何からすべきかわからない?

FROM 安永周平

以前、コーチングを受けていた時に、ハッとしたことがあります。というのも、その頃、色んな問題が複雑に絡み合った状況が続いていて、どうしたものかと考えていたんですよね。優先順位をつけて実行していこうとは思うものの「コレを解決すればこれは解決するけど、こっちには悪影響が…」みたいな感じで、いったい何から手を付けるべきかと頭の中で堂々巡りをしていたんです。

「何をすべきか明確になる」という価値

コーチングを受けようと思ったのもそれが理由なんですけど、実際受けてよかったんですよ。自分では気付かなかったことに気付くことができましたから。結果として、「自分がまず何に取り組むべきか」が明確になりました。自分が何をすべきかわからないというのは本当に大きなストレスです。よく「問題は発見すれば8割は解決したのと同じ」なんて言われますが、本当にその通りで、何をすべきかわかったら後はやるだけなんですよね。

で、面白いのは、自分では「気付かなかったこと」に気付いたという話です。何が言いたいのかというと、「知らなかったこと」ではないんですよ(笑) 知っていたというか、本で読んだことあるのに自分では思い出せなかったと。改めて「知っている」と「できる」の間には大きな溝があるなぁと感じた次第です。こうしたケースでは必要に応じて第3者の力を借りた方が上手くいくように思います。

で、もしかするとあなたも、僕のように「何から手を付ければいいか分からない」ようなたくさんの問題を抱えているかもしれません(もしくは今後、そうした状況になることもあるでしょう) その時、僕が自分では気付けなかった話が役立つかもしれないので、今日はそれをシェアしようと思います。何かというと、名著『7つの習慣』に出てくる「影響の輪」と「関心の輪」の話です。

「影響の輪」と「関心の輪」

僕らは皆、それぞれ多くの関心事を持って生きています。健康、家族、仕事の問題、経済、世界の平和など。そして、影響の輪を描くことで、僕らは関心を持っている事柄と、関心を持っていない事柄を分けることができます。たとえば、「僕が今日の朝何を食ったか?」なんて、あなたにとっちゃどうでもいい話でしょう。全く関心がないと思います。

で、本題は関心の輪の中です。関心の輪の中に入っている事柄を見つめると、自分がコントロールできないものと、コントロールできるもの(もしくは大きく影響できるもの)があるのが分かるでしょう。後者の範囲は、関心の輪の中に存在する小さな輪、つまり「影響の輪」を描くことによって示すことができます。そして重要なのは、自分の貴重な時間とエネルギーを”この2つの領域のどちらに集中させているか?”ということです。

それは”自分が影響できる”事柄なのか?

関心の輪に集中させている人は、他人の欠点、周りの環境、自分のコントロールの及ばない状況など、そういったことばかりが気になります。そして、失敗を人のせいにしたり、感情的になって怒鳴ったり、被害者意識をつくり出したりすることになります。自分が影響を及ぼせる事柄を疎かにして、ネガティブなエネルギーを発生させるだけで、事態はいっこうによくなりません。

一方で、時間とエネルギーを影響の輪に集中させている人は、ポジティブなエネルギーを発生させることができます。理由はシンプルで、自分の行動次第で影響できる、コントロールできる事柄だからです。自分で前向きな変化を起こすことができるのです。今の自分にコントロールできない事柄に対しては、悩んでも仕方ないし無駄なので、自分ができることに集中します。

自分が影響できることに集中する

さらに、自分が影響できることに集中し、それを実行し続けていると、影響の輪って広がっていくんですよね。つまり、自分が影響を及ぼせる範囲が広がっていくわけです。逆に、自分が影響できない事柄ばかり気にしている人は、影響の輪は狭くなっていきます。どうにもならないことに対してグチグチ言うだけの人間になってしまいます。

僕がコーチングで気付かせてもらったのは、取り組むべき問題の優先順位をつけるにあたって、まずは「自分が影響できるもの」と「自分が影響できないもの」を分けるべきだということです。そのうえで、自分が影響できることに集中して取り組む必要があったわけです。これに気付かされた時は、ウハァ〜〜〜って感じでしたね。オイオイ、俺コレ知ってたやん。『7つの習慣』に書いてあったやん…と。いざ自分がその状況になると、自分だと気付けないもんですねぇ(いやはや未熟です)

ということで、もしあなたが今、色んな問題を抱えて悩んでいるのであれば、まずは「自分が影響できるもの」と「自分が影響できないもの」に分けるところから始めてみてください。きっと取り組むべき問題の”優先順位”をつけるのに役立つと思いますよ。

PS
自分を変えたい、この状況を何とかしたい…と思うなら、これも忘れないようにしたいですね。

URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事の執筆者

寿コミュニケーションズ株式会社代表取締役/寿防災工業株式会社取締役。読者1万人超の当メルマガ『THE GO-GIVER』発行人であり、福岡で40年続く社員52名の防災設備会社 二代目。1982年生まれ。福岡県出身。筑紫丘高校→九州大学工学部卒(修士)

新卒でトヨタ自動車に入りマークXやクラウンのモデルチェンジ、バンパー塗装工場の新設を担当。4年目で退職し半年のニートを経て教育ベンチャーのダイレクト出版へ転職。1通のセールスコピーで累計2万人超の新規顧客を獲得したマーケティング経験は宝。マネージャーとなりメンバーから総スカン喰らった経験も宝。事業部が年商7億となった5年目、独立して寿コミュニケーションズを創業。

WEBメディア事業のお客様からの依頼でDMサポート事業を始めたら、紹介だけで受け切れないほど仕事依頼があり、現在は新規クライアント受付停止中。BtoB無形商材に特化したDM戦略&戦術が強い。本業は「人の命と建物を火災から守り地域の街づくりに貢献する」防災設備会社で事業承継を前提に組織改善と採用に奮闘中。