一歩先をゆくGIVEの行動

From 安永周平

安永家では健康のために、定期的に自家製の甘酒を作っていまして。タニカ電器の「ヨーグルティアS」があれば、スーパーで米麹を調達するだけで作れるんですよね。甘酒はダイエット、美肌、便秘解消、血圧を下げるなど様々なメリットがあるようで、自宅で簡単に作れるのでオススメです。この甘酒を作る担当は私なんですが、作るたびに妻からの信頼残高が上がるのでオススメです(あぁ…そういえば先週末に切れてから仕込んでない)

作るのが面倒な方は市販もされています。市販のヤツはやはり美味い…なかなかこの味に近づけないのは葛藤ですが、まぁ自家製でもやさしい甘さで全然美味しいです。ちなみに市販だと、私がよく見かけるのは1リットルで600円くらいでしょうか。コップ1杯にすると100円ほどです。ダイエットを助け、肌の調子がよくなり、便秘が解消し、血圧まで下げてくれる…そんな魔法のような飲み物が1杯たった100円。砂糖ばかりの無果汁のジュースと変わりません。

超健康にいい飲み物が100円…ウソつけ!

人間とは面白いもので、こんなに栄養素とメリットの多い飲み物がたった100円だと本当に効果があるのか疑わしくなるんですよね。これがコップ1杯5,000円とかだと「なんだか効きそうな気がする」と感じるものですが、100円だと「いやいや、そんなに効くならなんでそんな安いの?」と疑ってしまいます。メリットに対して価格が安過ぎるために信用されません。

お客さんに5,000円分以上の価値を感じていただいたうえで5,000円で売れるならその方がいい…これはビジネスをしている人間なら痛いほどわかるでしょう。GO-GIVER として生きるための第1の法則でも「あなたの本当の価値は、どれだけ多く、受け取る以上のものを与えるかによって決まる」のです。価格以上の価値を提供することは GIVE ですからお互いにとってよいことです。

まぁさすがに5,000円では売れないにしても、お客様に提供する(感じてもらう)価値を上げる方法がないか考えたいところですよね。そこで、業界の人達は「価格感度」を上げるために、あるコピーによって甘酒を表現し始めました。あなたも聞いたことがあるかもしれませんが、それは何かというと…

「飲む点滴」

そう「点滴」という位置づけ(ポジショニング)ができるコピーを考えたのです。ここで、点滴の価格はいくらかと考えてみると…皮膚科や美容外科ではなんと数万円で価格設定がされてあります。「飲む点滴」というコピーでお客様にイメージしてもらうことによって、たとえ100円という価格であってもお客様に「効きそう!」という価値を感じていただくことができます。場合によっては、価格を少し高めの200〜500円にしても売れるかもしれませんね。

このように、商品を全く変えなかったとしても、行動次第でお客様に与える価値を上げることはできるものです。あるいは、中身は変えずともパッケージを変えることでお客様に感じていただく価値は変わるでしょう。あるいはこのメルマガでもよく出てくる話ですが、気持ちの良い挨拶だったり、購入後に送られてくるお礼の手紙だったり…お金には代えられない価値を追加で提供することだってできます。大した原価をかけずとも、私たちの行動によって価値を生むことができるのです。

まもなく公式サイトリニューアル

自らの行動によって生まれた価値で、相手の期待を超えること…私はこれが「GO-GIVER」という生き方の本質ではないかと思っています。そんな思いもあって、以前話していたようにこの度『THE GO-GIVER』の公式サイトをリニューアルすることになりました。実は今日の10時に新サイトへの切替を予定しておりますので、よろしければ午後にでも公式サイトを覗いてみてくださいね。

WEBメディアとしての公式サイトでも、同じ内容の記事であってもデザインやレイアウトが変わることで、そこから感じていただく価値も変わるのではないかと思います。もちろん、コンテンツの内容自体もこれからさらにアップデートしていきたいと思っております。個人的には今、組織の問題解決に取り組んでいるのですが…様々な人間心理が渦巻く組織で、単なるお人好しは無力だなと感じています。そう「口だけGIVER」「行動しない(マインドだけの)GIVER」は無力なのです。

自ら行動して価値を生み、価値で相手の期待を超えよ

この言葉、新たな公式サイトのコンセプトとして考えたもの。リクルート創業者である江副浩正さんの「自ら機会を創り出し、機会によって自らを変えよ」に影響されてることはなんとなくわかると思いますが(苦笑) 口だけではない「THE GO-GIVER」という生き方をよく表しているのではないかと思います。再度お知らせですが、午後にはリニューアルされていると思いますのでよろしければ再度アクセスしてみてくださいね。

PS
営業経験のない方がお客様の期待を超えるために、まずはこちらをオススメしています…

URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事の執筆者

寿コミュニケーションズ株式会社代表取締役/寿防災工業株式会社取締役。読者1万人超の当メルマガ『THE GO-GIVER』発行人であり、福岡で40年続く社員52名の防災設備会社 二代目。1982年生まれ。福岡県出身。筑紫丘高校→九州大学工学部卒(修士)

新卒でトヨタ自動車に入りマークXやクラウンのモデルチェンジ、バンパー塗装工場の新設を担当。4年目で退職し半年のニートを経て教育ベンチャーのダイレクト出版へ転職。1通のセールスコピーで累計2万人超の新規顧客を獲得したマーケティング経験は宝。マネージャーとなりメンバーから総スカン喰らった経験も宝。事業部が年商7億となった5年目、独立して寿コミュニケーションズを創業。

WEBメディア事業のお客様からの依頼でDMサポート事業を始めたら、紹介だけで受け切れないほど仕事依頼があり、現在は新規クライアント受付停止中。BtoB無形商材に特化したDM戦略&戦術が強い。本業は「人の命と建物を火災から守り地域の街づくりに貢献する」防災設備会社で事業承継を前提に組織改善と採用に奮闘中。