不自由さが自由を生み出すワケ

FROM ボブ・バーグ

オーウェリアンやオーウェル的という言葉はご存じだろうか。これらの言葉が指すのは、ジョージ・オーウェルが書いた『1984年』という小説の中で描かれた情報統制的な世界観だ。

この作品のモチーフに絡んでオーウェリアンという言葉は、”真実とは全く逆のことを広めて偽の情報を植え付ける”といったような意味だ。あるいは、真逆のことを信じさせる、という意味も持つ。はたまた、抑圧的な政府を指すこともある。

実際にこの作品の中では「戦争とは平和である」「自由とは隷従である」「無知とは力である」なんて表現によって、人々に戦争、無知をいいものだと信じこませ、自由を素晴らしいものと感じさせないようにしている。

「規律が自由をもたらす」は正しい?

ただ、このようにオーウェル的に聞こえるものの、よく考えるとそうではないフレーズも存在する。そうしたフレーズの一つが『規律こそが自由をもたらす』というものになる。

直感的には「何かを律するわけだから、自由じゃなくむしろ不自由になるんじゃないか」と思う方もいるだろう。やりたいことを自由にやる状態と何かに縛られてやりたくないこともやらねばならない状態。これらを踏まれば「規律こそが自由をもたらす」なんて言うのは間違っているように聞こえる。

確かにそういった考え方もあるだろう。でもこの考え方が通じるのは実は一時的にだけで、後々には真逆になってしまうものだ。

規律が自由をもたらすことの一例…

たとえば、あなたが何かしらのイベントでだれかに出会ったとき、その人にどんな質問をするだろうか?初対面の人にどんな質問をするべきかということは、状況やタイミングによって異なるものだ。それに、相手のことを全く知らない状況では、限られた時間でどういった質問をするのが一番正しいのかを判断することはとても難しい。

それに、自分がするべき質問をただ暗記しておくだけではいけない。その質問をしっかり自分のものにして、自然に聴けるようにしておく必要がある。「次の質問は何だったか…」「これで合っているだろうか…」と考えながら、質問をすることに精一杯になってしまうと、相手の答えをきちんと聴く余裕がなくなってしまう。

最初に不自由さを感じさせるものが結果として自由にもたらす

だからこそ、そうならないように事前に準備をしておくこと。そうすれば「次はどう質問しようか…」と考える必要はなくなるし、それによって相手に注目して会話ができるようにもなる。つまり、自分をしっかりと律することで、むしろ”自由に”ふるまう余裕が生まれる。

ほかにもたとえば、プレゼンをおこなう場面を考えてみよう。事前の準備をすればするほど、実際のプレゼンではアドリブを交え、気楽に話をすることができるようになるだろう。それは基礎や土台をしっかり作っているからこそ、自由にふるまう余裕が生まれる。まさにこういう理屈だ。

だからこそ、素晴らしい基礎や習慣を身につけることになる。それはあなたに窮屈さや不自由さを感じさせるかもしれない。しかし、結果としてあなたはより自在にふるまえ、自由になることができるようになる。まさに「規律こそが自由をもたらす」のだ。これは決して、オーウェル的ではなく真実である。

-PR-
紹介を起こすために事前に知っておくべき行動順序とは?↓

URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事の執筆者

アメリカでは伝説的な元トップ営業マンであり、対人関係・影響力の行使に関する第一人者。「21世紀のデール・カーネギー」の異名を持つ。

現在は経営コンサルタント・講演家としても人気を博し、元大統領や著名な政治家からも助言を求められる。2014年には米国経営協会(AMA)からビジネス界のリーダー上位30人の1人に選出されている。

主なクライアントはゼネラル・エレクトリック(GE)、リッツ・カールトン、レクサス、アフラック、MDRT、全米不動産協会等。フォーチュン500社に名を連ねる大企業からも絶大な支持を受ける。

著書はこれまで世界21カ国語に翻訳され、累計発行部数は100万部を超えている。累計20万部の『Endless Refferals』や世界的ベストセラーとなった『THE GO GIVER』などは全米の企業で多く研修マニュアルとして使われている。フロリダ在住。