私が険悪なムードを一掃した話

FROM ボブ・バーグ

私は、地元の中規模企業のスーパーバイザーをしているキャロルから、近くのディナーシアターに招待されたことがある。彼女の会社が特別に、全従業員でショーを見ながら豪華な食事を楽しむ機会を設けてくれた。私はそこにゲストとして招待されたわけだ。

ところが当日、招待チケットを持った幹事がまだ来ていなかったので、支配人は、私たちに「バーカウンターでお待ちください」と丁寧に申し出た。チケットを持っていない私たちを、先にテーブルに通して食事を始めさせてはくれなかったのだ。そのため、私を含めた数人は、ソフトドリンクをチビチビ飲んで待った。

嫌な予感がする…

私が最初の嫌な予感を感じたのは、その頃だった。キャロルが、店の対応への不満を口にし始めたのだ。「先に私たちだけ、テーブルについて食べ始められれば、ゆっくりと食事が楽しめるじゃない!」と言い出したのである。中へ入れない理由は、チケットを持った人が来ていないことだけ。支配人だってそれをわかっているはず…というのがキャロルの考えだった。

彼女は「だったら入ったっていいじゃない」と言う。私もキャロルとまったく同意見だったが、ゲストなので、言葉を控えるべきだと考えていた。その時、キャロルが魔のひと言を発した。嫌な予感が確信に変わる言葉を…

「文句を言ってくる」

それを聞いて、私は思った。「やめてくれ。今夜はみんなでのんびり楽しく過ごしたいんだ。」キャロルは支配人を呼び出し、猛抗議を開始した。しかし、向こうは頑なに、同じ答えを繰り返す。「お客様、それはルールに反します。チケットをお持ちの方が、席をご指定なさることになっているのです。」

キャロルが、支配人の知性の無さを指摘する言葉を何度まくしたてても、返答は同じだった。私は断を下した。もうたくさんだ。キャロルがようやくひと息ついた隙を狙い、笑顔で、物腰やわらかに支配人へ尋ねた。

「チケットを持っている幹事の方が席を指定すること以外に、今テーブルへ行ってまずい理由は、何かありますか?」と。支配人の答えはこうだった。「いえ、まったく」。そこで、キャロルが近寄ってきて口を挟んでこないよう、そっと祈りながら(そんな予感がしたのだ)私は続けた。


お気持ち、お察しします。私がもしあなたの立場なら、同じように対応したことでしょう。ではもし仮に、どこへ座るかは我々に一任されているとしたら…というより、ここにいる会社のスーパーバイザーの女性から、あなたに迷惑は一切かけないという確認が取れたら、中に入れてもらうことはできますか?

支配人は笑顔で答えた。「それなら問題ございません」。私は言った。「すばらしい。ゆっくり食事ができれば、それだけショーも楽しめます。ご協力とご理解に感謝いたします」と。店長の反応はどうだったか?「とんでもございません!」と言って自分で私たちを席まで案内すると、その後も、私たちがくつろげるよう、たびたびこちらの様子を気にしてくれた。

キャロルは驚嘆していた。

「いったい何をしたの?秘密を教えて。」と言ってきたので、「秘密なんてないよ。単なる哲学さ。相手を心から気遣って、それを態度や行動で示せば、相手もこちらを気遣いたいと思うものなんだ」と答えた。

あなたがこれまでどうやって人と接し、どうやって言い争いを解決してきたかはわからないが、効果的なコミュニケーションは「学んで身につけられるスキル」なのだ。そして、これは『紹介の連鎖システム』を実践するうえでとても大切なことだ。そして、実践する中で一層磨かれていくものだ。だから、今現在、あなたがコミュニケーションやネットワーク作りが苦手であっても全く問題ない。

酸っぱいレモンを甘いレモネードに

キャロルがレストランの支配人にけんかを売った話には、紹介で売れ続けるための貴重な教訓が含まれている。この話を参考に、あなたもぜひ、レモンをレモネードに変える自分なりの方法、敵を味方にする方法を見つけ出してほしい。

自分には力がある…そう思って暮らすことができれば、人生ははるかに楽しく、やりがいのあるものになる。だとしたら、立ち止まらずに成長を続けなければ、その立場を失うことになるんじゃないかって?そのとおりだ!しかし、続けることの価値は絶対にある。それによってあなたが与えられる価値は、何倍、何十倍にもなるはずだ。

-PR-
あなたの与えられる価値を最大化させるためにコチラも役につはずです…

URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事の執筆者

アメリカでは伝説的な元トップ営業マンであり、対人関係・影響力の行使に関する第一人者。「21世紀のデール・カーネギー」の異名を持つ。

現在は経営コンサルタント・講演家としても人気を博し、元大統領や著名な政治家からも助言を求められる。2014年には米国経営協会(AMA)からビジネス界のリーダー上位30人の1人に選出されている。

主なクライアントはゼネラル・エレクトリック(GE)、リッツ・カールトン、レクサス、アフラック、MDRT、全米不動産協会等。フォーチュン500社に名を連ねる大企業からも絶大な支持を受ける。

著書はこれまで世界21カ国語に翻訳され、累計発行部数は100万部を超えている。累計20万部の『Endless Refferals』や世界的ベストセラーとなった『THE GO GIVER』などは全米の企業で多く研修マニュアルとして使われている。フロリダ在住。