ホーム > 米国大企業の社長昇格テスト

人間心理

2019/09/11(水)

米国大企業の社長昇格テスト

 

FROM 安永周平

先日、お世話になっている社長から「人間関係の秘伝の書」として1冊の本を貸してもらいました。端の方が日焼けして紙の色が変わっており…まさに秘伝の書オーラが満載の1冊です。初版は1982年、僕が生まれた年なんで、なんと37年前の書籍です。しかし、今の時代にこそ必要だと思われる内容がたくさん書いてありとても勉強になります。たとえば…

アメリカ巨大企業の社長昇格テスト

1つ面白い話がありまして米国の巨大企業と言われるような会社では、社長になるためにテストがあるそうです。たとえば、GM(ゼネラル・モーターズ社)とかGE(ゼネラル・エレクトリック社)など…誰もが知っているような会社です。世界経済を動かすような会社の頂点に立つ人だから、さぞかし難解な経営戦略の内容じゃないかと思いませんか?

ところが、実際は、たとえば「シェークスピア」の本を1冊渡されるだけなんだそうです。『ハムレット』『リア王』『マクベス』『真夏の夜の夢』といった作品群の中から、社長候補に1冊が渡されます。それを読んでレポートを書くんです。経済学も政治学も未来論も出ません。16世紀に書かれた古典を1冊読んでレポートを提出するだけです。やろうと思えば誰にでもできる内容ですよね。

このテストの狙いはいったい何か?

では、このテストの狙いはどこにあるのでしょうか? 勘のいいあなたはお気付きかもしれませんが、それは人間関係なんです。「この本の中に登場する人物たちの心も理解できないようでは、数十人、数百人、数千人、数万人の社員の心を理解することはできないだろう…果たして君にできるだろうか?」というのを試すそうです。

規模に関係なく、会社経営の根幹は「人間理解」にあるということを欧米の企業は忠実に守り抜いています。先の秘伝の書『気くばりのすすめ』で著者の鈴木健二さんがそのように言っています。そして、日本の企業では、どうもこの点が心許ない気がする…とも言っています。どうも自分の利益になることばかりに目がいっていしまっているように思えてならないのだと。

ビジネスマンの特徴、日米の違い…

というのも、先の鈴木さんは、様々な分野のビジネスマンから相談を受けることがあったそうで、面白いことに、その質問が日米間で傾向が分かれるそうです。たとえば、日本のビジネスマンは…

「鈴木さん、いったいどんなしゃべり方をすれば、お客は私の会社の商品を買う気になるんでしょう。1つコツを教えていただけませんか?」

といった質問をするそうです。つまり、商品を売る、金を儲けることに常に照準が合わされているんですね。これに対して米国や西欧のビジネスマンはというと…

「ミスター鈴木、何と言ったら日本人は私と握手してくれますか? それを教えてください。」

と聞くのだそうです。商売よりも、まず相手と心を通わせることを優先しているのがわかりますね。誤解しないでいただきたいのですが、日本人がダメ…と言っているわけではありません。しかし、この話に関しては米国や西欧のビジネスマンの方が賢明ではないでしょうか?

人間関係が全ての前提となる

最終的には商品を売るという同じ目的があるにしても、本当の商売とは人間と人間の結びつきを前提にしなければならないからです。そして、これは営業だけの話ではありません。社内のコミュニケーションでも同じことが言えるでしょう。あなたが管理職や経営幹部の立場にいるなら、これは本当に大切なことだと思います。

部下に、あるいは同僚に仕事を頼む時、人間と人間の結びつき…つまりは信頼関係がなければ、気持ちよく仕事をしてもらえることはありません。どんなに正論だろうと、嫌いな人間の言うことは聞きたくないものです。「給料もらってんだからやれよ」「仕事ナメてんのか」と言ってやらせることもできるでしょうけど、それは健全な関係だとは思えません。

人間の心を無視するとどうなるか?

会社経営はもちろん、マネジメントも人の心を無視してできるわけがありません。僕らが相手にしているのはロボットではなく人間です。血の通った人間であり、誰もが自分を大切に扱ってほしいと思っているわけです。これが分からない人は、どんなに仕事が速くても、どんなに専門技術が高くても…信頼関係に基づいた仕事をすることができないでしょう。

恥ずかしながら、僕はこれが分からないままマネージャーをしていた経験がありまして。そりゃもうヒドい状態でした。僕が言うことに、ことあるごとに反論してくる部下…当時は彼ら彼女らに「どうしたら言うことを聞かせられるか」を考えていたんですが、それがそもそもの間違いだったんですよね。

冒頭の「人間関係の秘伝の書」を読んでみて、改めて僕は大きな間違いを犯していたことがわかりました。今思うと本当に恥ずかしい限りなのですが…もしあなたが「部下が使えない」「仕事を任せられる人間がいない」といった悩みを持っているのなら、もしかすると僕の失敗談が役立つかも(苦笑)よろしければ参考にしてみてくださいね。

最低のマネージャーだった安永の話

 

 

 

この記事の執筆者

安永 周平 Shuhei Yasunaga

1982年生まれ。福岡県出身。九州大学工学部卒(修士)。『THE GO-GIVER』日本公式サイトの運営責任者。

 

トヨタ自動車で4年間、生産技術のエンジニアとして勤めた後、ダイレクト出版へ入社してセールス&マーケティングの仕事に従事。3ヶ月後、グループ会社である経営科学出版の事業を任される。年商2億ほどで赤字だった事業部を1年で黒字化。1枚のセールスレターで2万人超の新規顧客を獲得した実績もあり、マネージャーとして事業部の年商7億円突破に貢献。

 

5年目に独立し、福岡で寿コミュニケーションズ株式会社を設立。現在、建設業を含む2社の経営に携わり営業チームの強化に当たる。ボブ・バーグの日本における独占ライセンシーとなり、当サイト『THE GO-GIVER』を通じて、営業、士業、中小零細企業の社長に役立つ教育事業を展開中。福岡在住。

 

 

 

※以下の内容に同意の上ご登録下さい

当社は、「良質な情報と教育を通して、人々の生活を向上させること」を企業理念とし、インターネットにおける書籍、デジタルコンテンツ教材等の販売、セミナー運営事業を行っております。当社はこのような事業活動を行う上で、個人情報を保護、管理することが重要であると認識するとともに、これが当社の社会的責任および責務であると考えております。そこで、当社は個人情報保護マネジメントシステムを構築すると共に、以下に掲げる個人情報保護方針(以下、本保護方針と呼ぶ)を制定し、個人情報保護に努めてまいります。

 

法令、規範の順守
当社は、個人情報に関する法令、国が定める指針その他規範を順守いたします。

 

個人情報の取得・利用・提供
当社は、個人情報を取得する際にはその利用目的を明確にし、利用目的の達成に必要な範囲内で取扱います。また、目的外利用を行わないための体制を構築し、当初の範囲を超えて取扱う場合には改めて本人の同意を得るなど規程に従った対応を行います。

 

個人情報の安全対策
当社は、個人情報の漏えい、滅失又はき損の防止及び是正に関して、必要かつ適切な安全対策を実施いたします。

 

苦情および相談について
当社は、個人情報の取扱いに関する苦情及び相談については、お客様相談窓口にて受け付け、また個人情報の開示等の求めにも、適切かつ迅速に対応いたします。

 

個人情報保護マネジメントシステムの継続的改善
当社は、適切な個人情報保護に関する規程、ルール、行動規範を定め、個人情報保護に関するマネジメントシステムを運用します。また、マネジメントシステムが適切に実施できているかを定期的に確認・監査・見直しを行うことにより、継続的に改善いたします。

 

寿コミュニケーションズ株式会社 代表電話番号
TEL:092-272-1187 FAX:092-292-6773

 

2.個人情報の取扱いについて

 

当社は、お客様から個人情報をご提供頂く場合、予め個人情報の利用目的を明示し、その利用目的の範囲内で利用します。予め明示した利用目的の範囲を超えて、お客様の個人情報を利用する必要が生じた場合は、お客様にその旨をご連絡し、お客様の同意を頂いた上で利用します。当社が保有する個人情報の利用目的は下記の通りです。

 

お客様に関する個人情報

 

ご注文された方の個人情報:サービス実施と商品納品およびメールマガジン配信のため

メールマガジン申込みされた方の個人情報:メールマガジン配信のため

無料ビデオ申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

無料ウェブセミナー申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

お問い合わせされた方の個人情報:お問い合わせに対する回答のため

アフィリエイターの個人情報:アフィリエイターへの連絡や報酬支払いのため

採用応募者・就労された方に関する個人情報

当社の採用に応募された方の個人情報:当社採用業務における応募者対応のため

当社に就労された方の個人情報:人事労務関連業務における従業者対応のため

 

3.個人情報の適正な取得

 

当社では、個人情報の取得は、適法かつ公正な手段で行います。

 

4.個人情報の提供

 

当社は、次の場合を除き、お客様の個人情報を第三者に開示または提供しません。

お客様の同意がある場合

法令に基づく場合

人の生命、身体又は財産の保護のために必要であって、お客様の同意を取ることが困難な場合

利用目的の達成に必要な範囲で、個人情報の取り扱いを委託する場合

合併、会社分割、営業譲渡その他の事由によって事業の承継が行われる場合

 

当社は、上記(1)に関わらず、お客様へのサービス提供、お問い合わせ等への対応に関して、当社の関係会社や代理店より対応させて頂くことが適切と判断される場合に、お客様の住所、氏名、電話番号等を当該関係会社等へ提供することがあります。この場合、お客様は当社に対し当該関係会社等への個人情報提供の停止を請求することができます。

 

5.個人情報に関するお問い合わせ

 

お客様の個人情報の開示・訂正・削除等に関するお問い合わせは、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

6、その他の事項

 

1. アクセス情報について

当サイトでは、より良いサービスをご提供させて頂くために、アクセスログ情報を取得する場合がございます。予めご了承下さい。アクセスログの取得はお客様の個人情報を特定することを目的としたものではありません。

 

2. クッキーについて

当サイトでは、より快適にご利用して頂くために、サイトの一部でクッキー (Cookie)を使用しております。クッキー及びIPアドレス情報については、それら単独では特定の個人を識別することができないため、個人情報とは考えておりません。なお、クッキー情報については、ブラウザの設定で拒否することが可能です。

※以下の内容に同意の上ご登録下さい

当社は、「良質な情報と教育を通して、人々の生活を向上させること」を企業理念とし、インターネットにおける書籍、デジタルコンテンツ教材等の販売、セミナー運営事業を行っております。当社はこのような事業活動を行う上で、個人情報を保護、管理することが重要であると認識するとともに、これが当社の社会的責任および責務であると考えております。そこで、当社は個人情報保護マネジメントシステムを構築すると共に、以下に掲げる個人情報保護方針(以下、本保護方針と呼ぶ)を制定し、個人情報保護に努めてまいります。

 

法令、規範の順守
当社は、個人情報に関する法令、国が定める指針その他規範を順守いたします。

 

個人情報の取得・利用・提供
当社は、個人情報を取得する際にはその利用目的を明確にし、利用目的の達成に必要な範囲内で取扱います。また、目的外利用を行わないための体制を構築し、当初の範囲を超えて取扱う場合には改めて本人の同意を得るなど規程に従った対応を行います。

 

個人情報の安全対策
当社は、個人情報の漏えい、滅失又はき損の防止及び是正に関して、必要かつ適切な安全対策を実施いたします。

 

苦情および相談について
当社は、個人情報の取扱いに関する苦情及び相談については、お客様相談窓口にて受け付け、また個人情報の開示等の求めにも、適切かつ迅速に対応いたします。

 

個人情報保護マネジメントシステムの継続的改善
当社は、適切な個人情報保護に関する規程、ルール、行動規範を定め、個人情報保護に関するマネジメントシステムを運用します。また、マネジメントシステムが適切に実施できているかを定期的に確認・監査・見直しを行うことにより、継続的に改善いたします。

 

寿コミュニケーションズ株式会社 代表電話番号
TEL:092-272-1187 FAX:092-292-6773

 

2.個人情報の取扱いについて

 

当社は、お客様から個人情報をご提供頂く場合、予め個人情報の利用目的を明示し、その利用目的の範囲内で利用します。予め明示した利用目的の範囲を超えて、お客様の個人情報を利用する必要が生じた場合は、お客様にその旨をご連絡し、お客様の同意を頂いた上で利用します。当社が保有する個人情報の利用目的は下記の通りです。

 

お客様に関する個人情報

 

ご注文された方の個人情報:サービス実施と商品納品およびメールマガジン配信のため

メールマガジン申込みされた方の個人情報:メールマガジン配信のため

無料ビデオ申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

無料ウェブセミナー申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

お問い合わせされた方の個人情報:お問い合わせに対する回答のため

アフィリエイターの個人情報:アフィリエイターへの連絡や報酬支払いのため

採用応募者・就労された方に関する個人情報

当社の採用に応募された方の個人情報:当社採用業務における応募者対応のため

当社に就労された方の個人情報:人事労務関連業務における従業者対応のため

 

3.個人情報の適正な取得

 

当社では、個人情報の取得は、適法かつ公正な手段で行います。

 

4.個人情報の提供

 

当社は、次の場合を除き、お客様の個人情報を第三者に開示または提供しません。

お客様の同意がある場合

法令に基づく場合

人の生命、身体又は財産の保護のために必要であって、お客様の同意を取ることが困難な場合

利用目的の達成に必要な範囲で、個人情報の取り扱いを委託する場合

合併、会社分割、営業譲渡その他の事由によって事業の承継が行われる場合

 

当社は、上記(1)に関わらず、お客様へのサービス提供、お問い合わせ等への対応に関して、当社の関係会社や代理店より対応させて頂くことが適切と判断される場合に、お客様の住所、氏名、電話番号等を当該関係会社等へ提供することがあります。この場合、お客様は当社に対し当該関係会社等への個人情報提供の停止を請求することができます。

 

5.個人情報に関するお問い合わせ

 

お客様の個人情報の開示・訂正・削除等に関するお問い合わせは、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

6、その他の事項

 

1. アクセス情報について

当サイトでは、より良いサービスをご提供させて頂くために、アクセスログ情報を取得する場合がございます。予めご了承下さい。アクセスログの取得はお客様の個人情報を特定することを目的としたものではありません。

 

2. クッキーについて

当サイトでは、より快適にご利用して頂くために、サイトの一部でクッキー (Cookie)を使用しております。クッキー及びIPアドレス情報については、それら単独では特定の個人を識別することができないため、個人情報とは考えておりません。なお、クッキー情報については、ブラウザの設定で拒否することが可能です。

 

ログカテゴリー一覧

 

筆者一覧

ボブ・バーグ

『THE GO-GIVER』著者
人材開発会社バーグ・コミュニケーションズ代表
経営コンサルタント

 

安永 周平

『THE GO-GIVER』公式サイト運営責任者
寿コミュニケーションズ㈱ 代表取締役

 

THE GO-GIVER SNS