”えせ”「GIVER」になってませんか?

FROM ボブ・バーグ

世の中には、一見「GIVER」に見えるものの、与え方がすさまじく限定的で、「与える」の基準に達していない、結果、豊かにもなれない人たちがいる。こうゆう”えせ”「GIVER」は大きく2つに分類できる。

「相応の対価」を求める「GIVER」

これは、お返しをもらうためだけに与える人たちのことだ。(かの高名なハンニバル・レクター博士が、「対価だ、クラリス・・・・相応の対価だよ」とのまたっていたのを憶えている方もいるだろう)。このタイプのえせ「GIVER」は、人のために何かする時には、必ず裏があり、まわりからも、そういう人だという評価が定着している。

このタイプの「GIVER」も、ときには仕事をもらえることもあるが。本物の「GIVER」のように、お互いに利益のあるギブ・アンド・テイクの関係を築いて、それを長続きさせることは決してできない。本物の「GIVER」が作る関係の品質証明である。「自分を知り、気に入って、信頼している」という感情を相手に抱かせることもできない。

何か見返りが実際にあったとしても、中身は与えたものと等価がせいぜいで、与えた以上が返ってくることはない。しかも向こうはそれでさえ、おそらく渋々返している。そして何より、お返しがくるのは、与えた相手1人から、1回だけであることがほとんどだ。

本物の「GIVER」であれば、こんなことにはならない。このタイプの「GIVER」でおもしろいのは、多くの場合、彼らが自分で最強の「GIVER」だと”思い込んでいる”ことだ。これは彼らの信念、つまり「GIVER」とは他人から何かを得るための戦略だという考え方から来ている。

「まぁ、こっちから先に何かしらやらなきゃならないときもあるさ。けれど、それで望みのもの
が手に入るだったら、やらない理由はないだろう」こういう人が手にできる成功は、本物の「GIVER」の物差しでいえば、数センチ程度しかならない。

「殉教者」としての「GIVER」

こちらは自分を痛めつけたいがため、何かを与える人たちを指す。殉教者は、自ら進んで主導権を明け渡す。いったいなぜ、そんなことをするのか?それは見返りがあるからだ。といっても、成功を得るといったたぐいの見返りではない。

この場合の見返りとは、言って見れば、「私を見て。私は殉教者。いつも人のために何かしている。なのに、私のために何かしてくれる人は1人もいない」という訴えだ。言い換えるなら、彼らは成功をつかめない言い訳をしている。

このタイプの「GIVER」は、与えることは成功につながらない、つながるはずもないと思い込んでいる。そして、そういう考え方をしているうちは、そのとおりの結果にしかならない。無意識のレベルでは、このタイプは成功を本気で追い求めていない。自分の考え方が通用する、心地良い場所にとどまる方に重きを置いているのだ。

この2つのタイプが、本物の「GIVER」でない人たちだ。ここから本物の「GIVER」とは何かを見ていこう。

本物の「GIVER」の特徴

超ド級の成功を収め、お金をたっぷり稼いでいる「GIVER」とは。あなたの知る中で最も気前のいい、積極的な人物のことだ。彼らはしきりに紹介する。仕事絡みの友人に限らず、友人や見込み客のためになりそうな情報はないかと常にアンテナを張っている。

いつも何を与えられるか、どれやれば与えられるか、誰に与えられるかを考えている。

これが、私の言う本物の「GIVER」だ。
ベストセラー『デキる人の法則』(若林暁子訳 角川書店)の中で、ティム・サンダースは、これを「形にならないものを賢く、上品に分け与える行為」と表現している。サンダースによれば、「形にならないもの」とは、我々の”知識”であり、”人脈”であり、”心遣い”なのだそうだ。

本物の「GIVER」の中には、与えるものの種類が1つにとどまらず、何もかも与えることで知られている人もいる。例えば、いつも「この本はいいよ」と薦めて贈ってきたり、同時にひっきりなしに「いい人がいるだけど会ってみない?」と声をかけてくる人がそうだ。

『史上最高のセミナー』(河本隆行訳 きこ書房)の作者、マイク・リットマンは、こうした行動が「価値の資産」を生むと言っている。他者と関係を構築する利点は、まさにそこにあるというのだ。しかも価値の資産は、作るのに、お金は1セントも要らない(まぁ本代と郵送代はかかるかもしれないが)。

その結果は? 相手からの感謝だ。そしてもうおわかりのとおり、その気持ちは、のちのちお金では、買えない価値を発揮し得る。

おもしろいのは、与えることで成功を収めてきた熟達の「GIVER」たちは”他の与え上手たちとつながり合っている”場合が多いらしいという点だ。

これは、偶然ではない。彼らは、自分と同じタイプの人に狙いを絞って人脈を構築している。なぜか? それは彼らが、平凡な人脈関係では、50:50の関係がせいぜいなのに対し、最もエキサイティングで有益な関係では、100:100が可能だと知っているからだ。別の言い方をするなら、彼らは絵札をどんどん使うから、引くカードも絵札ばかりになるのだ。

-PR-
「そんなすごい人と知り合いなんですか?」と言われる強い人脈を持つ
生命保険営業なればもっとあなたの顧客や見込み客に貢献できると思いませんか?
こちらにその一端が紹介されているのでご活用されてください!

どうしてそんなに、人のために一生懸命になれるの?

URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事の執筆者

アメリカでは伝説的な元トップ営業マンであり、対人関係・影響力の行使に関する第一人者。「21世紀のデール・カーネギー」の異名を持つ。

現在は経営コンサルタント・講演家としても人気を博し、元大統領や著名な政治家からも助言を求められる。2014年には米国経営協会(AMA)からビジネス界のリーダー上位30人の1人に選出されている。

主なクライアントはゼネラル・エレクトリック(GE)、リッツ・カールトン、レクサス、アフラック、MDRT、全米不動産協会等。フォーチュン500社に名を連ねる大企業からも絶大な支持を受ける。

著書はこれまで世界21カ国語に翻訳され、累計発行部数は100万部を超えている。累計20万部の『Endless Refferals』や世界的ベストセラーとなった『THE GO GIVER』などは全米の企業で多く研修マニュアルとして使われている。フロリダ在住。