幸福な人生に導く2つの原則

FROM ボブ・バーグ

「他人には自分が接してほしいように接しなさい」

これは黄金律…いわゆる「ゴールデンルール」と呼ばれる多くの宗教、道徳や哲学で見出される人類普遍の考え方の1つだ。こうした「ゴールデンルール」と呼ばれている原理原則がなぜ人生をより幸福に、成功に満ちたものにするのか。いつも私のブログや音声講座を熱心に勉強してくれているあなたなら既にご存知かもしれない。

そう「あたえる人があたえられる」ということ。言い換えれば、「まわりの人に適切な接し方をすれば、それが自分にも返ってくる」ということは、私たちみなが理解しているはずだ。

与えた分だけ常に返ってくるとは限らない?

ただ、それが常に約束されているわけではない。与えたはずなのに悪い結果になったということも、ときにはあることだろう。人生というのはなんとままならないものだろうか。

だからこそ、「あたえる人があたえられる」というのは、この世界における大きな1つの原則のようなものととらえるべきだ。また、相手とのやり取りの1つ1つに執着してしまったり、そのときの感情に縛られないようにするべきでもある。

そして、自分はこれだけしたのだからこれだけ得られるべきだあるいは得られそうな結果や見返りにばかりに目を向けるのも良くない。そう、自然と”よいおこない”ができるようになること。これが重要だ。「自分はそういう人間であるから、そういうふるまいをする」というように。

与えること=自己犠牲ではない

それからもう1つ。これは何も自分に自己犠牲を強いることではない。また同時に、押し付けがましく、相手にそうしてほしいから相手に親切にすることでもない。あくまで、あなたはそういう人間であるから自然にそのようにふるまう。ただそれだけことなのだ。その結果として、自分のふるまいが自分のところに返ってくることになる。

さて、ここでもう1つ、この「ゴールデンルール」を発展させた「プラチナルール」というものをご紹介しよう。これはトニー・アレッサンドラやジム・キャスカートが提唱しているものでもある。

「プラチナルール」とは?

先程のゴールデンルールとは言うなれば「”自分”がして欲しいことを、”相手”にしてあげなさい」だ。そのうえで、このプラチナルールとは、「”相手”がして欲しいことを、”相手”にしてあげなさい」というものだ。

当然のことだが、だれもが”自分と同じこと”を望んでいるわけではない。目の前の相手が望んでいることと、自分が望んでいることが全く同じだなんて限らない。ジョン・デイビッド・マンや私が『GO-GIVER』シリーズで触れさせていただいるように、どれだけ”相手”の利益を優先するかに他ならない。

繰り返しになるが、私たちはそれぞれ異なるがゆえに、欲しているもの、必要としているものも同じではない。それぞれ異なる価値観にもとづいて行動している。だからこそ、特に対人関係においては忘れてはならない。だからこそ、「自分がどうしてほしいか」ではなく「相手がどうしてほしいか」に意識を向けること。これが重要になる。

与える人が知っておくべきこと…

とはいえ、これらはあくまで個人間のレベルでの話であって、人類共通である「ゴールデンルール」そのものを否定しているわけではない。これは、ゆるぎない大原則と言っていいものだ。

「他人には自分が接してほしいように接しなさい」。この原則は仕事やプライベートといった場面を問わず、人生のあらゆる場面で効果を発揮する。なぜなら、これは人類すべてに当てはまる普遍の法則なのだから。

-PR-
与えることで新規客が増える…こんな方法をご存知ですか?

URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事の執筆者

アメリカでは伝説的な元トップ営業マンであり、対人関係・影響力の行使に関する第一人者。「21世紀のデール・カーネギー」の異名を持つ。

現在は経営コンサルタント・講演家としても人気を博し、元大統領や著名な政治家からも助言を求められる。2014年には米国経営協会(AMA)からビジネス界のリーダー上位30人の1人に選出されている。

主なクライアントはゼネラル・エレクトリック(GE)、リッツ・カールトン、レクサス、アフラック、MDRT、全米不動産協会等。フォーチュン500社に名を連ねる大企業からも絶大な支持を受ける。

著書はこれまで世界21カ国語に翻訳され、累計発行部数は100万部を超えている。累計20万部の『Endless Refferals』や世界的ベストセラーとなった『THE GO GIVER』などは全米の企業で多く研修マニュアルとして使われている。フロリダ在住。