ホーム > タイガー・ウッズが勝つ理由

営業・紹介

2019/05/31(金)

タイガー・ウッズが勝つ理由

 

FROM 安永周平

先月、タイガー・ウッズ選手がマスターズを制し、11年ぶりのメジャー通算15勝目を挙げて完全復活したことは記憶に新しいでしょう。優勝セレモニーで「取り乱すことなく、自分のゴルフに集中できた。カムバックを果たし、マスターズで優勝できた。息子が喜んでくれ、父親としての役割を果たせた。自分にとって最高なことだ」と語った時、なんだか人間らしさを感じられ、心から祝福したい気持ちになったものです。

タイガー・ウッズが勝ち続ける理由

一時期は戦列を離れ、長きに渡る苦しい時期も経験したウッズ選手ですが、彼の強さを支えているのは強力な”意志”だそうです。彼は、プロ転向前に3つのアマチュア選手権を勝ち取りました。3つ目の大会で彼に破れたプレーヤーは「残り9ホールで5打リードしていても、勝てる気がしなかった」と言っていました。それほど、ウッズ選手の意志のパワーは強力だったのだと。

ウッズ選手は絶大な自信を持ち、近年のアマチュアゴルフサーキット、いや過去最高に世を騒がせた傑物でした。その威風堂々たる振る舞いは、自身初のメジャートーナメント制覇の際も健在でした。その3ヶ月後、名のあるベテラン選手にサドンデスで敗れた時でさえ「僕は常に勝つことを想定し、常にショットが狙い通りの地点に行くことを想定しているんです」と言っています。それが、世間から自惚れだと言われたところで、結果はあなたもご存知のとおりです。

勝者は勝利を確信している

全米でベストセラーとなった『仕事はゲームだ』の著者、チャールズ・A・クーンラット氏によれば、ウッズ選手をはじめ、勝利を手にし続ける人というのは常に”勝利を確信している”と言います。まさに「勝つべくして勝つ」を体現しているわけですね。一方で、敗者は優柔不断、消極的になりがちです。ネガティブな思考は、勝利を目指す姿勢とは真逆で、僕らにとって最も破滅的な力を持っています。それは邪悪な力であり、僕らから良い感性を奪い去ってしまいます。

かつて、チャールズ氏は部下のリチャードに、電話で商談のアポを取る仕事を与えたことがありました。すると、ある日の午後4時頃、彼が泣きついてきました。チャールズ氏が「どうしたんだね?」と尋ねると、彼は「あの…どうやって秘書たちをやり過ごしたらいいんでしょうか?」と言いました。この言葉の意味、あなたは分かりますか?以下、この会話の続きです(※チャールズ氏:チ、リチャード氏:リ)

「上手くいかない」は本当か?

チ「どういうことだね?」

リ「だって、誰1人としてボスに取り次いでくれないんですよ」

チ「とにかく、経緯を聞かせてくれ」

リ「20社にかけました。うち14社がボスは不在だと」

チ「残りの6社はどうしたんだ?」

リ「2社のボスとアポが取れて、2社からは折返し電話すると言われました」

チ「あとの2社は?」

リ「1社のボスは電話中に用事ができたと。えーと、もう1社は秘書が……」

負けてないのに負けた気でいる

これ、分かりますかね?(笑) つまり、リチャード氏は20社のうち1社で秘書からボスに取り次いでもらえなかっただけで、1日の仕事が全て上手くいかなかったような気になってしまったのです。7割にあたる14社は、彼を門前払いをしたわけではありません。単にボスが不在だっただけです(※まぁ居留守を使われた可能性もありますが)。そう、全然負けていないのに、すっかり負けた気でいるんです。

実際、ネガティブな状況って、感情的にはインパクトが大きいものです。たとえば、たった1件のハードなクレームに遭うと、多くのお客さんが不満に思っているかのように感じてしまうもの。ですから「この商品、売るべきじゃないのかな…」なんて思ってしまうこともあるかもしれません。メンタルが消耗し、思考がどんどん悪循環になることもあるでしょう。

しかし、実はそんなクレームを言うお客さんは100人に1人で、残りの99人のお客さんはとても満足してくれているかもしれません。それなのに、その商品を売るのを止めてしまったら…99%の人が喜ぶ商品が世の中から消えてしまうことになります。それは本当にいいことでしょうか? そんなわけありませんよね。その状況は、冷静に判断する必要があります。何より「感情的になっている時に意思決定をしてはいけない」のはビジネスの鉄則です。

グラスに水が半分…多い?少ない?

勝ち続ける人は、飲みかけのグラスを見て「もう半分しかない」とは考えず、「まだ半分残っている」と考えます。勝者は前向きにチャンスを窺い、敗者はネガティブな思考になりがちです。同じ事実に対して、どのように解釈するかで結果も違ってきます。精神論かもしれませんが、現に結果が変わったケースはいくらでもあるのです。

アポを取るのにも、商談で契約をもらうのにも、こうした解釈やマインドは結果を大きく左右するでしょう。「根拠なき自信」なんてよく言いますが、解釈を変えるだけでも自信は増すものです。意外とあなたは、勝てる要素を既に持っているのかもしれませんよ。次の商談に望む前に、ぜひこのことを思い出してみてくださいね。

PS
クロージングに自信がない人も、実は既に契約をもらえる要素を満たしているのかもしれません。詳細はぜひコチラを確認してみてください。

クロージングにおける意外な調査結果が判明

 

 

 

この記事の執筆者

安永 周平 Shuhei Yasunaga

1982年生まれ。福岡県出身。九州大学工学部卒(修士)。『THE GO-GIVER』日本公式サイトの運営責任者。

 

トヨタ自動車で4年間、生産技術のエンジニアとして勤めた後、ダイレクト出版へ入社してセールス&マーケティングの仕事に従事。3ヶ月後、グループ会社である経営科学出版の事業を任される。年商2億ほどで赤字だった事業部を1年で黒字化。1枚のセールスレターで2万人超の新規顧客を獲得した実績もあり、マネージャーとして事業部の年商7億円突破に貢献。

 

5年目に独立し、福岡で寿コミュニケーションズ株式会社を設立。現在、建設業を含む2社の経営に携わり営業チームの強化に当たる。ボブ・バーグの日本における独占ライセンシーとなり、当サイト『THE GO-GIVER』を通じて、営業、士業、中小零細企業の社長に役立つ教育事業を展開中。福岡在住。

 

 

 

※以下の内容に同意の上ご登録下さい

当社は、「良質な情報と教育を通して、人々の生活を向上させること」を企業理念とし、インターネットにおける書籍、デジタルコンテンツ教材等の販売、セミナー運営事業を行っております。当社はこのような事業活動を行う上で、個人情報を保護、管理することが重要であると認識するとともに、これが当社の社会的責任および責務であると考えております。そこで、当社は個人情報保護マネジメントシステムを構築すると共に、以下に掲げる個人情報保護方針(以下、本保護方針と呼ぶ)を制定し、個人情報保護に努めてまいります。

 

法令、規範の順守
当社は、個人情報に関する法令、国が定める指針その他規範を順守いたします。

 

個人情報の取得・利用・提供
当社は、個人情報を取得する際にはその利用目的を明確にし、利用目的の達成に必要な範囲内で取扱います。また、目的外利用を行わないための体制を構築し、当初の範囲を超えて取扱う場合には改めて本人の同意を得るなど規程に従った対応を行います。

 

個人情報の安全対策
当社は、個人情報の漏えい、滅失又はき損の防止及び是正に関して、必要かつ適切な安全対策を実施いたします。

 

苦情および相談について
当社は、個人情報の取扱いに関する苦情及び相談については、お客様相談窓口にて受け付け、また個人情報の開示等の求めにも、適切かつ迅速に対応いたします。

 

個人情報保護マネジメントシステムの継続的改善
当社は、適切な個人情報保護に関する規程、ルール、行動規範を定め、個人情報保護に関するマネジメントシステムを運用します。また、マネジメントシステムが適切に実施できているかを定期的に確認・監査・見直しを行うことにより、継続的に改善いたします。

 

寿コミュニケーションズ株式会社 代表電話番号
TEL:092-272-1187 FAX:092-292-6773

 

2.個人情報の取扱いについて

 

当社は、お客様から個人情報をご提供頂く場合、予め個人情報の利用目的を明示し、その利用目的の範囲内で利用します。予め明示した利用目的の範囲を超えて、お客様の個人情報を利用する必要が生じた場合は、お客様にその旨をご連絡し、お客様の同意を頂いた上で利用します。当社が保有する個人情報の利用目的は下記の通りです。

 

お客様に関する個人情報

 

ご注文された方の個人情報:サービス実施と商品納品およびメールマガジン配信のため

メールマガジン申込みされた方の個人情報:メールマガジン配信のため

無料ビデオ申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

無料ウェブセミナー申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

お問い合わせされた方の個人情報:お問い合わせに対する回答のため

アフィリエイターの個人情報:アフィリエイターへの連絡や報酬支払いのため

採用応募者・就労された方に関する個人情報

当社の採用に応募された方の個人情報:当社採用業務における応募者対応のため

当社に就労された方の個人情報:人事労務関連業務における従業者対応のため

 

3.個人情報の適正な取得

 

当社では、個人情報の取得は、適法かつ公正な手段で行います。

 

4.個人情報の提供

 

当社は、次の場合を除き、お客様の個人情報を第三者に開示または提供しません。

お客様の同意がある場合

法令に基づく場合

人の生命、身体又は財産の保護のために必要であって、お客様の同意を取ることが困難な場合

利用目的の達成に必要な範囲で、個人情報の取り扱いを委託する場合

合併、会社分割、営業譲渡その他の事由によって事業の承継が行われる場合

 

当社は、上記(1)に関わらず、お客様へのサービス提供、お問い合わせ等への対応に関して、当社の関係会社や代理店より対応させて頂くことが適切と判断される場合に、お客様の住所、氏名、電話番号等を当該関係会社等へ提供することがあります。この場合、お客様は当社に対し当該関係会社等への個人情報提供の停止を請求することができます。

 

5.個人情報に関するお問い合わせ

 

お客様の個人情報の開示・訂正・削除等に関するお問い合わせは、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

6、その他の事項

 

1. アクセス情報について

当サイトでは、より良いサービスをご提供させて頂くために、アクセスログ情報を取得する場合がございます。予めご了承下さい。アクセスログの取得はお客様の個人情報を特定することを目的としたものではありません。

 

2. クッキーについて

当サイトでは、より快適にご利用して頂くために、サイトの一部でクッキー (Cookie)を使用しております。クッキー及びIPアドレス情報については、それら単独では特定の個人を識別することができないため、個人情報とは考えておりません。なお、クッキー情報については、ブラウザの設定で拒否することが可能です。

※以下の内容に同意の上ご登録下さい

当社は、「良質な情報と教育を通して、人々の生活を向上させること」を企業理念とし、インターネットにおける書籍、デジタルコンテンツ教材等の販売、セミナー運営事業を行っております。当社はこのような事業活動を行う上で、個人情報を保護、管理することが重要であると認識するとともに、これが当社の社会的責任および責務であると考えております。そこで、当社は個人情報保護マネジメントシステムを構築すると共に、以下に掲げる個人情報保護方針(以下、本保護方針と呼ぶ)を制定し、個人情報保護に努めてまいります。

 

法令、規範の順守
当社は、個人情報に関する法令、国が定める指針その他規範を順守いたします。

 

個人情報の取得・利用・提供
当社は、個人情報を取得する際にはその利用目的を明確にし、利用目的の達成に必要な範囲内で取扱います。また、目的外利用を行わないための体制を構築し、当初の範囲を超えて取扱う場合には改めて本人の同意を得るなど規程に従った対応を行います。

 

個人情報の安全対策
当社は、個人情報の漏えい、滅失又はき損の防止及び是正に関して、必要かつ適切な安全対策を実施いたします。

 

苦情および相談について
当社は、個人情報の取扱いに関する苦情及び相談については、お客様相談窓口にて受け付け、また個人情報の開示等の求めにも、適切かつ迅速に対応いたします。

 

個人情報保護マネジメントシステムの継続的改善
当社は、適切な個人情報保護に関する規程、ルール、行動規範を定め、個人情報保護に関するマネジメントシステムを運用します。また、マネジメントシステムが適切に実施できているかを定期的に確認・監査・見直しを行うことにより、継続的に改善いたします。

 

寿コミュニケーションズ株式会社 代表電話番号
TEL:092-272-1187 FAX:092-292-6773

 

2.個人情報の取扱いについて

 

当社は、お客様から個人情報をご提供頂く場合、予め個人情報の利用目的を明示し、その利用目的の範囲内で利用します。予め明示した利用目的の範囲を超えて、お客様の個人情報を利用する必要が生じた場合は、お客様にその旨をご連絡し、お客様の同意を頂いた上で利用します。当社が保有する個人情報の利用目的は下記の通りです。

 

お客様に関する個人情報

 

ご注文された方の個人情報:サービス実施と商品納品およびメールマガジン配信のため

メールマガジン申込みされた方の個人情報:メールマガジン配信のため

無料ビデオ申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

無料ウェブセミナー申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

お問い合わせされた方の個人情報:お問い合わせに対する回答のため

アフィリエイターの個人情報:アフィリエイターへの連絡や報酬支払いのため

採用応募者・就労された方に関する個人情報

当社の採用に応募された方の個人情報:当社採用業務における応募者対応のため

当社に就労された方の個人情報:人事労務関連業務における従業者対応のため

 

3.個人情報の適正な取得

 

当社では、個人情報の取得は、適法かつ公正な手段で行います。

 

4.個人情報の提供

 

当社は、次の場合を除き、お客様の個人情報を第三者に開示または提供しません。

お客様の同意がある場合

法令に基づく場合

人の生命、身体又は財産の保護のために必要であって、お客様の同意を取ることが困難な場合

利用目的の達成に必要な範囲で、個人情報の取り扱いを委託する場合

合併、会社分割、営業譲渡その他の事由によって事業の承継が行われる場合

 

当社は、上記(1)に関わらず、お客様へのサービス提供、お問い合わせ等への対応に関して、当社の関係会社や代理店より対応させて頂くことが適切と判断される場合に、お客様の住所、氏名、電話番号等を当該関係会社等へ提供することがあります。この場合、お客様は当社に対し当該関係会社等への個人情報提供の停止を請求することができます。

 

5.個人情報に関するお問い合わせ

 

お客様の個人情報の開示・訂正・削除等に関するお問い合わせは、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

6、その他の事項

 

1. アクセス情報について

当サイトでは、より良いサービスをご提供させて頂くために、アクセスログ情報を取得する場合がございます。予めご了承下さい。アクセスログの取得はお客様の個人情報を特定することを目的としたものではありません。

 

2. クッキーについて

当サイトでは、より快適にご利用して頂くために、サイトの一部でクッキー (Cookie)を使用しております。クッキー及びIPアドレス情報については、それら単独では特定の個人を識別することができないため、個人情報とは考えておりません。なお、クッキー情報については、ブラウザの設定で拒否することが可能です。

 

ログカテゴリー一覧

 

筆者一覧

ボブ・バーグ

『THE GO-GIVER』著者
人材開発会社バーグ・コミュニケーションズ代表
経営コンサルタント

 

安永 周平

『THE GO-GIVER』公式サイト運営責任者
寿コミュニケーションズ㈱ 代表取締役

 

THE GO-GIVER SNS