ホーム > 政治家に学ぶ応援団づくり

GO-GIVER

2019/05/22(水)

政治家に学ぶ応援団づくり

 

FROM 安永周平

ビジネスではよく「種をまく」という表現をしますよね。具体的には、業種によって色んな解釈があると思いますが、総じて言えばこれは”新規のお客さんを探す作業”でしょう。そして、当たり前の話ですが、1人で種まきをするより複数でやった方が多くの種をまくことができます。

この一緒に種をまいてくれる人…いわば「応援団」ですね。僕らビジネスパーソンにとって、応援団の存在は本当にありがたいものです。本人が意識しているかどうかは別として、応援団の存在はビジネスの結果を大きく左右します。実際、応援団のからのつながりで紹介客を獲得できない人は、永遠に見込み客探しで苦労することになるのではないでしょうか。

ですから、僕らビジネスパーソンにとって応援団をつくっていくことはとても大切な仕事の1つでしょう。そして、この活動を非常に上手くやっている人たちがいます。それは、政治家です。政治家の仕事は、まず”後援会作り”です。この後援会の力を借りて支援者を増やしていきます。

政治家に学ぶ応援団づくり

世間で「政治家」というと、マスコミの影響もあってあまりいいイメージがないかもしれませんが、本当に誠実な気持ちで活動されている方もいらっしゃいます。僕も個人的に応援している方がいて、1度決起集会に参加させてもらったことがあるのですが、本当に多くの「応援団」の方がいて驚きました。

政治家はいきなり「私に1票をください」とは言いません。その前に、まず「私を応援してください」というニュアンスで後援会を組織します。その上で、選挙の時は後援会と一丸となって「私に1票をください」と言うのです。このステップが重要です。いきなり投票を頼むのではなく、まず応援してもらうんですね。

大志・ミッションを掲げる

それから、政治家は大志がなければいけません。「世の中をどのようにしたいと思っているのか?」「その中で自分は何ができるのか?」という大志を持っていなければ、政治家として活動していくことはできないでしょう。そして、こうした1つ1つの想いを、まず後援会(応援団)の方へ、それから有権者の方へ1人ひとりに伝えていくのです。

これ、僕らビジネスパーソンも見習うべきだと思いませんか?「自分の商品・サービスがお客様にどう役立つのか?」「自分は何ができるのか、何がしたいのか?」というミッションを持っている人は、応援してもらえる確率は上がるでしょう。それを信頼する応援団に伝えていく活動は、あなたのビジネスにおいても大切なことではないでしょうか。

人間くさいコミュニケーション

また、政治家のコミュニケーションにも学ぶべきことがあります。選挙前はTVで政治家が”1人ひとりと握手するシーン”をよく見かけますよね。1人ひとりにかける時間はとても短いです。しかし、選挙の世界では、この握手をするかしないかで得票が大きく違ってくると言われています。スキンシップにはとても大きな効果があるのです。支援者の目をしっかり見つめ、心からお願いしますと伝えているのです。

こうした人間くさいコミュニケーションによって確かな想いが伝わり、相手は「この人に投票しよう」と決めるのです。これも、ビジネスにおける応援につながる話ですよね。心を込めて想いを伝えるからこそ、人はあなたを応援してくれるようになるわけです。興味を持ちそうな知り合いを紹介してくれたりするわけです(※僕がメルマガで言っても説得力がありませんがw)

応援される人になるためには?

では、具体的にどうすれば応援される人になれるのでしょうか? ここで問題なのは、「応援する」という言葉がちょっと抽象的でピンと来ないことです。政治活動なら分かりやすいですが、ビジネスにおいての応援と言われても、具体的な行動がイメージしづらいんですね。このニュアンスを自分が分かっていないのに、人に応援してもらうことなんてできないでしょう。

しかし、これについてはいい方法があります。それは、まずあなた自身が誰かの応援団になることです。勉強したりテクニックを学んだりするよりも、あなた自身が周りで応援したい人を見つけ、実際に応援してあげることが「応援される側」になるための第1歩です。お客様の気持ちが分からなければ商品が売れないように、応援する人の気持が分からなければ応援もされません。

必要なのは GIVER の精神だ

既にお察しだと思いますが…これはもう僕らの出番です。GIVER という生き方を体現するにあたって、この「誰かを応援する」ことほど効果的なものはありません。『THE GO-GIVER』ではお馴染みで、与える人が与えられるように、応援する人が応援されるのです。このメルマガを読んでいるあなたなら、このコンセプトがすぐに理解できるでしょう。

それで、まず考えてみてほしいのは「どういう人を応援したいか?」「なぜその人を応援したいと思ったか?」「きっかけとなった一言は何か?」「どうやって応援したいか?」「あまり負担にならない応援方法は何か?」といったことです。これらを自分に問いかけ、出てきた答えがあなたが向かうべき方向です。そして、応援すると決めた相手を本当に応援し続けるのです。

応援する人が応援される

誰かを応援した経験がない人が、応援される人になれる可能性は残念ながら低いです。というのも、あなたが誰かの応援をしていないと、影で応援してくれている人の存在に気づきにくいからです。たとえば、あなたに「この本、読んでみたら?」とか「こんな記事があったけど、役に立つんじゃない?」とか言ってくれる人はいませんか?

そういった人は高い確率であなたを応援してくれています。その存在に気付かないのは罪でしょう。だからこそ、あなたも誰かの応援団になって立場を理解する必要があるのです。そして、あなたが応援している人が”応援団としてのあなた”の存在に気付いた時…そこには揺るぎない信頼関係が生まれます。そうなると、きっと相手もあなたの応援団になってくれるでしょう。

5/26(日):おうえんフェス2019

それで、ちょっとあなたに紹介したいイベントがあります。先月、紹介経由で知り合った高田洋平さんという方が主催する『おうえんフェス2019』というイベントが今週末の日曜日に渋谷であります。この高田さん、応援の権化みたいな人で(笑)、人を応援することに圧倒的な情熱を持っています。紛れもない GIVER です。それが講じて始まったイベントがこの『おうえんフェス』です。2019年のテーマは「女性を応援」です。

このイベントでは大志・ミッションを持った人たちが登壇してプレゼンを行います。ですから、もしあなたが、すぐにでも誰かを応援したいと思うのならぜひこのイベントに行ってみてください(注:メイン会場は渋谷ですが、他にも全国15拠点で参加できるそうです)。あなたが登壇者の誰かを応援することは、同時にあなたが応援される側になるための第一歩にもなるでしょう。

応援されて嫌な人なんていませんし、何より誰かを応援すること自体とても気持ちがいいもの。GIVER という生き方を提唱してるこのメルマガですし、こうした動きが全国に広がっていけばいいなと思って僕もこのイベントを応援しています。また、志の高い人のエネルギーが満ちた場に行くことは元気をもらえます。小さな一步が大きな変化につながることもあります。今週末の予定が空いてる人は、よろしければ参加してみてくださいね。

『おうえんフェス2019』の詳細はコチラから

PS(重要)
ちなみに高田さんからのご好意で、このメルマガからの申込みに限り先着10名無料で招待いただけることになりました。早い者勝ちになってしまうので、無料参加をご希望の場合は、必ず以下のお申込みフォームから紹介者の欄に「安永周平」と書いて申し込んでください

先着10名:メルマガ限定の無料招待申込みはこちら

PPS
僕に紹介料とか入りませんのでご心配なくw

 

 

 

この記事の執筆者

安永 周平 Shuhei Yasunaga

1982年生まれ。福岡県出身。九州大学工学部卒(修士)。『THE GO-GIVER』日本公式サイトの運営責任者。

 

トヨタ自動車で4年間、生産技術のエンジニアとして勤めた後、ダイレクト出版へ入社してセールス&マーケティングの仕事に従事。3ヶ月後、グループ会社である経営科学出版の事業を任される。年商2億ほどで赤字だった事業部を1年で黒字化。1枚のセールスレターで2万人超の新規顧客を獲得した実績もあり、マネージャーとして事業部の年商7億円突破に貢献。

 

5年目に独立し、福岡で寿コミュニケーションズ株式会社を設立。現在、建設業を含む2社の経営に携わり営業チームの強化に当たる。ボブ・バーグの日本における独占ライセンシーとなり、当サイト『THE GO-GIVER』を通じて、営業、士業、中小零細企業の社長に役立つ教育事業を展開中。福岡在住。

 

 

 

※以下の内容に同意の上ご登録下さい

当社は、「良質な情報と教育を通して、人々の生活を向上させること」を企業理念とし、インターネットにおける書籍、デジタルコンテンツ教材等の販売、セミナー運営事業を行っております。当社はこのような事業活動を行う上で、個人情報を保護、管理することが重要であると認識するとともに、これが当社の社会的責任および責務であると考えております。そこで、当社は個人情報保護マネジメントシステムを構築すると共に、以下に掲げる個人情報保護方針(以下、本保護方針と呼ぶ)を制定し、個人情報保護に努めてまいります。

 

法令、規範の順守
当社は、個人情報に関する法令、国が定める指針その他規範を順守いたします。

 

個人情報の取得・利用・提供
当社は、個人情報を取得する際にはその利用目的を明確にし、利用目的の達成に必要な範囲内で取扱います。また、目的外利用を行わないための体制を構築し、当初の範囲を超えて取扱う場合には改めて本人の同意を得るなど規程に従った対応を行います。

 

個人情報の安全対策
当社は、個人情報の漏えい、滅失又はき損の防止及び是正に関して、必要かつ適切な安全対策を実施いたします。

 

苦情および相談について
当社は、個人情報の取扱いに関する苦情及び相談については、お客様相談窓口にて受け付け、また個人情報の開示等の求めにも、適切かつ迅速に対応いたします。

 

個人情報保護マネジメントシステムの継続的改善
当社は、適切な個人情報保護に関する規程、ルール、行動規範を定め、個人情報保護に関するマネジメントシステムを運用します。また、マネジメントシステムが適切に実施できているかを定期的に確認・監査・見直しを行うことにより、継続的に改善いたします。

 

寿コミュニケーションズ株式会社 代表電話番号
TEL:092-272-1187 FAX:092-292-6773

 

2.個人情報の取扱いについて

 

当社は、お客様から個人情報をご提供頂く場合、予め個人情報の利用目的を明示し、その利用目的の範囲内で利用します。予め明示した利用目的の範囲を超えて、お客様の個人情報を利用する必要が生じた場合は、お客様にその旨をご連絡し、お客様の同意を頂いた上で利用します。当社が保有する個人情報の利用目的は下記の通りです。

 

お客様に関する個人情報

 

ご注文された方の個人情報:サービス実施と商品納品およびメールマガジン配信のため

メールマガジン申込みされた方の個人情報:メールマガジン配信のため

無料ビデオ申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

無料ウェブセミナー申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

お問い合わせされた方の個人情報:お問い合わせに対する回答のため

アフィリエイターの個人情報:アフィリエイターへの連絡や報酬支払いのため

採用応募者・就労された方に関する個人情報

当社の採用に応募された方の個人情報:当社採用業務における応募者対応のため

当社に就労された方の個人情報:人事労務関連業務における従業者対応のため

 

3.個人情報の適正な取得

 

当社では、個人情報の取得は、適法かつ公正な手段で行います。

 

4.個人情報の提供

 

当社は、次の場合を除き、お客様の個人情報を第三者に開示または提供しません。

お客様の同意がある場合

法令に基づく場合

人の生命、身体又は財産の保護のために必要であって、お客様の同意を取ることが困難な場合

利用目的の達成に必要な範囲で、個人情報の取り扱いを委託する場合

合併、会社分割、営業譲渡その他の事由によって事業の承継が行われる場合

 

当社は、上記(1)に関わらず、お客様へのサービス提供、お問い合わせ等への対応に関して、当社の関係会社や代理店より対応させて頂くことが適切と判断される場合に、お客様の住所、氏名、電話番号等を当該関係会社等へ提供することがあります。この場合、お客様は当社に対し当該関係会社等への個人情報提供の停止を請求することができます。

 

5.個人情報に関するお問い合わせ

 

お客様の個人情報の開示・訂正・削除等に関するお問い合わせは、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

6、その他の事項

 

1. アクセス情報について

当サイトでは、より良いサービスをご提供させて頂くために、アクセスログ情報を取得する場合がございます。予めご了承下さい。アクセスログの取得はお客様の個人情報を特定することを目的としたものではありません。

 

2. クッキーについて

当サイトでは、より快適にご利用して頂くために、サイトの一部でクッキー (Cookie)を使用しております。クッキー及びIPアドレス情報については、それら単独では特定の個人を識別することができないため、個人情報とは考えておりません。なお、クッキー情報については、ブラウザの設定で拒否することが可能です。

※以下の内容に同意の上ご登録下さい

当社は、「良質な情報と教育を通して、人々の生活を向上させること」を企業理念とし、インターネットにおける書籍、デジタルコンテンツ教材等の販売、セミナー運営事業を行っております。当社はこのような事業活動を行う上で、個人情報を保護、管理することが重要であると認識するとともに、これが当社の社会的責任および責務であると考えております。そこで、当社は個人情報保護マネジメントシステムを構築すると共に、以下に掲げる個人情報保護方針(以下、本保護方針と呼ぶ)を制定し、個人情報保護に努めてまいります。

 

法令、規範の順守
当社は、個人情報に関する法令、国が定める指針その他規範を順守いたします。

 

個人情報の取得・利用・提供
当社は、個人情報を取得する際にはその利用目的を明確にし、利用目的の達成に必要な範囲内で取扱います。また、目的外利用を行わないための体制を構築し、当初の範囲を超えて取扱う場合には改めて本人の同意を得るなど規程に従った対応を行います。

 

個人情報の安全対策
当社は、個人情報の漏えい、滅失又はき損の防止及び是正に関して、必要かつ適切な安全対策を実施いたします。

 

苦情および相談について
当社は、個人情報の取扱いに関する苦情及び相談については、お客様相談窓口にて受け付け、また個人情報の開示等の求めにも、適切かつ迅速に対応いたします。

 

個人情報保護マネジメントシステムの継続的改善
当社は、適切な個人情報保護に関する規程、ルール、行動規範を定め、個人情報保護に関するマネジメントシステムを運用します。また、マネジメントシステムが適切に実施できているかを定期的に確認・監査・見直しを行うことにより、継続的に改善いたします。

 

寿コミュニケーションズ株式会社 代表電話番号
TEL:092-272-1187 FAX:092-292-6773

 

2.個人情報の取扱いについて

 

当社は、お客様から個人情報をご提供頂く場合、予め個人情報の利用目的を明示し、その利用目的の範囲内で利用します。予め明示した利用目的の範囲を超えて、お客様の個人情報を利用する必要が生じた場合は、お客様にその旨をご連絡し、お客様の同意を頂いた上で利用します。当社が保有する個人情報の利用目的は下記の通りです。

 

お客様に関する個人情報

 

ご注文された方の個人情報:サービス実施と商品納品およびメールマガジン配信のため

メールマガジン申込みされた方の個人情報:メールマガジン配信のため

無料ビデオ申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

無料ウェブセミナー申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

お問い合わせされた方の個人情報:お問い合わせに対する回答のため

アフィリエイターの個人情報:アフィリエイターへの連絡や報酬支払いのため

採用応募者・就労された方に関する個人情報

当社の採用に応募された方の個人情報:当社採用業務における応募者対応のため

当社に就労された方の個人情報:人事労務関連業務における従業者対応のため

 

3.個人情報の適正な取得

 

当社では、個人情報の取得は、適法かつ公正な手段で行います。

 

4.個人情報の提供

 

当社は、次の場合を除き、お客様の個人情報を第三者に開示または提供しません。

お客様の同意がある場合

法令に基づく場合

人の生命、身体又は財産の保護のために必要であって、お客様の同意を取ることが困難な場合

利用目的の達成に必要な範囲で、個人情報の取り扱いを委託する場合

合併、会社分割、営業譲渡その他の事由によって事業の承継が行われる場合

 

当社は、上記(1)に関わらず、お客様へのサービス提供、お問い合わせ等への対応に関して、当社の関係会社や代理店より対応させて頂くことが適切と判断される場合に、お客様の住所、氏名、電話番号等を当該関係会社等へ提供することがあります。この場合、お客様は当社に対し当該関係会社等への個人情報提供の停止を請求することができます。

 

5.個人情報に関するお問い合わせ

 

お客様の個人情報の開示・訂正・削除等に関するお問い合わせは、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

6、その他の事項

 

1. アクセス情報について

当サイトでは、より良いサービスをご提供させて頂くために、アクセスログ情報を取得する場合がございます。予めご了承下さい。アクセスログの取得はお客様の個人情報を特定することを目的としたものではありません。

 

2. クッキーについて

当サイトでは、より快適にご利用して頂くために、サイトの一部でクッキー (Cookie)を使用しております。クッキー及びIPアドレス情報については、それら単独では特定の個人を識別することができないため、個人情報とは考えておりません。なお、クッキー情報については、ブラウザの設定で拒否することが可能です。

 

ログカテゴリー一覧

 

筆者一覧

ボブ・バーグ

『THE GO-GIVER』著者
人材開発会社バーグ・コミュニケーションズ代表
経営コンサルタント

 

安永 周平

『THE GO-GIVER』公式サイト運営責任者
寿コミュニケーションズ㈱ 代表取締役

 

THE GO-GIVER SNS