紹介される営業は応援する営業から!

FROM 河合克仁

おはようございます!河合克仁です。まずは、お知らせ、いや、お力を貸してください!(笑)。実は、『ビジネス書グランプリ2023〜ビジネス実務部門〜』に拙著『ゼロストレス営業』がノミネートされました!

【投票はこちらから

無料で2分で終えられるので、お時間頂けないでしょうか?お陰様で、これで3冊連続ノミネートされました。”お客さまに喜ばれ、セールスパーソンも喜べる営業”が少しでも広がったら。営業って大変なこともあるけど、やり甲斐がある素敵な仕事だよね、というような会話が広がったら。そう願っています。よろしければ、お願いします!

では、本題に入っていきましょう!

”紹介出しを効率的にするにはどうしたらいいでしょうか”

このような質問をよく受けます。あなたなら、なんと答えますか?僕は、必ずこう答えます。


”あなたはこの1ヶ月、誰にどんな紹介をしましたか?”

と。されたいことはそれ以上に自分がすることからしか始まらないと思うんです。また、若手であったり、営業のキャリアが短くても、”応援される紹介”でしたら、年齢やキャリアに関係なく紹介の輪は広がっていきます。

繰り返しになりますが、応援されたいのなら、まずは自分が応援する人になること。そうすることで、あなたなりの応援したい人、応援したくない人の基準が明確になるでしょう。応援する側だからこそ分かる、応援のしがいがある人ってどんな人なのか?

その時に初めて、現状を報告されたり、相談をこまめにされることの重要性を実感できるからです。まずは、自分から応援する人間になることが大切です。

応援することで応援される人がわかる

なぜなら、人は応援してはじめて応援しがいがある人とそうでない人の存在に気付けるからです。例えば、この1年で特にお世話になっている方は、どんな些細なことでも、僕からのご縁がきっかけで繋がった方とのことを連絡下さいますし、ちょっとした相談にも、本気で応えて下さいます。

応援される人は応援した人でもあります。世の中は因果応報なんだな〜と、本当に実感することが多い今日この頃です。もちろん、良いことも反省も含めて、です。与えた分だけ自分に返ってきます。まさに、ボブバーグさんが教えてくださる、”Go-giver-way”なのではないでしょうか。

応援されるには応援体質になろう

僕がここで一番伝えたいことは、”応援体質”になることです。まずは、何でもいいから応援してみる。とにかく応援してみる。それによって、応援体質が身に付いていきます。そして、その反応を観察する。

また応援したいと思えるのか、返礼品だけ受け取ったらそれでいいや、となるのか。その違いを通して、あなたの応援する力を磨いていきましょう。そうすれば、自然と応援される力も高まっていくはずです。

応援体質を身につけるために年末だからこそ、”ふるさと納税しよう!”と思っていることもあるのではないでしょうか!?せっかくなら、返礼品だけではなくて、応援したい自治体ってないかな?地元の自治体のWEBページを見てみよう!なんて視点も入れてみてください。あっ、よろしければビジネス書グランプリの投票も検討いただけると嬉しいです笑!

2022年も本当にありがとうございました!あなたがこのメルマガに登録してくださっていなければ、僕のメッセージを届けることができませんでした。でも、メルマガはどうしてもワンウェイですので、よりこんな内容を聞きたい!質問したい!私の応援もしてほしい!〇〇を紹介して!などのご要望も、ぜひいただきたいです^^

追伸
ここ4年の内3回は、年末年始にビジネス書グランプリの真っ只中で過ごしております。声を掛けやすい方は、この1年良い関係を作れている方。ちょっと躊躇ってしまう方は、コミュニケーションが希薄になっている方。毎年、関係性の通信簿を受け取っているような、そんな感じです。とは言っても、言ってみなければわからない!ということでもありますので、よろしければ2022年最後のお願い!ということで、投票、よろしくお願い致します!

※2023〜ビジネス実務部門〜』に拙著『ゼロストレス営業』がノミネートされました!投票はこちらから

-PR-
2023年、応援される出会いを増やしていくには?

この記事の執筆者

1982年生まれ。愛知県豊橋市出身。時習館高等学校から筑波大学体育専門学群へ進学。陸上競技からアイススケート部(スピードスケート)へ転身し、キャプテンを務め、国体へ出場。全国国公立大学対抗戦では総合優勝を果たす。

卒業後、人材教育コンサルティング会社へ就職。第二創業期だった社内で頭角を現し、5件の新規契約を50週連続という、現在でも破られない実績を打ち立てる(歴代営業記録を6倍更新)。2014年に独立し、2015年に株式会社アクティビスタを設立。

”みらいをつくるきょういく”をテーマに、人材採用と育成支援というテーマで、子供から経営者まで幅広い層を対象にした事業を展開。現在、筑波大学にて、キャリアデザイン担当の非常勤講師、内閣府、地方創生推進事務局拝命の地域活性化伝道師も務める。