ホーム > 心が先か? 行動が先か?

リーダーシップ

2019/05/27(月)

心が先か? 行動が先か?

 

FROM 安永周平

「悲しいから泣くのではなく、泣くから悲しい」

これはアメリカの心理学者ウィリアム・ジェームズとオランダの心理学者カール・ランゲの言葉です。たとえば、暗い顔をして下を向きながら楽しいことを考えるのは難しいですし、口角を上げて笑い、スキップをしながら嫌なことを考えるのも難しいでしょう。そう、人間の心と体は一貫しているため、逆のことはできないのです。

泣くという「行動」をするから、「心」が悲しくなる…つまりは行動が先にあって心があるのだと。だとしたら、僕らはこの事実を上手く利用することができます。つまり、気持ちが落ち込んでいる時は、下を向くのではなく頑張って上を向く。苦しい時は暗い顔をするのではなく、ちょっと無理してでも笑顔をつくる。そうすることで、嫌な気持ちを払拭できるのです。

心が先か? 行動が先か?

一方で、先のウィリアム・ジェームス氏はこんな言葉も残しています。自己啓発の世界ではよく耳にするので、あなたも聞いたことがあるかもしれませんが…

心が変われば行動が変わる。
行動が変われば習慣が変わる。
習慣が変われば運命が変わる。
運命が変われば人生が変わる。

という言葉です。最初の1行に注目してほしいのですが、この言葉は始まりが「心」です。さっきは行動が先だったのに、いったいどっちが正しいのか…という話です。これ、結論から言えばどちらも正しいのです。どちらも真なり、だからジェームス氏もこれらの言葉を残しているのでしょう。

ですから、私たちが器の大きな人間になろうと思うならば、心と行動の両方を変えていかなければいけません。心からアプローチする方法と、行動からアプローチする方法。これら両方を行うことで、プラスのスパイラルが生まれていくというわけです。

どっちから先にやればいいの?

で、そうなると疑問が出てくると思うんですが「じゃあどっちから先にやればいいの?」って話です。どちらも正しいならどちらからでもいい…というのが真実ではあるんですが、僕らとしてはやはり成功率を上げたいですよね(笑) なので、言い換えれば「どっちからやる方がカンタンなの?」という質問になるかと思います。

これについて、明確な答えはないのですが、個人的には「行動」の方が自分でコントロールしやすいので、行動から始めるほうがいいと思っています。「心を変えましょう」なんて言われても、具体的に何すりゃいいの?って感じですから。抽象的な方法って実行できないので、リアリストな方は困ってしまうと思います。そんな人は、行動から入る方が現実的に自分を変えられるはずです。

柔道の金メダリストから学ぶこと

バルセロナオリンピックの柔道で金メダルを取った古賀稔彦選手がこんなことを言っています。「柔道では、道場に入る時に礼をします。道場を出る時も同様です。また、試合でも最初に礼をして、終わった後も礼をします。”礼で始まり、礼で終わる”のです」と。しかし、最初は何のために礼をするのかが分からなかったそうです。ただ「礼をしなさい」と言われたからしていた、と。

しかし、何千回、何万回と礼をしているうちに、その礼をする意味が分かってきたと言います。何万回も礼をすることによって、礼の意味が分かるというのは、行動から心が変わるということに他なりません。まさに行動を変えることで心も変わったという好例です。たとえ意味が分からなかったとしても、行動は自分で変えることができますしね。

行動の前に「認識」を変えるのがオススメ

そして、もう1つオススメしたいことがあります。それは、行動を起こす前に「認識」を変えておくことです。先のように、本当の意味で「心」が変わるには時間がかかりますが、認識というのは学ぶことで変えることができます。そして、自分の行動を後押しするように認識を改めることは、長期的な継続を可能にしてくれます。

たとえば、青いレンズのメガネをかけていたら、世界は青く見えるでしょう。同じように「人を動かすには命令するしかない」という認識を持つようなメガネをかけていたら、地位や権力を振りかざして命令したり、ヒドい時は相手の人格を否定してしまったりします。しかし、人を動かす方法は命令するだけではありません。

リーダーが認識を間違うと最悪

事実、「命令なんかしなくても、人は喜んで協力してくれる」という人もいます。そして、こうした人がリーダーを務める組織は伸びます。組織にいる1人1人も人間です。彼ら彼女らが嫌々仕事をするより、喜んで協力してくれる方がいいに決まっています。仕事の質にも影響するでしょう。どちらがいい組織・チームになるかなんて考えなくても分かります。

まとめると、心を変えるのは時間がかかります。だから、まずは「認識」を変えて、そのうえで適切な行動を続けることが、自分も周りの人間も上手くいくようための近道だ思うのですが…いかがでしょうか? あなたはどう思いますか?

PS
特に、社長や管理職などリーダークラスの人たちは、この認識を持っておくかどうかでチームの業績は変わるでしょう。

伸びる会社のリーダーがやっている社員に動いてもらう秘訣

 

 

 

この記事の執筆者

安永 周平 Shuhei Yasunaga

1982年生まれ。福岡県出身。九州大学工学部卒(修士)。『THE GO-GIVER』日本公式サイトの運営責任者。

 

トヨタ自動車で4年間、生産技術のエンジニアとして勤めた後、ダイレクト出版へ入社してセールス&マーケティングの仕事に従事。3ヶ月後、グループ会社である経営科学出版の事業を任される。年商2億ほどで赤字だった事業部を1年で黒字化。1枚のセールスレターで2万人超の新規顧客を獲得した実績もあり、マネージャーとして事業部の年商7億円突破に貢献。

 

5年目に独立し、福岡で寿コミュニケーションズ株式会社を設立。現在、建設業を含む2社の経営に携わり営業チームの強化に当たる。ボブ・バーグの日本における独占ライセンシーとなり、当サイト『THE GO-GIVER』を通じて、営業、士業、中小零細企業の社長に役立つ教育事業を展開中。福岡在住。

 

 

 

※以下の内容に同意の上ご登録下さい

当社は、「良質な情報と教育を通して、人々の生活を向上させること」を企業理念とし、インターネットにおける書籍、デジタルコンテンツ教材等の販売、セミナー運営事業を行っております。当社はこのような事業活動を行う上で、個人情報を保護、管理することが重要であると認識するとともに、これが当社の社会的責任および責務であると考えております。そこで、当社は個人情報保護マネジメントシステムを構築すると共に、以下に掲げる個人情報保護方針(以下、本保護方針と呼ぶ)を制定し、個人情報保護に努めてまいります。

 

法令、規範の順守
当社は、個人情報に関する法令、国が定める指針その他規範を順守いたします。

 

個人情報の取得・利用・提供
当社は、個人情報を取得する際にはその利用目的を明確にし、利用目的の達成に必要な範囲内で取扱います。また、目的外利用を行わないための体制を構築し、当初の範囲を超えて取扱う場合には改めて本人の同意を得るなど規程に従った対応を行います。

 

個人情報の安全対策
当社は、個人情報の漏えい、滅失又はき損の防止及び是正に関して、必要かつ適切な安全対策を実施いたします。

 

苦情および相談について
当社は、個人情報の取扱いに関する苦情及び相談については、お客様相談窓口にて受け付け、また個人情報の開示等の求めにも、適切かつ迅速に対応いたします。

 

個人情報保護マネジメントシステムの継続的改善
当社は、適切な個人情報保護に関する規程、ルール、行動規範を定め、個人情報保護に関するマネジメントシステムを運用します。また、マネジメントシステムが適切に実施できているかを定期的に確認・監査・見直しを行うことにより、継続的に改善いたします。

 

寿コミュニケーションズ株式会社 代表電話番号
TEL:092-272-1187 FAX:092-292-6773

 

2.個人情報の取扱いについて

 

当社は、お客様から個人情報をご提供頂く場合、予め個人情報の利用目的を明示し、その利用目的の範囲内で利用します。予め明示した利用目的の範囲を超えて、お客様の個人情報を利用する必要が生じた場合は、お客様にその旨をご連絡し、お客様の同意を頂いた上で利用します。当社が保有する個人情報の利用目的は下記の通りです。

 

お客様に関する個人情報

 

ご注文された方の個人情報:サービス実施と商品納品およびメールマガジン配信のため

メールマガジン申込みされた方の個人情報:メールマガジン配信のため

無料ビデオ申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

無料ウェブセミナー申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

お問い合わせされた方の個人情報:お問い合わせに対する回答のため

アフィリエイターの個人情報:アフィリエイターへの連絡や報酬支払いのため

採用応募者・就労された方に関する個人情報

当社の採用に応募された方の個人情報:当社採用業務における応募者対応のため

当社に就労された方の個人情報:人事労務関連業務における従業者対応のため

 

3.個人情報の適正な取得

 

当社では、個人情報の取得は、適法かつ公正な手段で行います。

 

4.個人情報の提供

 

当社は、次の場合を除き、お客様の個人情報を第三者に開示または提供しません。

お客様の同意がある場合

法令に基づく場合

人の生命、身体又は財産の保護のために必要であって、お客様の同意を取ることが困難な場合

利用目的の達成に必要な範囲で、個人情報の取り扱いを委託する場合

合併、会社分割、営業譲渡その他の事由によって事業の承継が行われる場合

 

当社は、上記(1)に関わらず、お客様へのサービス提供、お問い合わせ等への対応に関して、当社の関係会社や代理店より対応させて頂くことが適切と判断される場合に、お客様の住所、氏名、電話番号等を当該関係会社等へ提供することがあります。この場合、お客様は当社に対し当該関係会社等への個人情報提供の停止を請求することができます。

 

5.個人情報に関するお問い合わせ

 

お客様の個人情報の開示・訂正・削除等に関するお問い合わせは、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

6、その他の事項

 

1. アクセス情報について

当サイトでは、より良いサービスをご提供させて頂くために、アクセスログ情報を取得する場合がございます。予めご了承下さい。アクセスログの取得はお客様の個人情報を特定することを目的としたものではありません。

 

2. クッキーについて

当サイトでは、より快適にご利用して頂くために、サイトの一部でクッキー (Cookie)を使用しております。クッキー及びIPアドレス情報については、それら単独では特定の個人を識別することができないため、個人情報とは考えておりません。なお、クッキー情報については、ブラウザの設定で拒否することが可能です。

※以下の内容に同意の上ご登録下さい

当社は、「良質な情報と教育を通して、人々の生活を向上させること」を企業理念とし、インターネットにおける書籍、デジタルコンテンツ教材等の販売、セミナー運営事業を行っております。当社はこのような事業活動を行う上で、個人情報を保護、管理することが重要であると認識するとともに、これが当社の社会的責任および責務であると考えております。そこで、当社は個人情報保護マネジメントシステムを構築すると共に、以下に掲げる個人情報保護方針(以下、本保護方針と呼ぶ)を制定し、個人情報保護に努めてまいります。

 

法令、規範の順守
当社は、個人情報に関する法令、国が定める指針その他規範を順守いたします。

 

個人情報の取得・利用・提供
当社は、個人情報を取得する際にはその利用目的を明確にし、利用目的の達成に必要な範囲内で取扱います。また、目的外利用を行わないための体制を構築し、当初の範囲を超えて取扱う場合には改めて本人の同意を得るなど規程に従った対応を行います。

 

個人情報の安全対策
当社は、個人情報の漏えい、滅失又はき損の防止及び是正に関して、必要かつ適切な安全対策を実施いたします。

 

苦情および相談について
当社は、個人情報の取扱いに関する苦情及び相談については、お客様相談窓口にて受け付け、また個人情報の開示等の求めにも、適切かつ迅速に対応いたします。

 

個人情報保護マネジメントシステムの継続的改善
当社は、適切な個人情報保護に関する規程、ルール、行動規範を定め、個人情報保護に関するマネジメントシステムを運用します。また、マネジメントシステムが適切に実施できているかを定期的に確認・監査・見直しを行うことにより、継続的に改善いたします。

 

寿コミュニケーションズ株式会社 代表電話番号
TEL:092-272-1187 FAX:092-292-6773

 

2.個人情報の取扱いについて

 

当社は、お客様から個人情報をご提供頂く場合、予め個人情報の利用目的を明示し、その利用目的の範囲内で利用します。予め明示した利用目的の範囲を超えて、お客様の個人情報を利用する必要が生じた場合は、お客様にその旨をご連絡し、お客様の同意を頂いた上で利用します。当社が保有する個人情報の利用目的は下記の通りです。

 

お客様に関する個人情報

 

ご注文された方の個人情報:サービス実施と商品納品およびメールマガジン配信のため

メールマガジン申込みされた方の個人情報:メールマガジン配信のため

無料ビデオ申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

無料ウェブセミナー申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

お問い合わせされた方の個人情報:お問い合わせに対する回答のため

アフィリエイターの個人情報:アフィリエイターへの連絡や報酬支払いのため

採用応募者・就労された方に関する個人情報

当社の採用に応募された方の個人情報:当社採用業務における応募者対応のため

当社に就労された方の個人情報:人事労務関連業務における従業者対応のため

 

3.個人情報の適正な取得

 

当社では、個人情報の取得は、適法かつ公正な手段で行います。

 

4.個人情報の提供

 

当社は、次の場合を除き、お客様の個人情報を第三者に開示または提供しません。

お客様の同意がある場合

法令に基づく場合

人の生命、身体又は財産の保護のために必要であって、お客様の同意を取ることが困難な場合

利用目的の達成に必要な範囲で、個人情報の取り扱いを委託する場合

合併、会社分割、営業譲渡その他の事由によって事業の承継が行われる場合

 

当社は、上記(1)に関わらず、お客様へのサービス提供、お問い合わせ等への対応に関して、当社の関係会社や代理店より対応させて頂くことが適切と判断される場合に、お客様の住所、氏名、電話番号等を当該関係会社等へ提供することがあります。この場合、お客様は当社に対し当該関係会社等への個人情報提供の停止を請求することができます。

 

5.個人情報に関するお問い合わせ

 

お客様の個人情報の開示・訂正・削除等に関するお問い合わせは、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

6、その他の事項

 

1. アクセス情報について

当サイトでは、より良いサービスをご提供させて頂くために、アクセスログ情報を取得する場合がございます。予めご了承下さい。アクセスログの取得はお客様の個人情報を特定することを目的としたものではありません。

 

2. クッキーについて

当サイトでは、より快適にご利用して頂くために、サイトの一部でクッキー (Cookie)を使用しております。クッキー及びIPアドレス情報については、それら単独では特定の個人を識別することができないため、個人情報とは考えておりません。なお、クッキー情報については、ブラウザの設定で拒否することが可能です。

 

ログカテゴリー一覧

 

筆者一覧

ボブ・バーグ

『THE GO-GIVER』著者
人材開発会社バーグ・コミュニケーションズ代表
経営コンサルタント

 

安永 周平

『THE GO-GIVER』公式サイト運営責任者
寿コミュニケーションズ㈱ 代表取締役

 

THE GO-GIVER SNS