お金に苦労する人の考え方



FROM ボブ・バーグ


現代の自由主義に基づく社会においては、貧困層から富裕層に上がることは可能だと言われている。とはいえ、仮に貧困層から中間層に上がるだけでも、かなりの功績だろう。私のまわりにもそのような功績を成しとげた人たちがいるが、彼らの話を聞くのは実に興味深いものだ。

環境や周囲の人によって形成される価値観


ところで、こういった話で特徴的なのは、子どものころの環境のせいで「貧しさのマインドセット」とも呼ぶべき考え方に支配される点である。「世界はそういうもの」「世界はそうあるべきもの」というように物事を固定的にとらえてしまう。


ご存知のとおり、何かに対する考え方や信念には、幼い頃の刷り込みが強くはたらいている。私たちが実際の世界のあり方をとらえようとするよりもずっと前から、環境やまわりの人たちに影響され、深く根付いてしまうものなのだ。


そのような固定化された物の見方を当たり前だと思ったまま大人になると、世界を間違って捉えていたとしてもそれに気づくことは難しい。こういうことは往々にしてあるものだ。

間違った考え方から抜け出すには?


こうした誤った考え方から抜け出すためには、新しいことを進んで受け入れ、常に学び続けていく学習者としてのマインドセットを身につけなければならない。そして、そのための方法はちゃんと存在する。その方法を持続的に実践していくことで、やがて望ましい結果につなげることができるようになっていく。


また、貧しい暮らしから裕福な暮らしに成り上がった人たちには、その暮らしを維持できない人もいる一方、そのまま裕福な暮らしを続けることができる人もいる。中には、自身に成功をもたらしてくれた考え方や価値観を分かち合おうとする人もいるのだ。


また、こうした経済的な成功を収め続ける人には、ある共通点がある。それは、彼らにはその成功のための土台となるマインドセットがあり、その土台の上に現実を1つ1つ着実に築き上げている


…いかがだろう。あなたはどうだろうか?


-PR-
現在、春の営業強化週間につきに特別ビデオを公開中です…↓
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事の執筆者