与えすぎは自信がないから?

FROM ボブ・バーグ

では、引き続き受容する力ついて話をしよう。

前回、”私たちはなぜ受け取ることが困難なのか?”という点に着目してきた。主に議論は2つにまとめることができるだろう。

1つ目は、世間やメディアがもたらす多くの誤ったメッセージが氾濫していることだ。その影響によって、”自分自身が正当な対価をもらうに値しないのではないか”という自己肯定感の欠如や”対価に対しての誤った認識”が私たちに破滅的な結果を招いてしまっている。

2つ目は、潜在意識による影響だ。例えば、意識化では正当な対価を得る権利があるとしながらも、潜在意識もしくは無意識的に私たちは提供している価値が乏しいので正当な対価を受け取ることは許されないといったようなイメージだ。

以上2つが”私たちが受け取ることが困難にしている。
したがって私たちはこの2つの取り扱いを注意せねば、受容する力を高めることにつながらないことを理解してほしい。

与えすぎは危険な兆候?

過去に私がこのテーマを議論した際、多くの反響があった。
ある女性の方から次のようの質問を頂いたので紹介したい。

「クライアントの期待が私が提供する価値を大きく超えたら、それは妥当なことでしょうか?」

彼女は単純に自身の提供できる価値が相手の期待と見合わない場合、それは許されるのか疑問に思ったのだ。よって、彼女は補償のような追加の価値提供を提供するべきか悩んでいた。つまり、クライアント期待と自身の価値とのギャップについて罪の意識に苛まれていると言えるだろう。

これは非常に重要な質問だ。言い換えれば、彼女は単に顧客に対しての追加の価値提供に関して自身の義務感及び自己犠牲のように捉えているということだ。

これは、彼女だけではないだろう。あなたにも同様なケースは当てはまることかもしれない。
だからこそ、自身に次のような問いを投げかけてみて欲しい。

”私が行っている価値提供は意識的であり、心地よいものだろうか?”
”私が行っている価値提供は無意識的であり、無理を強いていないだろうか?”

問いの本質とは?

この場合、問いの本質は価値提供のあり方だ。
私たちは快く顧客に価格以上の価値を提供することがある。仮にあなたがパン屋さんだとして、いつも来てくれる常連の顧客に対して快くおまけをつけたりなどがあるだろう。

ある一方は”自分の提供している価値が見合っていないから、対価を受け取るためにさらに多くしなければならない”といった場合だ。引き続き、パン屋で例えるなら、私はまだまだ未熟なパン屋なので、補償として粗品をつけるといったイメージだ。

私は確かに、『THE GO-GIVER』の中で「あなたの本当の価値は、どれだけ多く、受け取る以上のものを与えるかによって決まる(価値の法則)」と述べた。しかしこのような価値提供のあり方と混同しないで欲しい。

また、こうした問題の背後には、私たちが把握し難いものがある。それは潜在意識だ。
なぜなら、自己肯定感の欠如による潜在意識が次のようにささやきかけてくるからだ。

”お前はきちんとした価値提供ができていない。だから正当な対価のためにもっと価値を与えなければならない”と。

このささやきによって私たちは価値提供のあり方に関して後者を選択してしまいかねない。

無意識にこんな選択していたら・・・

あなたが対処するには、次の2つの判断することが可能だ。1つは顧客対して次のように知らせることができる。あなたがさらなる価値提供(元の契約に含まれていなかった)を求めるならば追加の契約関係が必要なることを。2つ目は、顧客のさらなる価値提供の要求は同意上の範囲であるから、顧客のために行動するべきだと。

もしあなたが2つ目の選択肢を選ぶのであれば、潜在意識下で自分が対価を受ける値しないもしくは自己犠牲を強いている危険なサインだ。なぜなら、今までのあなたの価値や意思と一致するので、幸福と心の平安をもたらすからだ。

これは、好ましい自己意識の改善するといった問題よりもより重大な問題として扱はねばならない。

受容する力・・・すなわち潜在意識の問題は社会による認識とあなた自身による認識で構成されていることを理解することから始めなくてはならないのだ。

だからこそ、継続的に取り組むことが必要となる。
そしてこの問題を解く鍵は、繰り返しになるがあなた自身の潜在意識を変容が必要となる。

以上を深く落とし込むことができるならば、あなたは私の法則性を大い活用できるはずだ。
それは、つまりあなたが豊かになることを意味している。

-PS-
こちらからボブ・バーグがアメリカのワークショップだけに明かしている内容の一端が見ることができます。ぜひチェックされてみてください♪

GIVERとして成功するための5つの法則とは?

URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事の執筆者

アメリカでは伝説的な元トップ営業マンであり、対人関係・影響力の行使に関する第一人者。「21世紀のデール・カーネギー」の異名を持つ。

現在は経営コンサルタント・講演家としても人気を博し、元大統領や著名な政治家からも助言を求められる。2014年には米国経営協会(AMA)からビジネス界のリーダー上位30人の1人に選出されている。

主なクライアントはゼネラル・エレクトリック(GE)、リッツ・カールトン、レクサス、アフラック、MDRT、全米不動産協会等。フォーチュン500社に名を連ねる大企業からも絶大な支持を受ける。

著書はこれまで世界21カ国語に翻訳され、累計発行部数は100万部を超えている。累計20万部の『Endless Refferals』や世界的ベストセラーとなった『THE GO GIVER』などは全米の企業で多く研修マニュアルとして使われている。フロリダ在住。