本物の指導者が持つ資質

FROM ボブ・バーグ

謙虚さは、人の素晴らしい資質だとよく言われる。しかし、西欧文化においては謙虚さは往々にして誤解されていたりする。ここで、世界で一番謙虚な男があなたの家を訪ねてきた、としよう。挨拶をしようとあなたが彼を見たときのことを想像してみて欲しい。

彼はどんな見た目をしていているだろうか。また彼は、あなたの挨拶にどう反応するだろうか。弱々しかったり、自分の足下をずっと見たままだったり、声を出したかと思うと蚊が鳴くような声だったりするかもしれない。あるいは目を合わせることすらしてくれず、そんな姿をイメージするかもしれない。

謙虚さとは自信がないこと?

これが謙虚さなのかと考えてみると、そうではないことはおわかりだと思う。もしも彼がそんな態度なら、それは自己嫌悪から来るものか、あるいは極度の恥ずかしがり屋なだけであって、謙虚さによる振る舞いなのではない。

昔、ロリ・パラトニックさんと共著で『Gossip(ゴシップ)』という本を書いたことがある。その本の中で、ユダヤ人的な視点からの謙虚さというものが題材にとり上げられていた。ユダヤ人の視点では、モーセは歴史上最も謙虚な人物だとされている、とのことだった。

モーセが謙虚とは、少しイメージしにくいかもしれないかもしれない。なんせファラオに立ち向かった男なのだから。モーセはファラオに「あの、神様…もしよろしければですが、人々を解放してなどいただけはしませんでしょうか」などと弱々しく頼み込んだわけではない。むしろ屈強に、勇敢に、「神よ、人々を解放せよ」と立ち向かったとされている。そしてユダヤ人を引き連れ、戦争にまで勝ったのだ。そんなモーセが弱々しいだとか恥ずかしがり屋だなんて、ちょっと理解が難しい。

謙虚さは何に起因するのか?

ではどうして、モーセは「謙虚さの鑑」などと言われるのだろうか。それは、謙虚さというのは「自分は大した人物ではない」という考えから生まれるものではないからなのだ。むしろ、「自分は大した奴だ」と考えるところから謙虚さは生まれる。

謙虚とは、その自分の偉大さが何によって起因するのかを把握できているということでもある。自分の才能、能力、成功の理由や原因を知っていること、これこそ本当の謙虚さだと言える。

往々にして、その源は”神”なのかもしれない。……とは言え、これはあくまで私の宗教観によるものであり、絶対にそうだ、すべては神から授かったものなのだ、ということではない。ただ、重要なのは、何かを成し遂げたときには、それが可能になった理由がたくさん存在するということなのだ。

例えば何かに成功したという時、あなたは頑張ったはずであり、それまでにたくさんの失敗も経験してきただろう。また他の人がやらないことをしたからでもあり、他の人にないものをあなたが持っていたからだ。その成功は大いに喜ぶべきことである。しかし、その成功を鼻にかけてはならない。これこそが謙虚であることと傲慢であることの違いでもある。

謙虚さと傲慢さの違い‥

傲慢さとは、「すべて自分のお陰だ」という考え方だ。自分1人でこれをやった、誰の助けも借りなかった、といったように考えてしまうことだ。一方で、謙虚であるということは、「自分はできる限りの責任をとった、そして今の自分に至るまでに多くの助けを得てきた」と考えることなのだ。

健康な身体(からだ)で生まれ、健康な精神持たせてもらい、そしてあなたが見聞きするもの、あらゆる機会が得られる時代と場所に生まれることができたこと。そこで自分と共に働く人たちと、自分の力になってくれる人たち。こうした幸運なしに果たして今の成功はあっただろうか、と常に考えること。これこそ謙虚さなのだ。

もしあなたに家族がいて、仕事が順調だというのなら、あなたはそれにふさわしい人間であるということでもある。あなたはそれのために努力をし、必要なリスクを負ってきた。それを大いに喜ぶべきだ。

しかし、鼻にかける真似だけは決してしないようにするべきだ。自分のことばかり考えていると、謙虚になるのは難しいものだから‥。逆に言えば、自分が成功を収めたり、何かを達成したりしたときには、それが自分の力だけではなく、それ以上の何かがあるのだということを理解すれば、謙虚になるのは簡単であるということでもある。

著名な作家として知られるルイス・キャロルもこう言っている。

「謙虚さとは、自分について考えないことではない。自分のこと以上に他人のことを考えることだ」

-PR-
伸びる会社の社長というのは、こうした資質を備えているものです。
だからこそ、私たちはそうした資質を磨くために習慣化していく必要があるのかもしれません‥

ボブ・バーグ流:”人を動かす”アイデア集

URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事の執筆者

アメリカでは伝説的な元トップ営業マンであり、対人関係・影響力の行使に関する第一人者。「21世紀のデール・カーネギー」の異名を持つ。

現在は経営コンサルタント・講演家としても人気を博し、元大統領や著名な政治家からも助言を求められる。2014年には米国経営協会(AMA)からビジネス界のリーダー上位30人の1人に選出されている。

主なクライアントはゼネラル・エレクトリック(GE)、リッツ・カールトン、レクサス、アフラック、MDRT、全米不動産協会等。フォーチュン500社に名を連ねる大企業からも絶大な支持を受ける。

著書はこれまで世界21カ国語に翻訳され、累計発行部数は100万部を超えている。累計20万部の『Endless Refferals』や世界的ベストセラーとなった『THE GO GIVER』などは全米の企業で多く研修マニュアルとして使われている。フロリダ在住。