タダで印象を格段に上げる方法

FROM ボブ・バーグ

さっそく結論になるが、どんな時でも誰かと目があったら、その人にほほ笑みかけてみよう。それを実行していけば、あなたは周囲からたいへん魅力的な人だと思われるだろう。

毎朝通うカフェの店員に言われたこと…

毎朝、私は近所のカフェに行くことを日課にしている。カウンターで注文するとき、顔なじみのスタッフが私に対して「いつも微笑みを浮かべていらっしゃいますね」と言ってくれる。たしかに、私はどこに行くときでも笑顔で人と接することを心がけている。

他にも「毎朝、そんなに気分よく過ごしているのはあなただけだ」と言われたことがある。最近も当社の従業員が「今朝のバーグさんはとても上機嫌ですね」と言ってきた。

とは言っても、私はいつも機嫌が良いわけではない。他のすべての人と同様、私もさまざまな問題を抱えているのが実情だ。しかし、私は人前で不機嫌そうな顔をして周囲の人に不快感を与えてはいけないと思っている。

なぜなら、私が落ち込んでいても周囲の人には何の関係もないことだ。ちなみに、「世の中の半数の人はあなたが不機嫌でも意に介しない。残りの半数はあなたが不機嫌なのを喜んでいる」という古い格言がある。

私はそれが真実だとは思いたくないが、人は上機嫌に振る舞っている人と接すると気分をよくなることは間違いない。

では、自分自身を上機嫌にさせるにはどうしたらよいのか?それは…

「微笑むこと」

これが最も簡単な方法である。なぜなら、人は行動と感情が連動しているからだ。したがって、単にほほ笑むだけで自分の感情を変えられる。(きっとあなたもこの内容を読んで、思わずほほ笑みたくなったにちがいない)。

とはいえ、あなたがほほ笑みかけたからといって、どんな恩恵が得られるかはわからない。しかし、一般的に言って、ほほ笑みかけると、周囲の人は気分が良くなるだろう。その結果、周囲の人との関わりの中で、人生をより快適にできることは間違いないだろう。

もちろん、これは仕事の世界にも当てはまる。あなたがほほ笑んでいると、人々は好意を抱く。好意のある人とそうでない人どちらが取引したいだろうか。もちろん、好意のある人と取引をしたくなるものだ。そうやって自分の仕事を発展させていくことができる。

また、社交面でも同じことだ。あなたが微笑んでいると、人々はおのずとひきつけられる。毎回必ずそうだ、とは言えないが、こういう場合は必ずあるものだ。

このようなほほ笑みの力を如実に示す実例を、数年前にフロリダのとある銀行で目の当たりにした。それは…

銀行の窓口の中で一つだけ長い行列…

私が道を聞くために、窓口に寄ったときのこと。窓口の前に3つの行列ができていたのだが、そのうちの一つだけが長くて、他の2つの列は短かった。

私はその様子をみて、なぜ長い行列に並んでいる人たちは、短い行列に移動しないのか不思議に思った。

しかし、長い行列ができている窓口の担当者を見たとたん、その理由がわかった。彼女は、信じられないほど親しみやすいほほ笑みを浮かべていたのだ。それまであんなに愛嬌のある笑顔を見たことはなかったし、それ以降もない。

これは誇張ではなく、彼女のほほ笑みが多くの人を魅了する力をもっていたのだ。私は単に道を聞きたかっただけなのだが、結局私もその長い行列に並ぶことにしたほどだった。

心のこもった笑みを相手に与えよう

どんな人でも自分を上機嫌にさせてくれる人と一緒に過ごすのが大好きだ。

とはいっても、私も始めから周囲の人から褒められる笑顔を持っていたわけではない。だからこそ、それを身につけるための練習をしたのだ。おそらく、ここまで読んだあなたもこうした練習の必要性を感じているのではないだろうか?

相手の心に触れるためには、心から微笑まなければならない。当然だが、作り笑いではあんまり効果がないからだ。というのも、作り笑いは何かを企んでいるような印象を相手に与えてしまう。

だからこそ、ほほ笑みは心のこもったものでなければ、人を動かして成果をあげることは難しいだろう。

絶えず、ほほ笑む練習をしよう。ぜひ、楽しいことを考えて自分をご機嫌に、あるいは幸せな状態にしてみてはどうだろうか?練習すればするほど、あなたのほほ笑みは、自然で誠実で魅了的な印象を与えることができるだろう。

-PR-
残念なビジネスパーソンのこんな共通点をご存知ですか?↓

URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事の執筆者

アメリカでは伝説的な元トップ営業マンであり、対人関係・影響力の行使に関する第一人者。「21世紀のデール・カーネギー」の異名を持つ。

現在は経営コンサルタント・講演家としても人気を博し、元大統領や著名な政治家からも助言を求められる。2014年には米国経営協会(AMA)からビジネス界のリーダー上位30人の1人に選出されている。

主なクライアントはゼネラル・エレクトリック(GE)、リッツ・カールトン、レクサス、アフラック、MDRT、全米不動産協会等。フォーチュン500社に名を連ねる大企業からも絶大な支持を受ける。

著書はこれまで世界21カ国語に翻訳され、累計発行部数は100万部を超えている。累計20万部の『Endless Refferals』や世界的ベストセラーとなった『THE GO GIVER』などは全米の企業で多く研修マニュアルとして使われている。フロリダ在住。