自戒と決意〜1:29:300の法則〜

FROM 河合克仁

おはようございます!いよいよ今日はスタンフォード校長の星先生(先日掲載された対談記事はこちら )と書籍1100万部プロデューサーの長倉さんとの対談@大阪・梅田の蔦屋書店が楽しみな河合克仁です! 営業と教育がこのような形でつながることが本当に嬉しく、有り難く…。満員の会場の皆さんに良き時間にできるように、楽しんで、精一杯伝えて参ります!

【ハインリッヒの法則】をご存じですか?

さて本題に。あなたは、【ハインリッヒの法則】をご存じですか?

この法則は、労働災害の分野でよく知られている、事故の発生についての経験則です。1件の重大事故の背後には、重大事故に至らなかった29件の軽微な事故が隠れており、さらにその背後には事故寸前だった300件の異常、いわゆるヒヤリハット(ヒヤリとしたりハッとしたりする危険な状態)が隠れているというものです。

自戒を込めてですが、直近で至らぬことがありました。

もちろん、読了後の読者さんからの感謝のメッセージや、書籍を通して産まれる再会や新たなご縁。イベント等にもたくさんお声がけ頂いています。本当に有難い。しかし、こんな時だからこそ、一つひとつのことを大切にすべきことが溢れてしまっていたことが原因です。

何もしなければ、何も起こらない。精一杯チャレンジする。

確実にやり切れる内容や期日を約束すること

しかし、ふと一息つける余白を設けること、意欲ではなく確実にやり切れる内容や期日を約束すること。一度決めたことをやり切ること。

改善の決意を込めてメルマガにも書かせて頂きました。そして、忙しい時だからこそメディテーション(瞑想)で心を整える大切さを、痛感しています。

声を掛けて頂けることが多い時にこそ、疎かになっていることはないか?と振り返る。本当に大切ですよね。

今、好調な時だからこそ、大切にすべきこと

今、好調な時だからこそ、ふと一息つける余白を設ける。
今、不調な時だからこそ、まず一歩目を小さくても早く踏み出し、歩みを止めない。

どちらの状況もあり得ますし、意識しなければなりません。

改めて原点回帰で精進します。改めてもよろしくお願いします!

追伸:
やっぱり”心の授業”って本当に大切なんだぁ、と久しぶりに自著『心の授業』を読み返しています。そして、この本の内容を中心に2時間半にまとめたオンライン講座プラットフォーム”Udemy”で12 STEPのコンテンツを公開しました。

絶好調な方も、不調な方も。売れている方も、これからが勝負だという人も。きっとお力になれるかと思いますので、ぜひリンク先覗いてみてくださいね。(モニター価格は2,440円!!約1万円以上引きです。 通常、14,400円))。発行チケット枚数完売次第、プロモーションコード利用が無くなる可能性があることだけご承知おき下さい。

-PR-
SNSのブランディングでこんな間違いをしていませんか…?↓

この記事の執筆者

1982年生まれ。愛知県豊橋市出身。時習館高等学校から筑波大学体育専門学群へ進学。陸上競技からアイススケート部(スピードスケート)へ転身し、キャプテンを務め、国体へ出場。全国国公立大学対抗戦では総合優勝を果たす。

卒業後、人材教育コンサルティング会社へ就職。第二創業期だった社内で頭角を現し、5件の新規契約を50週連続という、現在でも破られない実績を打ち立てる(歴代営業記録を6倍更新)。2014年に独立し、2015年に株式会社アクティビスタを設立。

”みらいをつくるきょういく”をテーマに、人材採用と育成支援というテーマで、子供から経営者まで幅広い層を対象にした事業を展開。現在、筑波大学にて、キャリアデザイン担当の非常勤講師、内閣府、地方創生推進事務局拝命の地域活性化伝道師も務める。