ホーム > 絶対に嫌われない聴き方、話し方

人間心理

2021/04/28(水)

絶対に嫌われない聴き方、話し方

 

FROM:河合克仁

おはようございます!実は二人目の子ども(娘)が現在妻のお腹の中にいまして。来月出産予定なんです。^^できるだけママがリラックスできるようにしよう!と娘(小3)の娘のプールやそろばんの送り迎えを僕が担当しながらも、待ち時間はカフェで仕事やオンラインミーティングをしたり、いつの間にか選手コースで激しく泳いでいる娘の姿を見たりする時間を過ごしています。

”育児をするから、仕事を早く切り上げる”のではなく、工夫次第では、&(アンド)でできることはあるんだな〜と感じる日々です。もちろん、大変なことも山ほどありますが、コロナで新たな気づきをもらえたことの一つ、に感謝する日々です。コロナに関しては、1日も早い収束を祈りつつ、様々な状況を考慮して、最悪な状態は避けられるような事前準備をするしかない日々ですね。

本当に話し方が9割なのか?

コミュニケーションにおける悩みに応える、伝え方や話し方の本はたくさん出版されています。ヒットすると大ベストセラー!それだけ、話し方や伝え方を良くしたい!と願い努力される方が多いことも事実ですよね。

しかし、話し方を磨けばコミュニケーションがうまくいくのか。その答えは、半分は共感しますが、半分は違います。それは、話し方よりも聴き方の工夫の方が即効性のあるコミュニケーション力アップなのでは。これが、僕の持論です。

聴き過ぎる失敗は絶対にない

会話は基本、話し過ぎないように意識します。100伝えるよりも、3伝えて、その3つの中で相手が一番関心があることを質問できる余白を残します。そして、相手がその3つから一つを選んでから、また更に会話をはじめる。

すると、話を聞かされている、のではなく、自分が選んだことに関して、(相手が自分に)話をしてくれているという感覚に変わるでしょう。それを繰り返すことで、相手が会話に主体的になって言ってくれます。

ほとんどのケースにおいて、話を聞いてくれることの方が、完璧な話を完璧にするよりも喜ばれるようにも感じます。

一言で伝えるとしたら

また、自信がない時ほど、話は長くなりがちです。一番伝えたいことを絞ること。しかし、それは自分の意思であって、相手は何を求めているかわからない。

だからこそ、まずは相手の状況を知るために観察したり(身なりや名刺、言葉遣い、事前に相手の情報をSNSやネット記事で調べる)、質問したり、相手の話をよく聞いたり(傾聴)、共感したことを繰り返したり、うなずいたりしながら承認を表現したり、相手がきっと大切にしているだろうことを繰り返したり、言い換えたり、そのことに対して更に深く質問したり、を繰り返します。

一言で伝えることを意識すれば、無駄が削ぎ落とされます。質問に回答することも一言で。
そして、それは、、、と説明を加えるようにする。よりハイレベルな回答をされる方は、〇〇です!(一言で伝える)にプラスして、その理由は3つありまして、、、。と続ける。とにかく、テンポやわかりやすさ、言い切り、が伝わりやすいのではないかと思います。

そのうえで、伝える意識よりも、相手が何を言いたいのか?何を解決したいのか?何を求めているのか?といった相手の話を聴くことにフォーカスしているからこそ伝えられる”一言”があるのでは、と感じます。

相手の”言語”を意識する

例えば、企業理念、と表現するのか、哲学と表現するのか、社是というのか、フィロソフィーというのか。企業や相手によって表現が変わります。そのような相手の”言葉”に注意を向けて、その”言葉”で話す。

違う言語の方との会話でも、”こんにちは”と”ありがとう”、”美味しいです”だけでもその言語の言葉を交えながら会話したら、グッと相手との距離が縮まった経験がありました。

言葉の選び方でも、表現方法一つで、肯定的か否定的かは全く変わります。

肯定的な表現に置き換える

・古い建物ですみません、と言われたら、”歴史ある建物なんですね”と伝える。
・小さな組織なのですが、と言われたら、”少数精鋭で取り組まれているのですね”と伝える。
・”まだ新人なので、、、”と言われたら、”新人だからこそ未経験者の気持ちがわかりますもんね”と伝える。
・”もう歳なんで(長くやってるだけなんで)”と言われたら、”それだけのキャリアをお持ちなのですね。”と伝える。
・”まだできていないんです、、、”と言われたら、”お忙しかったんですね。”と伝える。
・”わかりませんでした。”と言われたら、”実は僕もはじめはそうだした。”と伝える。

ありとあらゆるシーンに応じて、相手のちょっとしたネガティブな思いが込められている言葉に対して、ちょっとだけ視点を変えたり、プラスのニュアンスを入れたり、共感を表現したり、自己開示して弱みを曝け出したり、自分から相談したり、と工夫することが、言葉遣いについてコメントをもらうことが多かったのかな、と感じました。

あなたの表現方法、いかがですか?

ばっちりな方は継続し、よりよう良くできそうだと感じた方は、一つでも、次の1アポからでも意識してみてくださいね。

追伸:
今年の秋に出版予定の営業本、少しずづですが良い感じでまとまってきました。今は、あらゆるインプットが”営業本に組み込みとしたら、、、”と考えるので、自然とインプット(学び)がアウトプット(執筆)に繋がっています。

そこで感じたことは、”アウトプット(発信/スライド作成/言語化)を意識したインプット(学び/気づき)は最強なんだということ。ラーニングピラミッドが示すべく(ご存知ない方は、来週以降に解説します!)、教えることで理解が深まりということ、身に持って体験しています。執筆まで行かずとも、ブログやメルマガアウトプットを前提にした1週間の学びや気づきのアンテナ、伸ばしてみませんか?

-PR-
人望を集めるリーダーの共通点とは?

 

 

 

 

 

※以下の内容に同意の上ご登録下さい

当社は、「良質な情報と教育を通して、人々の生活を向上させること」を企業理念とし、インターネットにおける書籍、デジタルコンテンツ教材等の販売、セミナー運営事業を行っております。当社はこのような事業活動を行う上で、個人情報を保護、管理することが重要であると認識するとともに、これが当社の社会的責任および責務であると考えております。そこで、当社は個人情報保護マネジメントシステムを構築すると共に、以下に掲げる個人情報保護方針(以下、本保護方針と呼ぶ)を制定し、個人情報保護に努めてまいります。

 

法令、規範の順守
当社は、個人情報に関する法令、国が定める指針その他規範を順守いたします。

 

個人情報の取得・利用・提供
当社は、個人情報を取得する際にはその利用目的を明確にし、利用目的の達成に必要な範囲内で取扱います。また、目的外利用を行わないための体制を構築し、当初の範囲を超えて取扱う場合には改めて本人の同意を得るなど規程に従った対応を行います。

 

個人情報の安全対策
当社は、個人情報の漏えい、滅失又はき損の防止及び是正に関して、必要かつ適切な安全対策を実施いたします。

 

苦情および相談について
当社は、個人情報の取扱いに関する苦情及び相談については、お客様相談窓口にて受け付け、また個人情報の開示等の求めにも、適切かつ迅速に対応いたします。

 

個人情報保護マネジメントシステムの継続的改善
当社は、適切な個人情報保護に関する規程、ルール、行動規範を定め、個人情報保護に関するマネジメントシステムを運用します。また、マネジメントシステムが適切に実施できているかを定期的に確認・監査・見直しを行うことにより、継続的に改善いたします。

 

寿コミュニケーションズ株式会社 代表電話番号
TEL:092-272-1187 FAX:092-292-6773

 

2.個人情報の取扱いについて

 

当社は、お客様から個人情報をご提供頂く場合、予め個人情報の利用目的を明示し、その利用目的の範囲内で利用します。予め明示した利用目的の範囲を超えて、お客様の個人情報を利用する必要が生じた場合は、お客様にその旨をご連絡し、お客様の同意を頂いた上で利用します。当社が保有する個人情報の利用目的は下記の通りです。

 

お客様に関する個人情報

 

ご注文された方の個人情報:サービス実施と商品納品およびメールマガジン配信のため

メールマガジン申込みされた方の個人情報:メールマガジン配信のため

無料ビデオ申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

無料ウェブセミナー申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

お問い合わせされた方の個人情報:お問い合わせに対する回答のため

アフィリエイターの個人情報:アフィリエイターへの連絡や報酬支払いのため

採用応募者・就労された方に関する個人情報

当社の採用に応募された方の個人情報:当社採用業務における応募者対応のため

当社に就労された方の個人情報:人事労務関連業務における従業者対応のため

 

3.個人情報の適正な取得

 

当社では、個人情報の取得は、適法かつ公正な手段で行います。

 

4.個人情報の提供

 

当社は、次の場合を除き、お客様の個人情報を第三者に開示または提供しません。

お客様の同意がある場合

法令に基づく場合

人の生命、身体又は財産の保護のために必要であって、お客様の同意を取ることが困難な場合

利用目的の達成に必要な範囲で、個人情報の取り扱いを委託する場合

合併、会社分割、営業譲渡その他の事由によって事業の承継が行われる場合

 

当社は、上記(1)に関わらず、お客様へのサービス提供、お問い合わせ等への対応に関して、当社の関係会社や代理店より対応させて頂くことが適切と判断される場合に、お客様の住所、氏名、電話番号等を当該関係会社等へ提供することがあります。この場合、お客様は当社に対し当該関係会社等への個人情報提供の停止を請求することができます。

 

5.個人情報に関するお問い合わせ

 

お客様の個人情報の開示・訂正・削除等に関するお問い合わせは、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

6、その他の事項

 

1. アクセス情報について

当サイトでは、より良いサービスをご提供させて頂くために、アクセスログ情報を取得する場合がございます。予めご了承下さい。アクセスログの取得はお客様の個人情報を特定することを目的としたものではありません。

 

2. クッキーについて

当サイトでは、より快適にご利用して頂くために、サイトの一部でクッキー (Cookie)を使用しております。クッキー及びIPアドレス情報については、それら単独では特定の個人を識別することができないため、個人情報とは考えておりません。なお、クッキー情報については、ブラウザの設定で拒否することが可能です。

※以下の内容に同意の上ご登録下さい

当社は、「良質な情報と教育を通して、人々の生活を向上させること」を企業理念とし、インターネットにおける書籍、デジタルコンテンツ教材等の販売、セミナー運営事業を行っております。当社はこのような事業活動を行う上で、個人情報を保護、管理することが重要であると認識するとともに、これが当社の社会的責任および責務であると考えております。そこで、当社は個人情報保護マネジメントシステムを構築すると共に、以下に掲げる個人情報保護方針(以下、本保護方針と呼ぶ)を制定し、個人情報保護に努めてまいります。

 

法令、規範の順守
当社は、個人情報に関する法令、国が定める指針その他規範を順守いたします。

 

個人情報の取得・利用・提供
当社は、個人情報を取得する際にはその利用目的を明確にし、利用目的の達成に必要な範囲内で取扱います。また、目的外利用を行わないための体制を構築し、当初の範囲を超えて取扱う場合には改めて本人の同意を得るなど規程に従った対応を行います。

 

個人情報の安全対策
当社は、個人情報の漏えい、滅失又はき損の防止及び是正に関して、必要かつ適切な安全対策を実施いたします。

 

苦情および相談について
当社は、個人情報の取扱いに関する苦情及び相談については、お客様相談窓口にて受け付け、また個人情報の開示等の求めにも、適切かつ迅速に対応いたします。

 

個人情報保護マネジメントシステムの継続的改善
当社は、適切な個人情報保護に関する規程、ルール、行動規範を定め、個人情報保護に関するマネジメントシステムを運用します。また、マネジメントシステムが適切に実施できているかを定期的に確認・監査・見直しを行うことにより、継続的に改善いたします。

 

寿コミュニケーションズ株式会社 代表電話番号
TEL:092-272-1187 FAX:092-292-6773

 

2.個人情報の取扱いについて

 

当社は、お客様から個人情報をご提供頂く場合、予め個人情報の利用目的を明示し、その利用目的の範囲内で利用します。予め明示した利用目的の範囲を超えて、お客様の個人情報を利用する必要が生じた場合は、お客様にその旨をご連絡し、お客様の同意を頂いた上で利用します。当社が保有する個人情報の利用目的は下記の通りです。

 

お客様に関する個人情報

 

ご注文された方の個人情報:サービス実施と商品納品およびメールマガジン配信のため

メールマガジン申込みされた方の個人情報:メールマガジン配信のため

無料ビデオ申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

無料ウェブセミナー申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

お問い合わせされた方の個人情報:お問い合わせに対する回答のため

アフィリエイターの個人情報:アフィリエイターへの連絡や報酬支払いのため

採用応募者・就労された方に関する個人情報

当社の採用に応募された方の個人情報:当社採用業務における応募者対応のため

当社に就労された方の個人情報:人事労務関連業務における従業者対応のため

 

3.個人情報の適正な取得

 

当社では、個人情報の取得は、適法かつ公正な手段で行います。

 

4.個人情報の提供

 

当社は、次の場合を除き、お客様の個人情報を第三者に開示または提供しません。

お客様の同意がある場合

法令に基づく場合

人の生命、身体又は財産の保護のために必要であって、お客様の同意を取ることが困難な場合

利用目的の達成に必要な範囲で、個人情報の取り扱いを委託する場合

合併、会社分割、営業譲渡その他の事由によって事業の承継が行われる場合

 

当社は、上記(1)に関わらず、お客様へのサービス提供、お問い合わせ等への対応に関して、当社の関係会社や代理店より対応させて頂くことが適切と判断される場合に、お客様の住所、氏名、電話番号等を当該関係会社等へ提供することがあります。この場合、お客様は当社に対し当該関係会社等への個人情報提供の停止を請求することができます。

 

5.個人情報に関するお問い合わせ

 

お客様の個人情報の開示・訂正・削除等に関するお問い合わせは、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

6、その他の事項

 

1. アクセス情報について

当サイトでは、より良いサービスをご提供させて頂くために、アクセスログ情報を取得する場合がございます。予めご了承下さい。アクセスログの取得はお客様の個人情報を特定することを目的としたものではありません。

 

2. クッキーについて

当サイトでは、より快適にご利用して頂くために、サイトの一部でクッキー (Cookie)を使用しております。クッキー及びIPアドレス情報については、それら単独では特定の個人を識別することができないため、個人情報とは考えておりません。なお、クッキー情報については、ブラウザの設定で拒否することが可能です。

 

ログカテゴリー一覧

 

筆者一覧

ボブ・バーグ

『THE GO-GIVER』著者
人材開発会社バーグ・コミュニケーションズ代表
経営コンサルタント

 

安永 周平

『THE GO-GIVER』公式サイト運営責任者
寿コミュニケーションズ㈱ 代表取締役

 

河合 克仁

紹介営業のプロフェッショナル
株式会社アクティビスタ 代表取締役

 

THE GO-GIVER SNS