リーダーとして失敗した私の話

FROM ボブ・バーグ

これは、私がセールスパーソンとして働いていた頃のことだ。当時、一緒に仕事をするメンバーが変わってしまうことがよくあり、そのたびに新しいリーダーを決める必要があった。

私がリーダーに立候補するも…

当時の私は自分には実績があると感じていたから、リーダーのポジションに志願した。けれど周りの反応はいまいちだった。どうやら彼らは私のリーダーとしての適性に疑問を抱いたようだった。

というのも、過去にセールスパーソンとしては成績良好だった人物をマネージャーに昇格させたものの、周囲が期待するほどのパフォーマンスを発揮してもらえなかったことがあったからだった。

ひとまず、私はチームのリーダーになることができたのだが、後々、彼らの予想は間違っていなかったことが明らかになる。なぜなら、序盤からいきなり私のリーダー性がゼロだったことがあらわになってしまった。

このとき私は次のことに気づいた。それは…

実績があってもリーダーに適任とは限らない

リーダーシップというのはセールスの業績とはまた別の話だということだ。

優れたパフォーマンスを発揮する人物が優れたリーダーにもなれるとは限らないという話は、もしかすると矛盾しているように感じられるかもしれない。しかし、考えれば考えるほど、それは矛盾でもなんでもないことがわかってくる。

例えば、あるスキルを十分身につけ、成果を上げている人物がいたとして、その優れたスキルをほかの人にうまく教えることができるとは限らない。

もしも生まれ持った才能としてそのスキルがはじめから備わっている人にとって、他者が意識的に努力し、そのスキルを身につけようとするとき、そのことに共感することは難しいだろう。

だからこそ、才能のある選手やアスリートが監督やコーチとして大成しにくい、なんてことが言われる。もちろん100%そうだとは言い切れないが、それでもやはり多くのケースではそうであると言って差し支えないだろう。

リーダーシップは磨くことができる

ちなみに、私がすぐれたリーダーになることができなかった理由は、これではなかった。そもそも私は才能のあるセールスパーソンでもないからだ。

実は私がリーダーとしてすぐれていなかった本当の理由は、ずばりマネジメントの知識がなかったからであった。

多くの場合、優れたパフォーマンスを発揮できる個人がリーダーやマネージャーの立場になるとき、その立場にふさわしいふるまいに必要なことを身につける機会というのはなかなか与えられないものだ。

ただ、これらは学ぶことで後天的に身につけることができる。だとすれば、こうした知識を意識的に学ぶことが必要になる。ぜひ、あなたには私のような失敗を避けて欲しい。

-PR-
自己啓発を学ぶ意欲の高い人ほど、こんな間違いには注意です…↓

この記事の執筆者

アメリカでは伝説的な元トップ営業マンであり、対人関係・影響力の行使に関する第一人者。「21世紀のデール・カーネギー」の異名を持つ。

現在は経営コンサルタント・講演家としても人気を博し、元大統領や著名な政治家からも助言を求められる。2014年には米国経営協会(AMA)からビジネス界のリーダー上位30人の1人に選出されている。

主なクライアントはゼネラル・エレクトリック(GE)、リッツ・カールトン、レクサス、アフラック、MDRT、全米不動産協会等。フォーチュン500社に名を連ねる大企業からも絶大な支持を受ける。

著書はこれまで世界21カ国語に翻訳され、累計発行部数は100万部を超えている。累計20万部の『Endless Refferals』や世界的ベストセラーとなった『THE GO GIVER』などは全米の企業で多く研修マニュアルとして使われている。フロリダ在住。