涙もろい人は上手くいく?

FROM ボブ・バーグ

他人に対しての「共感力」を高めることは、人間関係を構築する上で非常に重要だ。というのも、人間関係の技術をマスターすることは、リーダーとして、営業パーソンとして、そして家族をはじめとしたプライベートでの人間関係においても、成功するために欠かせない要素なのだ。

確かに、生まれつき共感力が弱いという人もいるかもしれない。しかし、共感力は後天的に伸ばしていくことができる。むしろ、積極的に共感力を伸ばしていこうとするのはとても大切なことなのだ。

ビジネスにおいてもプライベートにおいても、あらゆる人間関係において、共感力は成功者とそうでない者を分ける要因になる。才能や技術に加え、共感力を兼ね備えている人は、自分が相手に共感しているということを伝えることができる。これは、大きなアドバンテージになる。

”共感”の本当の意味とは?

共感とは、一般的には「相手の気持ちを考え、理解し、その通りだと感じること」という意味だ。相手と似たような経験をしたことがあれば、相手がどのように感じているかを、より確実に理解することができるはずだろう。

しかし、相手と似たような経験をしたことがない場合はどうだろうか?相手がどんな風に考えているのか、どんな風に感じているのか、それが全く分からないということもあるはずだ。しかし、そんな場合でも、共感することはできる。

つまり、共感というのは「相手と同じように感じる」ということではない。正確には「相手が何かを感じていることを理解し、気にかけていると伝える」ことなのだ。「相手が本当に辛い思いをしている」ということに、本当の意味で共感できれば、それだけで違いが生まれる。

ここで、共感について、私が思ういい事例を見てみたい。私のクライアントの中に、フォーチュン100社に選ばれている会社がある。その会社はヘルスケア部門でエンジニアを雇っていたのだ。ある時、ショーンというエンジニアが、その会社のクライアントである、1つの病院を訪れる機会があった。

”不安な気持ち”を共感した彼がとった行動とは?

というのも、4歳の女の子に、鎮静剤を打った上で全身をスキャンする必要があったのだが、その際、スキャナーが突然動作不良になる可能性があったのだ。そこで、ショーンが万が一に備えて派遣されたわけだ。

鎮静状態にある小さな女の子が、台の上に横たわった状態で機器に不具合が起これば…どんなに不安になるか想像に難くない。その場に居たナース曰く、女の子はもちろん、その両親も明らかに怯えていたと言います。特に、スキャンの結果を見るのが怖かったようだった。

その様子を見たショーンは、一度その場を離れて、すぐにまた戻ってきました。何をしていたのかというと…ギフトショップでテディベアのぬいぐるみを買って来たのだ。それを見た女の子、そしてその両親、その場にいた技術者みんなが笑顔になった。女の子はテディベアに抱きつき、そのまま眠りに落ちたのだった。さらに幸いなことにスキャンに異常は見られなかった。

その場にいたナースの話では、ショーンの女の子への、そして両親への心遣いに、皆が心を動かされたと言う。そして、その行動はみんなの記憶に残り、とても思いやりのある逸話として知られるようになったのだ。

共感力がある人は相手に影響力を与える

私はこの話を、講演でも何度か引用させてもらっている。その度に、観客席には涙が流れるのだ。また、次に登壇する講演家の目にも涙が浮かぶことがある。女の子がどんなに怖かったか、そして両親がどんなに結果を恐れていたか。ちょっと想像してみて欲しい。自分の娘が動作の調子の悪い機器でスキャンされる状況を。どれだけ気持ちが押しつぶされる思いでしょうか?

おそらく、ある程度は察することができるだろう。しかしショーンは、それを察するだけでなく、行動に起こしたのだ。それが、普通の人との大きな違いだった。

ところで、この病院がショーンが勤める会社にとって、とてもいいクライアントになったことも想像に難くないだろう。共感力というのは、リーダーシップやセールス、あるいは人生にとって重要なだけでなく、それによって多くの影響力を与えることもできる。共感力の高い人というのは、成功できる人なのだ。

-PS-
こうした対人関係のあり方に興味がある方は、ぜひコチラをチェックしてみてはいかがでしょう。日々のあなたの対人関係が、間違いなく変わっていくはずです。

ボブ・バーグ流「”人を動かす”対人関係の秘訣」とは?

URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事の執筆者

アメリカでは伝説的な元トップ営業マンであり、対人関係・影響力の行使に関する第一人者。「21世紀のデール・カーネギー」の異名を持つ。

現在は経営コンサルタント・講演家としても人気を博し、元大統領や著名な政治家からも助言を求められる。2014年には米国経営協会(AMA)からビジネス界のリーダー上位30人の1人に選出されている。

主なクライアントはゼネラル・エレクトリック(GE)、リッツ・カールトン、レクサス、アフラック、MDRT、全米不動産協会等。フォーチュン500社に名を連ねる大企業からも絶大な支持を受ける。

著書はこれまで世界21カ国語に翻訳され、累計発行部数は100万部を超えている。累計20万部の『Endless Refferals』や世界的ベストセラーとなった『THE GO GIVER』などは全米の企業で多く研修マニュアルとして使われている。フロリダ在住。