豊かになる人、なれない人

FROM ボブ・バーグ

拙著『THE GO-GIVER』の中には、5つ目…つまり最後の法則として『受容の法則』を紹介させていただいた。この『受容の法則』とは、効果的に与える秘訣は、心を開いて受け取ることにあるというものだ。そう、与える人…GIVERになるための重要な鍵は、心を開いて受け取ることにある。

書籍の物語の中では、ピンダーという名のメンターが、主人公であるジョーに対して「息を吐いた後、さらに30秒間、息を吐き続けてみてください」と言う。ジョーはそれに従うが、すぐに息がもたなくなってしまう。

するとピンダーは、ジョーにこう言った。「どうしました?なぜできないのです?」と。ジョーはそれに対し…

「息を吸わなきゃ、息を吐き続けることなんてできません」

と答えた。そう、息を吐くには、息を吸わなければいけない。ご存知のように、二酸化炭素を吐くには、酸素を吸わなければならないだろう。ここで言う、息を吐くとは与えること。息を吸うとは受け取ることになる。つまり、「与えること」と「受け取ること」は、コインの表と裏のように表裏一体なのだ。

このように、与えることばかりを考えることは、受け取ることを考えるのと同じで上手くいかない。なぜなら、片方を抑えようとすれば、あなたが与えようとするものも、与えられるものも、結果として少なくなってしまうからだ。

だとすると、私たちはどちらに何にフォーカスすればいいのだろうか?

私たちは何にフォーカスすべき?

やはり、まずは与えることに集中することになる。そう、あなたが出会う人の人生に価値を与えることに集中すること。ここでのポイントはあくまで集中するという点になる。

そして、もう1つポイントになるのが、自分が「受け取る側」になることを恐れずに許可を出してあげることだ。価値を与えることは、たしかに素晴らしい。しかし、それが一方通行で相手がお返しにと…与えてくれたその価値を拒むとすれば、それは本来あるべき状態ではないはずだ。

また、ここで注意して欲しいのは「与えることで受け取ることが当然になる」のではないことだ。あくまで、受け取る権利がもたらされただけであり、この権利を得たというのは「自分は何かを受け取っても良い」と許可を自分に出しても大丈夫になったということでもある。

豊かになれない人の共通点

ちなみ、もしもあなたが、「自分には受け取る資格がない」と感じるなら、それはなぜかと自問することも大切だ。大抵の場合、その原因は無意識のうちに刷り込まれた「裕福になること」に対する罪悪感や「自分にはそれに値する価値がない」と勝手に思い込んでしまっている自己肯定感の低さにある。

そして、このうちどちらが原因になっているかを自分で理解できれば、その原因に対して前向きかつ現実的に対応することができるようになるはずだ。繰り返しになるが、「豊かさ」とは、他人に価値を与えることで生じる。それは、他者の問題をを解決する手助けをしたり 相手のニーズに応えたりすることで得られるものだ。

これは実は素晴らしいことではないだろうか?もしもあなたがたくさんの収入が欲しいと思うなら、第1〜4の法則を取り入れた後に 最後の5つ目の法則を取り入れ、実際に豊かさを受け取ろう。得るか与えるかではない。奪うか奪われるかでもない。そう ”与えて、受け取る”なのだから。

-PR-
人に喜ばれながら仕事を増やす…こんな方法をご存知ですか?↓

URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事の執筆者

アメリカでは伝説的な元トップ営業マンであり、対人関係・影響力の行使に関する第一人者。「21世紀のデール・カーネギー」の異名を持つ。

現在は経営コンサルタント・講演家としても人気を博し、元大統領や著名な政治家からも助言を求められる。2014年には米国経営協会(AMA)からビジネス界のリーダー上位30人の1人に選出されている。

主なクライアントはゼネラル・エレクトリック(GE)、リッツ・カールトン、レクサス、アフラック、MDRT、全米不動産協会等。フォーチュン500社に名を連ねる大企業からも絶大な支持を受ける。

著書はこれまで世界21カ国語に翻訳され、累計発行部数は100万部を超えている。累計20万部の『Endless Refferals』や世界的ベストセラーとなった『THE GO GIVER』などは全米の企業で多く研修マニュアルとして使われている。フロリダ在住。