頭角を現わす人々の共通点

FROM ボブ・バーグ

「特出している」だとか、「独特である」といった言葉を聞いたとき、多くの人が想定するのは「ほかとは違う」ということではないだろうか。けれど実際には、「抜きんでて優れている」とか「それを特別なものとして扱う」というようなニュアンスがそこには含まれているはずだ。つまり、「特出している」とはただ違うというだけではなく、ほかよりも「優れている」点が重要になる。

ここで、「特出している」だれか特定の個人を想定してみよう。おそらくその人は、ほかの人と違うだけでなく、何らかの形で世界に対して価値を与えている人なのではないだろうか。

特出している人は与え方も違う?

たとえばそうした人の例として、トム・シュレイターという人物を挙げることができる。彼はビジネスにおける直接販売という分野において権威とされる人物で、この分野に関わったことのある人であればその名を聞いたことがないということはまずないだろう。トム・シュレイターは自身のノウハウを活かし、多くの人の人生に影響を与えた成功者でもある。

ここで私の話をさせていただくが、つい先日、あるスピーチの機会があった。私は自分の出番が来るまでのあいだ、同じようにその日の登壇者であるトム・シュレイターのスピーチを聞いていた。そのとき近くにいた私の友人に「トムから学ぶことは多いね。彼の子どもたちは幸せだ」と言ったのだった。するとトムをより長く知る彼は、「彼は決してぶれないからね」と答えたのだ。そして彼はこう続けた。


「今まで、ちょっとインチキをすれば多額の利益が出るというような機会が何度もあった。けれどそのたびにトムは、”それは正しくない”と言って絶対に譲らなかったんだ」

まさにトムの誠実な人物像が見てとれる話でもある。そして私が思うに、もしあなたの子どもたちや孫たちがそのようにあなたのことを特別に感じているのであれば、それはあなたが「特出した存在」であるということでもある。

特出する人々の共通点

もう一つの例として、バービーツインズの話をしよう。1990年代に雑誌の表紙などのメディア露出で有名になったこの双子姉妹だが、のちに自分たちの知名度を生かして別の仕事を始めた。それは、女性の健康に関する運動と、ひどい扱いを受けている動物たちの保護だった。女性の健康についての訴えは、彼女たち自身が摂食障害をわずらっていたこともあるからだろう。

こうした活動の後ろ盾となっていたのは、彼女たちのバービーツインズという名前、たったそれだけだった。彼女たちは自分たちの名前を存分に活用し、多くの活動をしてきた。さまざまな陳述書を書いたり、子猫を虐待している動画を投稿した犯人を捕まえるための運動を先導したり、ほかに殺人事件の犯人を検挙するための運動を率いたりもしていた。実に幅広い活動だ。

彼女たちは、「自分たちが有名になったのは、人とつながるためのプロセスの1つだったのだろう」と語っている。彼女たちが「特出した」人間だとされるのは、彼女たちの行動のすばらしさはもちろんだが、彼女たちの価値を与えようとするあり方そのものが「特別」だからであると言えるだろう。

-PR-
『月刊GO-GIVERS』の8月号リリースキャンペーンを実施中です♪

URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事の執筆者

アメリカでは伝説的な元トップ営業マンであり、対人関係・影響力の行使に関する第一人者。「21世紀のデール・カーネギー」の異名を持つ。

現在は経営コンサルタント・講演家としても人気を博し、元大統領や著名な政治家からも助言を求められる。2014年には米国経営協会(AMA)からビジネス界のリーダー上位30人の1人に選出されている。

主なクライアントはゼネラル・エレクトリック(GE)、リッツ・カールトン、レクサス、アフラック、MDRT、全米不動産協会等。フォーチュン500社に名を連ねる大企業からも絶大な支持を受ける。

著書はこれまで世界21カ国語に翻訳され、累計発行部数は100万部を超えている。累計20万部の『Endless Refferals』や世界的ベストセラーとなった『THE GO GIVER』などは全米の企業で多く研修マニュアルとして使われている。フロリダ在住。