「景気は回復している」の嘘

FROM 安永周平

先日、雑誌の『PRESIDENT』を読んでいたら面白い話が載っていました。ちょっと考えてみてほしいのですが…もしあなたがテレビを見ていて、次のようなニュースが流れてきたらどう思うでしょうか?

「景気は回復傾向にある。なぜなら年収1000万以上、年収500万〜1000万、年収500万未満のいずれの階層でも平均所得が上がっているからだ。」

景気がよくなること自体は、きっと営業にとっては嬉しいことでしょう。不景気だと、取引先で予算がつかずに断られたり、コスト削減のために相見積もりを取られたりすることもあります。それによって、ライバル業者に参入されてしまう可能性もありますからね。ただ…

本当に景気は回復しているのか?

このニュース、本当に景気が回復しているかどうかは疑問です。確かに内容を見ると、どの年収グループの人達も平均所得が上がっているわけですから、景気は上向いているような気がします。しかし、こうしたニュースが流れていても、自分の所得が増えていなければ疑問を感じる人も多いでしょう。そこで、この疑問を解くために、ちょっと話をシンプルにして考えてみましょう。

まず、年収500万円以上を「高所得者」、年収500万円未満を「低所得者」として2つのグループに分けます。そして、仮に国民の数が4人だけだとして、それぞれの年収は…

Aさん:1400万円
Bさん:600万円
Cさん:300万円
Dさん:200万円

という設定にします。すると、AさんとBさんは年収500万円以上ですから高所得者のグループ、CさんとDさんは年収500万円未満ですから低所得者のグループになります。そして、それぞれのグループの平均年収は、高所得者のグループが1000万円、低所得者のグループが250万円ですから、以下のようになります。

高所得者(平均年収:1000万円
Aさん:1400万円
Bさん:600万円

低所得者(平均年収:250万円
Cさん:300万円
Dさん:200万円

不景気になり全員の所得が20%減

ところが、ここから不景気になり全員の所得が20%減ったとしましょう。すると、状況は以下のようになってしまいます。

高所得者(平均年収:1120万円
Aさん:1120万円

低所得者(平均年収:293万円
Bさん:480万円
Cさん:240万円
Dさん:160万円

ご覧のように、Bさんの年収が500万円を切って「高所得者」から「低所得者」のグループに移動しています。そして、注目すべきはグループの平均年収です。高所得者グループの平均年収は1000万円→1120万円に。そして、低所得者グループの平均年収は250万→293万円に。つまり、全員の年収が20%減ったにも関わらず、グループの平均年収はどちらも上がっているのです。

冷静に考えれば、全員が20%減なわけですから景気がよくなっているとは言えませんよね。話をシンプルにするために、ここでは国民の数を4人としていますが、このように「全てのグループで平均所得が増えているのに、全体としては貧しい人が増える」というのは、景気が悪くなっている時に起こり得ることなのです。

データが正しいから主張も正しいか?

ですから、私たちは覚えておかなければいけません。データが正しくても、そのデータに基づいた主張が正しいとは限らないのです。そもそもデータが間違っていれば論外ですが、データというのは見せ方次第で解釈が変わってくることがあります。ですから、データを見て「自分の頭で考える」必要があるということです。

実際、テレビや新聞を見ていると「今年は日経平均が21年ぶりに過去最高値を記録した」などと報道されています。しかし、景気がよくなっているという実感を持っている人は少ないでしょう。それに、このメルマガを読んでいるあなたのキャリアが、景気に左右されてしまうような不安定なものでは困ります。

私たちの収入を増やすものは何か?

考えてもみてほしいのですが、こうした景気の話が直接私たちの収入に影響するかというと…正直言って関係ありませんよね。今月も来月も、そのまた次の月だって、数字を上げなければ私たちの収入が増えることはないのです(※もちろん相手の都合を考えない売込みはNGですが)。

ボブがGIVERとして成功するための5つの法則を提唱していますが、その第2の法則に『収入の法則』があります。それによれば「あなたの収入は、あなたがどれだけ多くの人に、どれだけ奉仕するかによって決まる」のです。

景気がよくなるのを待つのではなく、自分自身の行動によって出来ることが、私たちにはまだあるのではないでしょうか。1人1人が行動を変えることで、結果として日本の景気がよくなる。それを自分が率先してやるんだ…ビジネスパーソンとして、そうした気概を持つ人間でありたいものですね。

PS
無理なく年収1000万を超える人達は、日々の仕事で何を意識しているのでしょうか?その秘密、現在無料で受け取ることができますよ。

現代で最も成功しているセールスパーソンの秘密

URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事の執筆者

寿コミュニケーションズ株式会社代表取締役/寿防災工業株式会社取締役。読者1万人超の当メルマガ『THE GO-GIVER』発行人であり、福岡で40年続く社員52名の防災設備会社 二代目。1982年生まれ。福岡県出身。筑紫丘高校→九州大学工学部卒(修士)

新卒でトヨタ自動車に入りマークXやクラウンのモデルチェンジ、バンパー塗装工場の新設を担当。4年目で退職し半年のニートを経て教育ベンチャーのダイレクト出版へ転職。1通のセールスコピーで累計2万人超の新規顧客を獲得したマーケティング経験は宝。マネージャーとなりメンバーから総スカン喰らった経験も宝。事業部が年商7億となった5年目、独立して寿コミュニケーションズを創業。

WEBメディア事業のお客様からの依頼でDMサポート事業を始めたら、紹介だけで受け切れないほど仕事依頼があり、現在は新規クライアント受付停止中。BtoB無形商材に特化したDM戦略&戦術が強い。本業は「人の命と建物を火災から守り地域の街づくりに貢献する」防災設備会社で事業承継を前提に組織改善と採用に奮闘中。