承認がもたらす優れた効能

FROM ボブ・バーグ

何年か前のこと、テキサス州のダラスで、私は友人のトム・ジグラーと、その父親のジグ・ジグラーと一緒に昼食をとっていた。私はそのあとに対談の収録を控えていて、その収録の直前にランチでも…ということで3人で外食していたのだった。この2人との会話は、それはもうとても楽しいものだった。その時、ジグがとても面白いことを言っていたのを覚えている。

ジグはその人生のほとんどを、「人間性」というものを研究するのに費やしているような男だ。思考プロセスやモチベーション、人というものの本質を、彼はずっと研究している。彼はその道では権威として知られた人物でありながら、常に学ぶ姿勢を忘れない謙虚な面も持ち合わせている。そんな彼がこう言った。それは、、、

「世界中で一番大きな問題というのは、互いに励ましたり褒めたりするということがないことだ」

人々はまわりから十分な励ましを受けていない、あるいは励ましてもらっていると感じていないのだ、と彼は言っていた。私は「なるほど」と思い、それからその日1日ずっとそのことを考え続け、それは今でも考え続けている。

確かに彼の言葉には、納得できる節がある。幼いころから常に批判にさらされながら育った子どもの話は、なにも珍しいものではなかったりする。彼らは親から叱られたり、認めてもらえなかったりする。そのまま大人になって仕事に行くようになっても、やはり批判にさらされ、上司には叱責され、誰からも認めてもらえない、といったことはあるからだ。

ここで言っているのは、「上っ面のお世辞を言え」というようなことではない。嘘偽りなく相手を褒める、これが大切なのだ。ある辞書によれば、“励ます”という意味を表す英単語”encourage”は、古いフランス語が語源となっている。その言葉には、勇気や自信によって鼓舞する、助けを与えたり認めたりすることで刺激をする、前進させたり強化させたりする、という意味がある。また類義語として「大胆にさせる」や「元気づける」などの言葉が挙げられている。

”励ます”ことの重要性‥

「励ます」というのはつまり、こういうことなのである。さらにその励ましとは、誰に対してでもおこなうことが可能な行為である。相手の自信を刺激したり、相手の人間性を認めたり、気持ちを高めるような言葉をかけたりすることで相手が一歩前進する手助けをしたりすること、それが相手を「励ます」ということなのだ。

もしもあなたが、間違いを犯している人や何か好ましくないことをしている人と遭遇したなら、何も考えずに相手を非難するような形で“反応”するのではなく、自分自身をコントロールして、相手を励ますような形で“対応”するのが良いはずだ。もちろん、お世辞を言ったり嘘の励ましを言ったりするのではダメなことだとおわかりだと思う。

私たちは”認められたがっている”‥

重要なのは、自分の目の前に相手がいて、そのとき自分には次のような言動の選択肢があるということを意識すること。選択肢の1つは、相手に何かを勧めたり励ましたりすることで、相手に自信を与えること。もう1つは、非難したり否定したりすることで相手の自信を奪ってしまうこと。

考えてみると世の中には様々な人がいる。だが、ただ褒めたり励ましたりするような人はあまりいない。しかし、励ますことや勇気づけることの効力を知っている私たちは、意識的にそれを実行に移すことができる。あなたの周りの人たちをどんどん褒めるべきだ。チームや組織にも同じはたらきかけができる。世界はそう、”認められたがっている”のだから。

-PR-
朗報です。組織のリーダーであるあなたが、口やかましく怒鳴ることなく、社員が「自分たちで考えて動こう」と積極的に仕事をしながら成長していく方法があるとしたら……

続きはコチラから

URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事の執筆者

アメリカでは伝説的な元トップ営業マンであり、対人関係・影響力の行使に関する第一人者。「21世紀のデール・カーネギー」の異名を持つ。

現在は経営コンサルタント・講演家としても人気を博し、元大統領や著名な政治家からも助言を求められる。2014年には米国経営協会(AMA)からビジネス界のリーダー上位30人の1人に選出されている。

主なクライアントはゼネラル・エレクトリック(GE)、リッツ・カールトン、レクサス、アフラック、MDRT、全米不動産協会等。フォーチュン500社に名を連ねる大企業からも絶大な支持を受ける。

著書はこれまで世界21カ国語に翻訳され、累計発行部数は100万部を超えている。累計20万部の『Endless Refferals』や世界的ベストセラーとなった『THE GO GIVER』などは全米の企業で多く研修マニュアルとして使われている。フロリダ在住。