年商7億円突破に貢献。

 

5年目に独立し、福岡で寿コミュニケーションズ株式会社を設立。現在、建設業を含む2社の経営に携わり営業チームの強化に当たる。ボブ・バーグの日本における独占ライセンシーとなり、当サイト『THE GO-GIVER』を通じて、営業、士業、中小零細企業の社長に役立つ教育事業を展開中。福岡在住。

 

 

 

※以下の内容に同意の上ご登録下さい

当社は、「良質な情報と教育を通して、人々の生活を向上させること」を企業理念とし、インターネットにおける書籍、デジタルコンテンツ教材等の販売、セミナー運営事業を行っております。当社はこのような事業活動を行う上で、個人情報を保護、管理することが重要であると認識するとともに、これが当社の社会的責任および責務であると考えております。そこで、当社は個人情報保護マネジメントシステムを構築すると共に、以下に掲げる個人情報保護方針(以下、本保護方針と呼ぶ)を制定し、個人情報保護に努めてまいります。

 

法令、規範の順守
当社は、個人情報に関する法令、国が定める指針その他規範を順守いたします。

 

個人情報の取得・利用・提供
当社は、個人情報を取得する際にはその利用目的を明確にし、利用目的の達成に必要な範囲内で取扱います。また、目的外利用を行わないための体制を構築し、当初の範囲を超えて取扱う場合には改めて本人の同意を得るなど規程に従った対応を行います。

 

個人情報の安全対策
当社は、個人情報の漏えい、滅失又はき損の防止及び是正に関して、必要かつ適切な安全対策を実施いたします。

 

苦情および相談について
当社は、個人情報の取扱いに関する苦情及び相談については、お客様相談窓口にて受け付け、また個人情報の開示等の求めにも、適切かつ迅速に対応いたします。

 

個人情報保護マネジメントシステムの継続的改善
当社は、適切な個人情報保護に関する規程、ルール、行動規範を定め、個人情報保護に関するマネジメントシステムを運用します。また、マネジメントシステムが適切に実施できているかを定期的に確認・監査・見直しを行うことにより、継続的に改善いたします。

 

寿コミュニケーションズ株式会社 代表電話番号
TEL:092-272-1187 FAX:092-292-6773

 

2.個人情報の取扱いについて

 

当社は、お客様から個人情報をご提供頂く場合、予め個人情報の利用目的を明示し、その利用目的の範囲内で利用します。予め明示した利用目的の範囲を超えて、お客様の個人情報を利用する必要が生じた場合は、お客様にその旨をご連絡し、お客様の同意を頂いた上で利用します。当社が保有する個人情報の利用目的は下記の通りです。

 

お客様に関する個人情報

 

ご注文された方の個人情報:サービス実施と商品納品およびメールマガジン配信のため

メールマガジン申込みされた方の個人情報:メールマガジン配信のため

無料ビデオ申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

無料ウェブセミナー申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

お問い合わせされた方の個人情報:お問い合わせに対する回答のため

アフィリエイターの個人情報:アフィリエイターへの連絡や報酬支払いのため

採用応募者・就労された方に関する個人情報

当社の採用に応募された方の個人情報:当社採用業務における応募者対応のため

当社に就労された方の個人情報:人事労務関連業務における従業者対応のため

 

3.個人情報の適正な取得

 

当社では、個人情報の取得は、適法かつ公正な手段で行います。

 

4.個人情報の提供

 

当社は、次の場合を除き、お客様の個人情報を第三者に開示または提供しません。

お客様の同意がある場合

法令に基づく場合

人の生命、身体又は財産の保護のために必要であって、お客様の同意を取ることが困難な場合

利用目的の達成に必要な範囲で、個人情報の取り扱いを委託する場合

合併、会社分割、営業譲渡その他の事由によって事業の承継が行われる場合

 

当社は、上記(1)に関わらず、お客様へのサービス提供、お問い合わせ等への対応に関して、当社の関係会社や代理店より対応させて頂くことが適切と判断される場合に、お客様の住所、氏名、電話番号等を当該関係会社等へ提供することがあります。この場合、お客様は当社に対し当該関係会社等への個人情報提供の停止を請求することができます。

 

5.個人情報に関するお問い合わせ

 

お客様の個人情報の開示・訂正・削除等に関するお問い合わせは、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

6、その他の事項

 

1. アクセス情報について

当サイトでは、より良いサービスをご提供させて頂くために、アクセスログ情報を取得する場合がございます。予めご了承下さい。アクセスログの取得はお客様の個人情報を特定することを目的としたものではありません。

 

2. クッキーについて

当サイトでは、より快適にご利用して頂くために、サイトの一部でクッキー (Cookie)を使用しております。クッキー及びIPアドレス情報については、それら単独では特定の個人を識別することができないため、個人情報とは考えておりません。なお、クッキー情報については、ブラウザの設定で拒否することが可能です。

※以下の内容に同意の上ご登録下さい

当社は、「良質な情報と教育を通して、人々の生活を向上させること」を企業理念とし、インターネットにおける書籍、デジタルコンテンツ教材等の販売、セミナー運営事業を行っております。当社はこのような事業活動を行う上で、個人情報を保護、管理することが重要であると認識するとともに、これが当社の社会的責任および責務であると考えております。そこで、当社は個人情報保護マネジメントシステムを構築すると共に、以下に掲げる個人情報保護方針(以下、本保護方針と呼ぶ)を制定し、個人情報保護に努めてまいります。

 

法令、規範の順守
当社は、個人情報に関する法令、国が定める指針その他規範を順守いたします。

 

個人情報の取得・利用・提供
当社は、個人情報を取得する際にはその利用目的を明確にし、利用目的の達成に必要な範囲内で取扱います。また、目的外利用を行わないための体制を構築し、当初の範囲を超えて取扱う場合には改めて本人の同意を得るなど規程に従った対応を行います。

 

個人情報の安全対策
当社は、個人情報の漏えい、滅失又はき損の防止及び是正に関して、必要かつ適切な安全対策を実施いたします。

 

苦情および相談について
当社は、個人情報の取扱いに関する苦情及び相談については、お客様相談窓口にて受け付け、また個人情報の開示等の求めにも、適切かつ迅速に対応いたします。

 

個人情報保護マネジメントシステムの継続的改善
当社は、適切な個人情報保護に関する規程、ルール、行動規範を定め、個人情報保護に関するマネジメントシステムを運用します。また、マネジメントシステムが適切に実施できているかを定期的に確認・監査・見直しを行うことにより、継続的に改善いたします。

 

寿コミュニケーションズ株式会社 代表電話番号
TEL:092-272-1187 FAX:092-292-6773

 

2.個人情報の取扱いについて

 

当社は、お客様から個人情報をご提供頂く場合、予め個人情報の利用目的を明示し、その利用目的の範囲内で利用します。予め明示した利用目的の範囲を超えて、お客様の個人情報を利用する必要が生じた場合は、お客様にその旨をご連絡し、お客様の同意を頂いた上で利用します。当社が保有する個人情報の利用目的は下記の通りです。

 

お客様に関する個人情報

 

ご注文された方の個人情報:サービス実施と商品納品およびメールマガジン配信のため

メールマガジン申込みされた方の個人情報:メールマガジン配信のため

無料ビデオ申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

無料ウェブセミナー申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

お問い合わせされた方の個人情報:お問い合わせに対する回答のため

アフィリエイターの個人情報:アフィリエイターへの連絡や報酬支払いのため

採用応募者・就労された方に関する個人情報

当社の採用に応募された方の個人情報:当社採用業務における応募者対応のため

当社に就労された方の個人情報:人事労務関連業務における従業者対応のため

 

3.個人情報の適正な取得

 

当社では、個人情報の取得は、適法かつ公正な手段で行います。

 

4.個人情報の提供

 

当社は、次の場合を除き、お客様の個人情報を第三者に開示または提供しません。

お客様の同意がある場合

法令に基づく場合

人の生命、身体又は財産の保護のために必要であって、お客様の同意を取ることが困難な場合

利用目的の達成に必要な範囲で、個人情報の取り扱いを委託する場合

合併、会社分割、営業譲渡その他の事由によって事業の承継が行われる場合

 

当社は、上記(1)に関わらず、お客様へのサービス提供、お問い合わせ等への対応に関して、当社の関係会社や代理店より対応させて頂くことが適切と判断される場合に、お客様の住所、氏名、電話番号等を当該関係会社等へ提供することがあります。この場合、お客様は当社に対し当該関係会社等への個人情報提供の停止を請求することができます。

 

5.個人情報に関するお問い合わせ

 

お客様の個人情報の開示・訂正・削除等に関するお問い合わせは、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

6、その他の事項

 

1. アクセス情報について

当サイトでは、より良いサービスをご提供させて頂くために、アクセスログ情報を取得する場合がございます。予めご了承下さい。アクセスログの取得はお客様の個人情報を特定することを目的としたものではありません。

 

2. クッキーについて

当サイトでは、より快適にご利用して頂くために、サイトの一部でクッキー (Cookie)を使用しております。クッキー及びIPアドレス情報については、それら単独では特定の個人を識別することができないため、個人情報とは考えておりません。なお、クッキー情報については、ブラウザの設定で拒否することが可能です。

 

ログカテゴリー一覧

 

筆者一覧

ボブ・バーグ

『THE GO-GIVER』著者
人材開発会社バーグ・コミュニケーションズ代表
経営コンサルタント

 

安永 周平

『THE GO-GIVER』公式サイト運営責任者
寿コミュニケーションズ㈱ 代表取締役

 

THE GO-GIVER SNS